温活で冷えを改善して不調を解消【働く女性の保健室】

温活で冷えを改善して不調を解消【働く女性の保健室】

毎日がんばる働く女性にプチ不調や悩みはつきもの。特に体が冷えると疲労感や不眠、肩こり、生理痛の悪化、美容面では目の下のくまやむくみが起こる場合も。温活とは、低くなってしまっている体温を、適正な温度まで上げる活動のこと。市販の温活グッズやお風呂、ストレッチや食べ物で体の内側から温めるなど、さまざまな温活について紹介します

更新日:2021/05/11

1000人以上の働く女性にアンケート。みんなの温活の実態は?

読者のリアルな冷えに関するお悩みや温活習慣を大調査。
(2018年6月19日~7月3日、10月9日~10月22日、オズモール調べ)

秋・冬のカラダに関する悩みを教えて

「冷え」に悩む人は全体の7割以上も

「冷え」に悩む人は全体の7割以上も

寒くなってくる秋・冬の悩みに「冷える、冷え性」をあげた人が7割以上も。特に足や手に冷えを感じることが多いそう。

「温活」ってやってる?

約8割の人が温活に興味津々

実際に温活をしている人は約26%とやや少なめ。ただ、してないけれど興味があると答えた人は約54.7%と、計8割の人が温活に興味を持っているという結果に。

実際にどのような温活をしている?

飲み物や食べ物を気遣う人が約5割も

アンケートでは、飲み物に気遣っている人が約3割、食べ物が約2割という結果に。飲み物では「白湯を飲む」「氷は捨てるなど冷たいものを飲まない」、食べ物では「生姜を食べる」という意見が多く見られた。

温活とは?

そもそも「温活」ってなぜ体にいいの?

オズモール読者へのアンケートでは、温活を実際に行っているorやってみたいと興味を持っている人が、約8割もいる結果に。でもそもそも「温活」のなにが体にいいのか、実は知らないという人も多いのでは? 医師の飛田さんに、話題の「温活」について、詳しく伺いました。

監修:医師 飛田砂織さん

読者のコメント

・外に出ることが多い仕事柄、温かい物ばかり飲んではいられないので、夜だけは温かいお茶と朝は白湯を飲んでいます。そうめんなど冷たい食べ物にも生姜を下ろしたものを入れたりしてチョコチョコ温活っぽいことしてます。(mamonekoさん)
・夏でも必ず靴下を履いて寝てます。あとは夏だと逆に冷房が効いて寒いことがあるから、いつもスカーフを膝掛けがわりに持ち歩いてる。(けんらんさん)
・白湯を飲むっていいみたいですね。ついついお茶にしちゃうんですが、飲もうって思いました。(さくっこさん)
・夏は冷房で体が冷えやすいから、内から温めるの大事ですね(はなさん)

さまざまな不調の原因は「冷え」かも。深刻になる前に「温活」でケア

冬は、手足が冷たくてなかなか眠れなかったり、肩こりが悪化したり、さまざまなプチ不調を感じる人は多いはず。そんなさまざまな不調は、実は「冷え」が原因であることも。そこで早めに体を温める「温活」を始めて、真冬の寒さに負けない体を作っておこう。

監修:医師・日本東洋医学漢方専門医 福田千晶さん

読者のコメント

・ここ数年、温活してます。夏でも飲み物は常温にしてますし、生姜など体を温める食材をたとるようにしてます。(ゆちさん)
・寒くなってきたから、より足元の冷えが気になります・・・血が巡らない感じでなかなか暖かくならないんですよね。そんな時は温めるのはもちろんですが、筋トレして筋肉を増やそうと努力中! (tassoさん)
・冬の夕食は鍋が多いので温活になっている気がしますが、朝食のポタージュは取っていなかったので、やってみたいと思います。パンと合いますしね!(kittyさん)
・生野菜は毎日、ほぼ毎食食べていました。体にいいと思っていましたが、冷やしていたんですね・・冬は温野菜にします。(なっっつさん)

脂肪が“冷湿布”になり体を冷やす!?女性が冷えを感じやすい理由とは?

冷えに悩む人にとってはつらい冬。女性のほうが男性よりも冷えを感じやすいとよく言われるけれど、それはなぜ? 女性が冷えを感じやすい理由から根本的な解決方法、気を付けるべき生活習慣や食事についてチェックしよう。

監修:公認スポーツ栄養士 鈴木志保子さん

読者のコメント

・肥満なひとって冬でも半袖なイメージでしたが筋肉と脂肪の関係だったのですね。冷えにはただ痩せるより筋肉量を増やすことが大事なのかー(ジャスミンさん)
・朝食に温かいスープいいですね。トマトジュースとコンソメの素使ったスープにベーコンやしめじ入れるとお手軽に出来ます(キコーさん)
・太ももとか脂肪の多いところはいつでも冷たくなっているので、なんとかしたいです。(ひかゆんさん)
・脂肪は温まるといいけど、冷えると温まりにくくなるっていいますもんね。(トモさん)

寝る前のスマホが“腸の冷え”の原因に?簡単な生活習慣で冷え対策

手先や足先が冷たくなると、「冷えているな」と感じるもの。でも実は、たとえ末端が冷えていなくても、知らないうちに腸が冷えている人が多いのだとか。腸の冷えの原因と対策法、夜や睡眠時の過ごし方や、腸を温める温活レシピをご紹介。

監修:管理栄養士・中医薬膳師 刀根由香さん

読者のコメント

・とても冷える体質なので気をつけます。私はネックウォーマーを鼻のあたりまでやんわりと上げて寝ています。これだけでも喉の調子が良くなります。(ホヌさん)
・腸の血行不足とスマホの光、全く関係ないようで関係あるんですね。寝る前にスマホよく見てるから気を付けないと。来年から寝る前に見ない!(たーたまさん)
・腸の冷えが身体の冷えにつながるというのは初めて知りました。スイーツや寝る前のスマホも原因なんて。気をつけます。(ユミリーナさん)
・寝る前に必ず1時間くらいスマホみてるし、スイーツも結構食べてます。反省です。(ももさん)

ロフトのボディ&ビューティ担当がセレクト!冷えをお手軽ケアできる温活グッズ5選

寒さも本格的になってくると、冷えからくる不調に悩む人は多いはず。生活習慣を見直すのはもちろんのこと、手軽にケアできるアイテムも頼ってみては? さまざまな便利グッズが揃う生活雑貨の専門店ロフトのボディ&ビューティ売り場担当・坪田さんに、おすすめの温活グッズを伺いました。

読者のコメント

・温活大事ですよね。腹巻は一年中していますが、もう手放せません。最近はレッグウォーマーも取り入れて生活してます。(appleeyesさん)
・首を暖めると全身がポカポカしてくるので、この冬はネックウォーマーが欲しいです!(あゆぼんさん)
・温活、私も数年まえから実践してます。靴下、腹巻き、カイロ、湯たんぽもスタンバイ&活躍中です。(ゆちさん)
・バスソルトはリラックス効果もありそうだし体が温まるし、この冬物欠かせないグッズになりそうです。(ハチさん)

温活に効果的な食事

冷え体質の改善には“お米”が大切!?毎日続けられる冷え対策レシピ&ツボ押し

体を内側から温める食材といえば、ネギやショウガなどが思いつくけれど、最も重要なのは主食をしっかりとることなのだそう。冷えにくい体質への改善をめざす、毎日の食事に手軽に取り入れられやすい簡単レシピ、ツボ押しをご紹介。

監修:薬剤師 上之原静佳さん

読者のコメント

・お米が冷え予防になるなんて知らなかった!糖質は体を冷やすイメージがあったけれど、ちゃんと知ること大事ですね。(ひろさん)
・お米が冷え対策に有効なのは知りませんでしたー。ご飯を食べて温めようと思います!(あずさん)
・最近、日中も手足が冷えて困ってます。陽池のツボ!簡単にどこでも、出来るので!良いですね。(オーさん)

意外な“体を温める食材”って?薬膳の「熱性」「温性」食材で手軽に温活

薬膳では、あらゆる食材を“体を温めるか冷やすか”という観点で5段階に分類していて、体をよく温める食材は「熱性」、ほどよく温める食材は「温性」と呼ばれている。そんな熱性や温性の食材の種類や、胃腸を温める煮物レシピ、腸活にもなるドリンクのレシピをチェックしよう。

監修:漢方カウンセラー 成田かおるさん

読者のコメント

・温活って生姜くらいしかイメージなかったけど、こんなに温まる食材ってあるんですね!(ハチさん)
・食材で温める効果が望めたりするのはいいですよね!健康的な生活をしたいです(やーやさん)
・シナモンは体をあたためるとよく、聞きますが、お酢もなんですね。これは意外でした。勉強になります!(ミラノさん)

「漢方」の知恵を温活に!自然の生薬パワーで、冷え切った体を効果的に温めよう

長い歴史のある漢方の知恵を借りた「温活」は、昔から日本人の身近にあった植物など、自然の素材を活用するため体にも優しそう。今回は、医師で日本東洋医学漢方専門医でもある福田さんに伺いながら、漢方を上手に取り入れて効果的に温めるヒントをご紹介。

監修:医学博士・日本東洋医学会専門医 福田千晶さん

読者のコメント

・薬膳鍋は温まるし、美味しく漢方を取り入れられるからたまに作ります。黒豆茶にシナモンを入れても美味しいし、体がポカポカします。(ataさん)
・漢方で独特の味と香りと思っていたけど、組み合わせ次第で意外と美味しくいただけるものですよね!漢方鍋も温まるのでオススメです!(ち。さん)
・冷え症です。血行が悪くなると足先がつったりするので、参考にして実践してみます!(ゆ~みんさん)

温活にぴったり!入浴法

シャワーだけの入浴は健康効果なし!?専門医が教える正しい入浴法とは

お風呂の健康効果が医学的にも解明されつつあり、日本人が健康で長寿なのはお風呂好きなことも一因だと考えられているのだとか。そこで、温泉療法専門医の早坂信哉さんに、医学的に健康効果が認められているお風呂の入り方について教えてもらおう。

監修:温泉療法専門医 早坂信哉さん

読者のコメント

・最近面倒くさくてシャワーで済ませてしまっています。この記事読んで、湯船に浸かろうと思いました。(にゃおすさん)
・夏はシャワー派ですが、寒くなると湯舟が恋しくなりお風呂に変更します。身体が温まると寝付きが良くなります。(アメリアさん)
・私も夜の時間が惜しくて、冬でもシャワーで済ませることが多いです。でもたまに湯船に浸かると幸せを感じますね。冷え性なので、なるべく湯船に浸かろうと思います。(momoさん)

長風呂は肌を乾燥させる!?医学的に実証されたスキンケア入浴法

「お風呂に入ったらきれいになれる」そんな思いでバスタイムを過ごしている女性は多いのでは。でも、きれいになると信じているバスタイムの習慣が、実は肌によくない・・・ということもあるみたい。意外に知られていない医学的に肌にいいお風呂の入り方を、温泉療法専門医の早坂信哉さんにアドバイスしてもらおう。

監修:温泉療法専門医 早坂信哉さん

読者のコメント

・とっても参考になりました。ぬるめで保湿は手早く!を心がけたいと思います。すでにいろんなところがカッサカサなので(pandaさん)
・いつも熱いお湯に入っていますが、乾燥が促進されてしまうならもう少しぬるめにしようと思いました。(ひろみさん)
・長湯は乾燥しちゃうんですね!何となく良いイメージだったのでびっくりです。気をつけよう。(anegoさん)

暑くても体は冷えている!夏の温活

夏の冷えの原因・対策とは?夏の冷えは冬の不調につながるかも

夏の冷えの原因は、クーラーを長時間利用することによる冷えと、冷たい飲食物のとりすぎ。こうした夏の冷えは、冬の体調にも大きな影響をもたらしてしまうので、冬の冷えがつらい人は夏にしっかり温めることが大切。クーラー冷えの対処法や熱をとる食材の取り入れ方など、暑さと冷えに向き合う方法をチェックしよう。

監修:漢方カウンセラー 成田かおるさん

読者のコメント

・夏も湯船に浸かると、体が冷えていたんだなあと思う時があります。冷たいものはなるべくゆっくり飲むようにしています。(ataさん)
・夏でもなるべく常温の飲み物を飲むようにしてます。冬に影響してくるなら、もっと気をつけて過ごしたいと思いました(あいぽんさん)
・この何年か夏でも温かい飲み物を飲むようにしていたら、確かに冷え症が緩和されたのを実感しています。(まゆたんさん)

身近な食材やお風呂の入り方の工夫を紹介!今すぐ試せる夏の温活情報

毎日クーラーのきいた部屋で仕事し、暑いからシャワーですませ、ジムやヨガに行って汗を流すのもおっくうに・・・そんな夏こそ、実は体が冷え切っているみたい。食事やバスタイム、ストレッチなど、夏の温活法を教えてもらった。

監修:医師 飛田砂織さん

読者のコメント

・正直、シャワーになりがちでした。ですが、夏の冷房から守るために温活必要ですね!早速湯船につかるようにします。(runleoさん)
・夏はシャワーで済ませがちですけど、たまに湯船にゆっくり浸かると疲れのとれ具合が全然違いますよね。やっぱり温めないとだめですね。(しいさん)
・こんなに毎日暑いのに、クーラーの中で過ごしていたら大腿や腰周りがキンキンに冷えていてびっくり!温活大事ですね。(なっっつさん)

体を温めて夏バテ対策!?夏こそ実践したい手軽な温活の方法とは

なにかと自律神経のバランスが崩れがちな夏。でも、エアコンや入浴方法など、自分でできるちょっとした工夫で夏バテを回避できることもあるよう。夏バテ対策のために冷えと向き合って、夏を元気に乗り切りろう。

監修:医師 飛田砂織さん

読者のコメント

・湯船に浸かる、最近できていませんでした。これから浸かります。カーディガンはいつも持ち歩くようにしています。(kittyさん)
・身体の内側の腸が大切なのですね。確かに冷えるとお腹を壊します。外食では氷なしを徹底してます!(chestnutさん)
・オフィスは特に気になります。お昼に必ず生姜入りの温かいスープ頂いています。(@yuさん)

夏こそ食べ物にも温活を意識!体を冷やす食べ物と温める食べ物を知ろう

暑さで火照った体をクールダウンするために、夏は冷たい飲み物をつい多く飲んでしまいがち。常温で飲む、白湯を間にとる、ショウガを加えるなど、冷やしすぎない工夫をご紹介。体を冷やしやすいので気を付けるべき飲み物・お酒などもチェックして。

読者のコメント

・夏はビールを飲む機会が増えるので、体は暑いのに、内臓が冷えやすく注意が必要ですよね!朝、根菜のスープを飲むようにしています!(ヒロ♪さん)
・夏でも飲み物はホットを頼みますが、スイーツは冷たいものを食べちゃうんですよね。気をつけないといけませんね。(ちえりさん)
・カレーなどのスパイス料理も良いのかぁ!それは食べやすいから良かったです。(mayumingさん)

暑い夏こそ、体は冷えているかも!?体を冷やす飲み物と温める飲み物を知って、夏を元気に乗り切ろう

飲み物のみならず、もちろん食べ物にも体を冷やすものと温めるものが。暑い夏でも体を冷やさないように、食べ物にも温活を意識しよう。特に体温が低くなる朝は、しっかり食べて体温を上げることが大切なのだそう。夏バテ気味で食欲がないときにも、グっと食べやすくなる方法も伝授。

監修:管理栄養士・料理家 柴田真希さん

読者のコメント

・確かに、冷たいものばかり摂取してしまって、体の中は冷えていそうですね。氷をなしにしたり、温かい飲み物も選ぶようにしたいです。(あゆぼんさん)
・常温の水は普段の飲み物にするようにシフトしてきました。少しずつ体にいいものを取り入れたいですね(かなさん)
・やはり温活は大事ですね。暑い夏はつい忘れがちですが意識して生活しないとなと思いました。(けいみさん)

冷えのタイプ別に取り入れたい!夏の冷えを解消するおすすめ薬膳茶

食欲不振や下痢、夏バテなどの不調につながることもある夏の冷え。そんなときは体の内側から温める薬膳茶がおすすめ。「足腰の冷え」「手足の冷え」「下半身冷え」の、冷えタイプ別に取り入れてほしい薬膳茶をご紹介。さらに、積極的にとるべき食材も併せて教えてもらった。

監修:漢方カウンセラー 成田かおるさん

読者のコメント

・薬膳茶ってどんなものかと思ったら、意外と聞いたことがあるものも多かったです。色々悩みに合わせて飲めたら良いですね。(akさん)
・夏にぴったりの薬膳茶、参考になりました!クーラーをつけているので冷えが気になっていたので黒豆茶やってみます!(ミサトさん)
・ハス茶を飲んでます。冷たいものばかり取って体が疲れ気味なので、薬膳茶取り入れてみようかな!(トトトさん)

困ったときはプロに!OZのプレミアム予約

リラクゼーションサロンの冷え対策プラン

温活におすすめのリラクゼーションサロン・マッサージサロンをご紹介。ホットストーンやよもぎ蒸しなど冷え対策メニューで、不調知らずのあったかボディに

よもぎ蒸しで巡るカラダへ

発汗することで要らないものを体外へ出しながら、ハーブの香りに包まれて癒しまで期待できる。よもぎ蒸しとプロの技の合わせ技で不調を解消しよう

体のお悩みキーワードから探す

肌のお悩みキーワードから探す

習慣・活動キーワードから探す

【特集】プチ不調や身体の悩みを解消!すこやかなココロとカラダへ

不安定な状況のなかで気になる、ココロとカラダのプチ不調。病院に行くまでもない・・・と我慢してしまったり、解決策を探そうと思っても世の中には情報が溢れすぎていたり。そんな働く女性たちに寄り添う“保健室”のような存在をオズモールはめざします。
記事や動画、イベント・セミナーなどを通して楽しみながら学んで、ココロとカラダに向き合って、自分らしい美しい花を咲かせて。

自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく過ごすためのヘルスケア特集。冷えやむくみなどのプチ不調や、生理痛やPMSなど女性特有の悩みの解決に向けて、毎日簡単に続けられる温活習慣や温活グッズを紹介します。

ILLUSTRATION/HARUKA OSHIMA

  • LINEで送る
※記事は2021年5月11日(火)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP