【おすすめの人気プロテイン15選】女性も男性も使えるプロテインやパーソナルトレーナーに聞いた選び方も!

リモートワークの影響で、筋力の低下が気になっている人やダイエットを検討している人も多いのでは。そんな人のために、今回は編集部おすすめのプロテイン15選や、エベレストフィットネス東高円寺の副代表、新井雄大さんに聞いたプロテインの選び方もご紹介。食事だけでは摂取できないタンパク質をプロテインで摂取したい人は、ぜひ参考にしてみて。

更新日:2022/05/16

今回お話を聞いたのは・・・東高円寺のエベレストフィットネス副代表 パーソナルトレーナー 新井雄大さん

エベレストフィットネス東高円寺副代表、NSCA認定パーソナルトレーナー。プロボクシング元日本フライ級4位、2021年ベストボディジャパン関東大会準グランプリ、2022年ベストボディジャパン千葉大会4位などの実績を持つ。ボクシング×筋トレで、より多くの人々へ成長上達の喜びを届けるために活動中。

1.プロテインとは?

そもそもプロテインとはどんなものか? なぜ摂取するのか? 基礎知識がわからない人も多いのでは。まずは初心者が知っておきたい基本から紹介していくので、ぜひチェックしてみて。

1-1.プロテインとは、たんぱく質のこと

プロテインとは、普段は食事から摂取している三大栄養素のひとつである「たんぱく質」のこと。筋肉だけでなく、皮膚、髪の毛、爪などの材料となるほか、酵素や免疫の働き、視覚、触覚、味覚などにも関係する人間のカラダに欠かせない重要な栄養素。

厚生労働省が定めた日本人の食事摂取基準によると、一日に必要なたんぱく質の推奨量は、18~64歳の男性は1日65g、65歳以上の男性は60g、18歳以上の女性は1日50gとなっているが、あまり細かく考えず「体重1kgにつき1.5~2g」を目安にするとよい。

たとえば体重60㎏の人なら90~120gとなり、やや幅があるが自分の運動量なども考えて決めてほしい。

1-2.プロテイン摂取の目的は?

たんぱく質は、カラダに欠かせない重要な栄養素であるにもかかわらず、ダイエットによる極端な食事制限や、偏った食事などで不足しやすいという問題がある。

【タンパク質の不足でおこる問題】
・たんぱく質が充分に補給されないと、消化や吸収などの内臓機能の低下、代謝の低下、免疫力の低下など多くの影響が出てしまう。
・筋肉量の減少や肌や髪のトラブルなどにつながる危険性も。

このようなトラブルを防いでカラダの働きを円滑にするためや、美容のためにもたんぱく質補給は重要。足りないたんぱく質は、プロテインで補うのが手軽なので、ぜひ取り入れてみて。

2.市販のプロテインの主な種類

市販のプロテインには大きく分けて3つの種類がある。プロテインを選ぶ前に、それぞれの特徴を抑えておこう。

2-1.ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、牛乳に含まれるたんぱく質の一種。ヨーグルトの上澄みにできる液体(ホエイ、乳清)に含まれるもので、ミネラルや水溶性ビタミンが豊富に含まれるのが特徴。淡白で飲みやすく、体内への吸収速度はスムーズで胃腸にもたれにくいので、運動直後に飲む場合に向いている。

なおホエイプロテインには以下2つの製法があるので、摂取目的や体に合うものを選ぼう。

・WPC(ホエイプロテインコンセントレート)製法
たんぱく質を抽出する際のろ過精度が低く、乳糖が含まれたままの状態のプロテイン。たんぱく質以外に糖質や脂質、ビタミン、カルシウムなども含まれており、安価で味のバリエーションも多く、飲みやすい。お腹がごろごろしなければ、続けやすくおすすめのロテイン。

・WPI(ホエイプロテインアイソレート)製法
WPC製法よりも細かくろ過されており、高純度のたんぱく質が摂取できる製法。乳糖が除去されており、乳糖不耐症の人でも安心して飲むことができるので、牛乳でおなかを壊しやすい人向き。

2-2.カゼインプロテイン

ホエイプロテインと同じく牛乳が主成分。生乳を構成するたんぱく質の約80%を占めている「カゼイン」を原料にしたタイプ。不溶性で固まりやすく、体にゆっくりと吸収されるので、寝る前や間食に向いている。

2-3.ソイ(大豆)プロテイン

大豆のタンパク質部分だけを粉末にしたもの。水分や糖質、脂肪を減らし植物性タンパク質を効果的に摂取できる。

カロリーが低くビタミンも含まれているのも嬉しいポイント。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、肌の張りを保ちたいときや女性らしい体のラインをキープしたい場合にもおすすめ。

3.プロテインの選び方

種類が多すぎて迷ってしまうプロテイン。そんな中から自分に合うものを選ぶためのポイントを解説していくので参考にしてみて。

3-1.飲むシチュエーションに合うものを選ぼう

プロテインを摂取するシーンに適した種類を選ぶと、よりよい効果が得られるので、以下を参考に選んでみて。

トレーニングの後には、吸収が速いホエイプロテインが効果的。しっかりトレーニングを行った後の体に素早く吸収されて、筋肉を効率よく増やすことができる。

また朝のプロテインは、飲みやすさ重視で選ぶと続けやすい。比較的安価で、味の種類が多いホエイプロテインがおすすめ。

間食や寝る前に飲む場合は、時間をかけてゆっくり吸収されるソイプロテインやカゼインプロテイン向いている。満腹感を得やすく腹持ちがよいので、ダイエット中の間食代わりになり、寝る前に飲めば睡眠中にゆるやかに体に吸収される。

3-2.ビギナーは国産品を選ぶのが無難

海外産の製品は種類が多く、どれがいいのか迷ってしまいがち。それに比べると、国産品は種類が限られるので選びやすい。

また、1食当たりの量も日本人に合わせて設定されており、味も日本人好みのおいしいものが多い。とくにプロテインを初めて飲む場合は、国産品を選ぶと続けやすいはず。

3-3.続けられる価格なのかも確認すべき

プロテインは、数回飲めばすぐに効果が現れるものではなく、継続して摂取し続ける必要がある。そのため、継続して購入するために、値段も重要なポイントになる。

仕入れコストや流通コストなど、中間コストを削減してリーズナブルな価格で良質な商品を提供しているメーカーもあるので、口コミなども参考にして安くても品質のよいものを探してみて。続けやすい価格帯の製品を賢くチョイスしよう。

3-4.楽しく飲み続けるためには味も大切

飲み続けるためには、値段と合わせて味も重要。「プロテイン=粉っぽい」というイメージを持っている人も多いかもしれないが、最近の商品には飲みやすさにこだわったものが増えてきている。

プレーン以外にも、バナナ、ストロベリー、抹茶、ココア、チョコなど、さまざまなフレーバーの商品が販売されているので、好みの味を見つけよう。

初めは内容量の少ないものを購入して味を確かめるのがおすすめ。各フレーバーが試せるお試しセットを用意している製品も多いので、賢く活用してみて。

4.人気のプロテイン15選

impact

ホエイプロテイン

1kg 5390円

おすすめポイント

・たんぱく質のほかに、BCAAや必須アミノ酸も補える
・吸収が早いから、トレーニング後の栄養補給にぴったり
・50種類もの圧倒的なフレーバーから、好みの味わいを選べる

1食あたりにたんぱく質を21g含有した、MYPROTEINのホエイプロテイン。たんぱく質のほかにBCAAを4.5g含有し、必須アミノ酸も補える。低糖類、脂肪含有量1.9g、炭水化物量1gという数値も、体づくりに取り組む人には嬉しい。

吸収が早いので、トレーニングの30~60分後に飲むことを推奨している。トレーニングを頑張っている人は、「クレアチン モノハイドレート」をひとさじ加えるのもおすすめ。

お気に入りがきっと見つかる50種類以上ものフレーバーのおかげで、飽きずにおいしく続けられる。迷ってしまったら、特に人気のナチュラルチョコレート、ミルクティー、抹茶ラテなどを試してみて。
※数値はノンフレーバーの場合

タイプホエイ
風味ナチュラルチョコレート
内容量1kg
1杯あたりのエネルギー量103kcal
1杯あたりのたんぱく質量21g
1杯あたりの炭水化物量1.0g
1杯あたりの脂質量1.9g
その他栄養素

明治

SAVAS ミルクプロテイン脂肪0 ココア

430mL 170円

おすすめポイント

・運動後にゴクゴク飲めるドリンクタイプのプロテイン
・脂肪ゼロ。カラダづくりに役立つミルクプロテインをたっぷり配合
・明治独自の製法による素早い吸収力が特徴

溶かす手間がかからず、そのまま飲めるドリンクタイプのミルクプロテイン。喉の渇きを癒しながらゴクゴク飲めて、理想のカラダをめざせる。運動後はもちろん、朝食やランチ、就寝前など、いつでも手間なく飲めるのが魅力。

カラダづくりに有効なミルクプロテインを430mLあたり15gとたっぷり配合。さらに、独自の製法で体内への吸収スピードを高めている。脂質をゼロに抑える一方で、ビタミンやカルシウムなどの栄養成分をバランスよく含んでいるのも嬉しいポイント。

ココア味のほかに、すっきりフルーティー、ヨーグルト風味、ハニーレモン風味と、おいしく続けられる味のラインアップも魅力。すっきりフルーティとココア味には大容量860mLパックもあるので、自宅用のストックとしておすすめ。

タイプミルク
風味ココア
内容量430mL
1杯あたりのエネルギー量118kcal
1杯あたりのたんぱく質量15.0g
1杯あたりの炭水化物量14.4g
1杯あたりの脂質量0g
その他栄養素ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12

DNS

プロテイン ホエイ100 プレミアムチョコレート

1050g 4860円

おすすめポイント

・水に溶かすだけでもおいしく飲めるホエイ100%プロテイン
・良質な原料を使い、国内工場で安全性に配慮して製造されている
・8種から好きなフレーバーが選べるので、飽きずに続けやすい

「プロテインっぽい味を脱し、おいしいプロテインをつくる」というテーマにこだわり、味づくりのプロとともに完成させたこだわりの製品。牛乳や豆乳に溶かさなくても、水だけでおいしく飲める。

たんぱく源として、体内での利用効率がよいホエイたんぱく質を100%使用。よけいな添加物や遺伝子組み換え作物、合成着色料を使わず国内工場で作られている。

プレミアムチョコレート、イチゴミルク、抹茶、トロピカルマンゴー、バナナオレ、リッチバニラ、レモン、カフェオレの8種のフレーバーが揃っており、1食分、10食分、30食分、90食分とサイズも豊富。いろいろな味を試しやすく、飽きずに飲み続けられる商品展開になっている。

タイプホエイ
風味チョコレート
内容量3150g
1杯あたりのエネルギー量142kcal
1杯あたりのたんぱく質量24.2g
1杯あたりの炭水化物量4.7g
1杯あたりの脂質量2.9g
その他栄養素-

リアルスタイル

ビーレジェンド WPCプロテイン ナチュラル

1kg 2600円

おすすめポイント

・高品質ながらお手頃価格。コスパのよさが魅力
・13種の風味を試せるお試しセットなので好みの味を探しやすい
・甘すぎないからすっきり飲める

天然の牧草で育てられた牛の乳の良質なホエイプロテインを原料にしながら、低価格を実現。徹底した流通のコストカットにより、コストパフォーマンスのよさをかなえている。

すっきりシンプルなミルク風味のナチュラルのほかにも、チョコ、バナナ、ベリーなど個性的なフレーバーが合計13種。初めての人には、すべての味を体験できるお試しセットがおすすめ。

どれも甘すぎないすっきりとした味わいだから、プロテイン初心者にもぴったり。度々発売される企業やキャラクターとのコラボフレーバーにもご注目あれ。

タイプホエイ
風味さわやかミルク
内容量1kg
1杯あたりのエネルギー量109.8kcal
1杯あたりのたんぱく質量21.0g
1杯あたりの炭水化物量3.0g
1杯あたりの脂質量1.5g
その他栄養素ビタミンC、ビタミンB6

アサヒグループ食品

1本満足バー プロテインチョコ

36本 4550円(Amazon)

おすすめポイント

・いつでも手軽に食べられるバータイプのプロテイン
・1本に運動後に十分な量のプロテインと食物繊維、ビタミン5種を配合
・シリアル入りで食べごたえがあり、1本で満足できる

いつでもどこでも、必要なときにすぐプロテインが摂れるバータイプ。1本にスポーツ時に使いやすいプロテイン量15g、5種のビタミンと必須アミノ酸9種を配合している。

カカオが香るミルクチョコのおいしさに、レーズンの爽やかな酸味をプラス。シリアルの食べごたえも十分で、噛みごたえのあるザクッと食感がさらに満足感を高めてくれる。

1本満足バーには、ランナー向けに考えられたサクッと食べやすい焼き菓子タイプの「プロテイン・ラン」シリーズもあるので、ランニングが趣味の人は試してみて。

タイプバー
風味チョコレート
内容量1404g
1杯あたりのエネルギー量183kcal
1杯あたりのたんぱく質量15g
1杯あたりの炭水化物量12.1g
1杯あたりの脂質量8.5g
その他栄養素ビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンB₁₂、ビタミンE

グロング

ホエイプロテイン100 ベーシック バニラ風味

1kg 2780円

おすすめポイント

・泡立ちが少なくおいしく飲めるパウダープロテイン
・アミノ酸スコア100の良質なホエイタンパク質を原料に使用
・11種類のビタミンをバランスよく配合している

トータルスポーツブランド「グロング」が、おいしさと泡立ちの少なさにこだわって開発したホエイプロテイン。水やドリンクに溶かして、10秒ほどシェイクするだけでOK。手早く飲めるので続けやすく、運動後だけでなく朝食時や就寝前などの習慣づくりにもにおすすめ。

アミノ酸スコア100の良質なホエイタンパク質を、100gあたり約72g以上とたっぷり配合。さらに、11種類ものビタミンをバランスよくプラスしている。

パッケージの口が大きく開くから中身を取り出しやすく、付属のスプーンを使えば忙しいときでも素早く計量できる。バニラのほかにもココア、ストロベリー、バナナなど合計15種の風味が揃っているので、好みの味を探してみて。

タイプホエイ
風味バニラ
内容量1kg
1杯あたりのエネルギー量115kcal
1杯あたりのたんぱく質量21.6g
1杯あたりの炭水化物量4.2g
1杯あたりの脂質量1.7g
その他栄養素ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE

ゴールドジム

ホエイプロテイン チョコレート風味

720g 5400円

おすすめポイント

・チョコレート風味でおいしく飲めるプロテインパウダー
・高たんぱく質&低脂肪の良質なホエイプロテインを主原料に使用
・7種のビタミンB群を配合し、たんぱく質の効果をサポート

プロテインの質と合わせて、飲みやすさにもこだわったパウダータイプのプロテイン。水にさっとなじんで溶けやすく、濃いチョコレート風味でおいしく飲める。

主原料は、高たんぱく低脂肪の良質なホエイプロテイン。プラスし、カラダに速やかに届くよう、プロテインより吸収が早いホエイぺプチドをプラスしているので、ウエイトトレーニングやスポーツ後のたんぱく質補給におすすめ。

さらに摂取したたんぱく質が体の中でより有効に働くように、B1、B2、B6、B12など7種のビタミンB群を配合している。

タイプホエイ
風味チョコレート
内容量720g
1杯あたりのエネルギー量358kcal
1杯あたりのたんぱく質量75.5g
1杯あたりの炭水化物量11.0g
1杯あたりの脂質量1.3g
その他栄養素-

明治

SAVAS ソイプロテイン100 ココア味

945g 4600円

おすすめポイント

・おいしく飲めるココア味のパウダープロテイン
・独自調査をもとにアスリートのカラダづくりに必要なビタミンを配合
・シェイカーなしでも溶けやすいので手間いらず

たんぱく原料として大豆プロテインを100%使用した粉末タイプのプロテイン。溶けやすさを追求し、シェイカーを使わずコップでも簡単に溶かせるから、時間がないときでもさっと飲める。

アスリートの食事についてメーカー独自に調査し、必要な栄養素を分析。カラダづくりに欠かせないビタミンB群ならびにビタミンDと、体調のサポートに必要なビタミンCを独自設計で配合している。

定番のココア味は水だけでもおいしく飲めるほか、牛乳で溶かせばほどよい甘さのミルクココアのような味も楽しめる。気になる人は、まずは10.5g入りのトライアルパックを試してみて。

タイプソイ
風味ココア
内容量945g
1杯あたりのエネルギー量79kcal
1杯あたりのたんぱく質量15.0g
1杯あたりの炭水化物量2.5g
1杯あたりの脂質量1.0g
その他栄養素ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC,ビタミンD

Kentai

ウェイトダウンソイプロテイン ココア風味

1kg 4212円

おすすめポイント

・カラダを引き締めたいアスリートにおすすめの食物繊維配合プロテイン
・トレーニングで失われやすいビタミン、ミネラルを配合
・甘さ控えめなココア風味で、すっきりと飲みやすい

筋肉をつけながら減量して、カラダを引き締めたい人におすすめのウェイトダウンプロテイン。大豆プロテインに食物繊維を加えることによって、よけいなものを貯めにくいカラダづくりをサポートする。

たんぱく質をより効率的に摂取するために、不可欠なビタミン11種とミネラルが配合されており、減量をめざす人の強い味方に。腹もちがよいのでカロリーコントロールにぴったり。空腹感を紛わせたいときの間食にも適している。

水でも牛乳でもおいしく飲める甘さ控えめのココア風味。シェイク後の泡立ちが少なく、すっきりと飲みやすい味わいなので、続けやすいのも嬉しい。

タイプソイ
風味ココア
内容量1kg
1杯あたりのエネルギー量75.8kcal
1杯あたりのたんぱく質量14.6g
1杯あたりの炭水化物量2.4g
1杯あたりの脂質量1.2g
その他栄養素ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE

グリコ

パワープロダクション マックスロード ウエイトアップ チョコレート味

1kg 4752円

おすすめポイント

・トレーニングでウエイトアップしたい人のためのプロテイン
・食事で摂りたい3大栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)をカバー
・マイルドな甘さとコクのあるチョコレート味で飲みやすい

トレーニングでウエイトを増やしたい人におすすめのプロテイン。たんぱく質、脂質、炭水化物が最適なエネルギー割合で配合されており、食事で摂りたい栄養素を効率的に摂取できる。

たんぱく質には吸収速度の異なるホエイ、カゼイン、大豆の3種のプロテインを組み合わせて配合。さらに、糖質には吸収速度の異なる2種類の成分を、脂質にはエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸を配合するなど栄養素のバランスを追求している。

風味はマイルドな甘さとコクが特徴のチョコレート味。トレーニングの後だけでなく朝食として、また成長期のジュニアの栄養補給やチームメンバーで共有するプロテインとしてなど、いろいろな飲み方ができる。

タイプホエイ、ガゼイン、大豆
風味チョコレート
内容量1kg
1杯あたりのエネルギー量236kcal
1杯あたりのたんぱく質量23.7g
1杯あたりの炭水化物量31.8g
1杯あたりの脂質量2.6g
その他栄養素-

ULTORA

ホエイダイエットプロテイン クリアストロベリー風味

1kg 4790円

おすすめポイント

・3秒シェイクするだけで飲めるパウダープロテイン
・7種のビタミン群が体内の代謝をサポート
・安全管理や品質管理基準をクリアした国内認定工場で製造

さらりとした飲み口と、クセのないさっぱり味が魅力のパウダープロテイン。約3秒シェイクするだけできれいに溶けるので、運動後だけでなく起床後体や小腹がすいた時の間食代わりにも手軽に飲める。

ホエイプロテインのなかでもタンパク質の純度が高い、WPIと呼ばれる原料を50%配合。たんぱく質の良質さの指標となるアミノ酸スコアは100という最高レベルで、カラダの中での十分なたんぱく質生成が期待できる。さらに、カラダに不可欠なビタミン群も7種類配合。

人工甘味料、合成着色料、保存料などの添加物を使わない製法にこだわり、ISOの安全管理、品質管理基準を満たす国内認定工場で製造。品質にこだわりたい人におすすめ。

タイプホエイ
風味クリアストロベリー
内容量1kg
1杯あたりのエネルギー量116kcal
1杯あたりのたんぱく質量23.8g
1杯あたりの炭水化物量2.3g
1杯あたりの脂質量1.2g
その他栄養素-

明治

SAVAS for Woman シェイプ&ビューティ

945g 4675円

おすすめポイント

・美しいカラダをめざす女性のために開発したパウダープロテイン
・美容に嬉しいフィッシュコラーゲンも配合
・飲みやすいミルクティー風味。グラスやコップで簡単に溶かせる

運動やトレーニングでカラダをきれいにシェイプしたい女性のためのプロテイン。大豆プロテインと1食分当たり1500mgものフィッシュコラーゲンが配合されているので、健やかなボディをめざせる。

6種のビタミンB群とビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンEに加えて、カルシウム、鉄、マグネシウムをプラス。運動する女性のカラダづくりをしっかりサポートする。

グラスやコップでも簡単に溶かせ、シェイカーなしでも飲めるのも美点。水で溶かせばすっきりとした甘さのミルクティー風味、牛乳で溶かせばまろやかなミルクティーのような味わいが楽しめる。

タイプソイ
風味ミルクティー
内容量945g
1杯あたりのエネルギー量77kcal
1杯あたりのたんぱく質量12.5g
1杯あたりの炭水化物量5.6g
1杯あたりの脂質量0.5g
その他栄養素ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE

Kentai

ウェイトゲインアドバンス ミルクチョコ風味

360g 1728円

おすすめポイント

・トレーニングで筋肉や体重を増やしたい人のためのプロテイン
・運動後のカラダにたんぱく質と炭水化物を効率的にチャージ
・水に溶かすだけでおいしいミルクチョコ風味

トレーニングでウエイトを増やしたいアスリートのために、栄養補給をサポートするプロテイン。エネルギーを消耗したトレーニング後のカラダに、たんぱく質と炭水化物を効率的にチャージできる。

ホエイとカゼインの2種のプロテインを配合した「Wたんぱく」と、マルトデキストリンと果糖を配合した「Wカーボ」がエネルギーを筋肉にダイレクトに届ける。

水で溶かすだけでおいしく飲めるので、必要なときの手軽な栄養補給としても重宝する。

タイプホエイ、カゼイン
風味ミルクチョコ
内容量360g
1杯あたりのエネルギー量118kcal
1杯あたりのたんぱく質量5.9g
1杯あたりの炭水化物量21.3g
1杯あたりの脂質量1.0g
その他栄養素-

グリコ

パワープロダクション ホエイプロテイン プレーン味

800g 7344円

おすすめポイント

・高たんぱく低糖質のプロテイン
・吸収がよく精製度の高いホエイプロテイン(WPI)のみを使用
・プレーン味なので好みに合わせてアレンジしやすい

トレーニングで強靭な筋肉を作りたい人や筋肉を大きくしたい人のために、たんぱく質含有率の高さにこだわり糖質を抑えた高たんぱく低糖質のプロテイン。

たんぱく源としてホエイプロテインのなかでも精製度の高いWPIのみを使って純度を高めているので、手軽に効率よくたんぱく質を摂ることができる。さらに、カルシウム、鉄、マグネシウム、11種のビタミンと、トレーニングする人のカラダに必要な成分をバランスよく配合している。

プレーン味で香料、甘味料無添加。アレンジしやすいので、コーヒーや牛乳、豆乳など好きなドリンクと組み合わせて飲みたい人におすすめ。乳糖含量を抑えているので、牛乳でおなかがごろごろしやすい人にも飲みやすい。

タイプホエイ
風味プレーン
内容量800g
1杯あたりのエネルギー量73kcal
1杯あたりのたんぱく質量17.9g
1杯あたりの炭水化物量0.1g
1杯あたりの脂質量0.1g
その他栄養素ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE

ファイン・ラボ

ホエイプロテインピュアアイソレート ミルクココア風味

1kg 6000円

おすすめポイント

・厳選されたWPIのみを使用。たんぱく質含有率95.4%
・宇宙食レベルの管理のもとで衛生的に製造
・絹状パウダーで溶けやすくダマになりにくい

アスリートや指導者が開発メンバーとなり、妥協することなく品質にこだわって開発。たんぱく原牧草を主食として育ったストレスのない健康な牛のホエイ(乳清)を100%使用し、たんぱく質含有率を高めている。

米国で宇宙食製造の安全性を確保するために開発された管理手法「HACCP」に基づいて、宇宙食レベルの衛生管理のもとで製造。スプレードライ製法で熱処理を少なくするとともに添加物も極少量に抑えており、タンパク質含有率と吸収を最大限に引き上げている。

パウダーは細かい絹状で軽くシェイクするだけで溶け、ダマになったり底にこびりついたりしにくい。プレーンのほかミルクココア、ストロベリー、メロン、ミックスフルーツのフレーバーが揃っており、ジュースのようにゴクゴク飲めるので味を変えて楽しんでみて。

タイプホエイ
風味ミルクココア
内容量1kg
1杯あたりのエネルギー量359kcal
1杯あたりのたんぱく質量83.8g
1杯あたりの炭水化物量4.9g
1杯あたりの脂質量1.4g
その他栄養素-

ACROVE

ANOMAプロテイン チョコレート

600g 5800円

おすすめポイント

・原料は植物性プロテイン。ヴィーガンやベジタリアンの人も使える
・必須アミノ酸BCAA、アルギニン、MTCオイルが疲労回復をサポート
・甘さを抑えた、飲みやすい天然ココアフレーバー

「世界でもっとも強くやさしい」をコンセプトに、質にこだわってつくられたプロテイン。えんどう豆と玄米、2種類の植物性プロテインをメーカー独自の比率で配合している。アスリートだけでなく、健康志向の人やヴィーガンやベジタリアンの人にもぴったり。

加えて必須アミノ酸BCAAやアルギニン、MCTオイル(中鎖脂肪酸)を配合し、運動後や日常生活での栄養補給に使いやすい。

人工甘味料や砂糖を一切使わず、天然のココアと天然甘味料のステビアだけで味付け。3種類を組み合わせて深みを出したココアパウダーの、飲みやすくやさしい味わいを試してみて。

タイプ植物性
風味チョコレート
内容量600g
1杯あたりのエネルギー量119.4kcal
1杯あたりのたんぱく質量20.4g
1杯あたりの炭水化物量2.9g
1杯あたりの脂質量2.9g
その他栄養素-

5.プロテインの効果的な摂り方と注意点

摂取の仕方によってもプロテインの効果の表れ方は違ってくる。規則正しい食事を習慣化したうえで、ベストなタイミングで摂るようにしよう。

5-1.規則正しい食事が基本

プロテインは食事の代替用ではないので、栄養バランスを考えた食事を摂ったうえで、不足した栄養を補うことが基本。

そもそも1日の食事のエネルギー量が不足していると、せっかくプロテインを飲んでも、ただエネルギーとして消費されてしまうので、健やかな体作りにはつながらない。

まずは、栄養バランスを考えて規則正しく食事を摂るようにしてみて。

5-2.タイミングをとらえてこまめに摂取

たんぱく質は1度に大量摂取すると、肝臓や腎臓に負担がかかってしまう。何度かに分けて、効果的なタイミングで体に補給しよう。1回あたりの食事やプロテインでのたんぱく質摂取は、20~30gを目安にするとよい。

トレーニングの後に飲む場合は、運動後30~45分以内を目安に。体が疲れた筋肉を回復させようとするタイミングでプロテインを摂取すれば、効率よくたんぱく質を補える。朝食として摂取する場合は、たんぱく質が不足している朝一番が、体に吸収されやすく効果的。

一方、夜飲む場合は、寝る30分~1時間前がベストタイミング。寝ている間、長時間栄養補給ができないので、就寝前に摂ることでカタボリック(筋分解)防ぐことができる。

6.プロテインに関するQ&A

水や牛乳、豆乳で溶いて飲んでも効果は変わりませんか?

ダイエット中やカロリーコントロールをしている時などは、水で溶かした方が余計なカロリーをとらずに済み、体にも早く吸収されます。一方、牛乳で溶かす方法にもタンパク質以外にもビタミンBやD、カルシウムなどの栄養を摂れるというメリットがあります。

一概にどちらがいいとは言えないので、自分に合った飲み方をしてください。

朝食替わりにプロテインを飲むのは、体作りに効果的ですか?

朝の食事を、バランスよくきちんと摂れるならそれにこしたことはありません。しかし、朝は食欲がないという人や、食事をつくったり食べたりする時間がない場合には、栄養補給のためにプロテインを飲むのはおすすめです。

今回お話を聞いたのは・・・東高円寺のエベレストフィットネス副代表 パーソナルトレーナー 新井雄大さん

エベレストフィットネス東高円寺副代表、NSCA認定パーソナルトレーナー。プロボクシング元日本フライ級4位、2021年ベストボディジャパン関東大会準グランプリ、2022年ベストボディジャパン千葉大会4位などの実績を持つ。ボクシング×筋トレで、より多くの人々へ成長上達の喜びを届けるために活動中。

  • LINEで送る
※記事は2022年5月16日(月)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP