人気のおすすめトリートメント20選 美容師に聞いたアイテムの選び方も

傷んだ髪の内部に栄養分を浸透させて補修する役割のトリートメント、みんなはどうやって選んでる? 今回は表参道の美容室「APIS beauty and cure」のディレクター・中野士郎さんに聞いた、自分の髪質や髪の状態に合ったトリートメントの選び方を紹介。編集部おすすめの20アイテムや、トリートメントの種類、シリコンインとノンシリコンの違い、サロンケアとホームケアの違いなどタメになる情報をたくさんお届け!

更新日:2022/05/20

美容のプロに聞いたトリートメントの選び方

トリートメントを選ぶときのポイントは「種類」「髪質」「髪の状態」「仕上がり」「シリコンの有無」の5つ。

種類は、クリーム、ミルク、ジェル、オイル、ミスト、スプレーの6タイプにわかれ、それぞれアイテムを選ぶときに注意するポイントが異なる。

しっとりとした使用感が好みの人は、クリームやミルクタイプ、さらっと仕上げたい人はジェルタイプなど使い心地もさまざま。

髪の太さやボリュームなど、髪質の違いでも人それぞれ最適なアイテムは変わる。髪が細い・やわらかい人であれば、油分が少ないもの、ボリュームが出てしまう人は、水分やオイルが多いものがいい。

髪の状態から選ぶ場合は、カラーやパーマが原因のダメージ毛なのか、広がりやすいのか、ベタつきやすいのかで、使い分ける必要がある。

また、求める仕上がりもサラサラ、ツヤツヤ、しっとりなどで、使用するトリートメントの水分量や油分量を確認しよう。

シリコンの有無でも使用感に差があるから、違いを覚えておくと選ぶときに迷わないかも。

トリートメントを選ぶときは、これらの5つのポイントに注目して選べば、自分にぴったりのアイテムが見つかるはず。

美容室「APIS beauty and cure」のディレクター・中野士郎さん

「APIS beauty and cure」代表。ディレクター、カラーリスト、スパ二スト。都内有名サロン勤務を経て独立。カラーリストやスパ二ストの資格も取得し、サロンワークのほか、撮影やセミナーで全国を飛び回っている。

■APIS beauty and cure(アーピス ビューティ アンド キュア)
モデルさんや女優さんを数多く担当しているMINXのディレクター2人がOPENした話題のサロン。髪質に合わせて調合するブレンドシャンプー、骨格を見極め魅力を引き出すカットなど、個性や悩み向き合う姿勢に、もう一度通いたいと思わせてくれる。ダメージ、抜け毛、グレイヘアに対しても予防策も提案。日当たりのよい開放的な空間とスタッフのおもてなしに心癒されて。

今月のピックアップアイテム(PR)

Essential THE BEAUTY

髪のキメ美容プレミアムトリートメント

1078円/250g

髪表面が乱れなく整った「髪のキメがそろった」状態へと導く美髪処方を採用

繰り返したカラーリングやアイロンの熱によりゴワついた髪の毛先まで補修し、キメのそろった美しさへ。

髪にわずか0.1%未満しか存在しない美しい髪の必須成分「18-MEA (毛髪保護剤:ラノリン脂肪酸) 」配合。根元から毛先までなめらかに整えて、キレイな毛流れに。

コンディションに左右されない、毎朝しっとりまとまった髪を目指せる。

ECH

Tricore(トリコレ) 温感ヘッドスパトリートメント

1980円/200ml

液体からクリームに変化し、トリートメント成分が髪1本1本に密着。たった10秒でダメージヘアを補修

液体からクリームに変化する、温感生トリートメント。なじませているうちにポカポカとした温感が発生し、美容成分の浸透(角質層まで)をサポートする。

また、髪の主成分である「アミノ酸」を17種類、「タンパク質」を5種類も配合。傷んだ髪の内部まで集中補修し、ドライヤーで乾かすたび輝く髪へ。

さらに、頭皮のことを考えて「ボタニカルエキス」「サリチル酸」「パンテノール」「メントール」などもプラス。頭皮をマッサージするように使って、自宅でヘッドスパ気分を味わって。甘い花の蜜をイメージしたやさしい香りで、心までリフレッシュできる。

公式サイトからの購入なら、お得に試せて購入回数の縛りもないので、髪のパサつきやダメージが気になる人はぜひ一度試してみて。より詳しいレビューを知りたい人は、トリコレの口コミ、使用感などがわかる「読者の体験談」をチェックしてみて。

1.編集部おすすめトリートメント

オズモールの読者アンケートとコスメ体験モニターの感想からわかった、人気のトリートメント20選をご紹介。

今回は、以下の4項目から評価が高かったアイテムをピックアップ。みんなのコメントを参考に、自分にぴったりのトリートメントを見つけよう。

・人気度
・香り
・使い心地
・コスパ

※アンケートは調査は、オズオール読者580人が対象(2021/07/20~08/03)
※コスメ体験モニターは、自宅もしくはオズモール編集部で商品を使用
※コスメ体験モニターはオズモールのインフルエンサーコミュニティ「東京女子部」が協力
※人気度は、使用しているユーザーの人数を点数化

パンテーン

エクストラダメージケア デイリー補修トリートメント

543(Amazon)円/150g

毛先までなめらかな、ワンランク上の美髪へ導く独自のプロビタミン処方

独自研究のプロビタミン処方により、「ビタミンB5」を配合したトリートメント。

高いヘアコンディショニング効果により、毛先までなめらかな美髪へ。コンディショナーのみの場合と比べて、ワンランク上の仕上がりをめざせる。

繰り返したカラーやパーマによる切れ毛、枝毛などのひどいダメージが気になる髪におすすめ。デイリーケアとして取り入れてみて。

口コミ / レビュー

・パンテーンは他のメーカーと比較して香りが良いと思う。コスパも良いため、基本的に使用している。(30代 女性)
・オイルタイプで伸びが良いので、少量で全体をカバーできるし、濡れた髪にも乾いた髪にも使える。(50代 女性)
・お値段が手ごろで毎日使える。ロングヘアのときは必需品。(30代 女性)

ラックス

スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修トリートメント

762(Amazon)円/180g

広がってごわつく髪も潤いで満たし、なめらかにまとまる

髪は傷むとゴワついて広がることに着目して誕生したトリートメント。ゴワつきや広がり、パサつきなどが気になるダメージヘアにおすすめ。

独自処方の補修成分「ダイレクト浸透アミノ酸」や、同じく補修成分の「シアバター」「アルガンオイル」を配合。傷みに集中的にアプローチし、まとまる髪へ導く。

また、独自の保湿成分「プレミアムゴールドヒアルロン酸オイル」も配合。髪の内側まで浸透して潤いで満たし、ツヤのある髪をめざせる。朝摘み果実とウォーターブロッサムを感じさせる香り。

口コミ / レビュー

・髪がしっとりとした感じで、手触りがよいような感じがした。(50代 女性)
・くせ毛なので、匂いも、使用感も、昔から使用しているので、安心している。(50代 女性)
・香りがきつくなく、使用感もしっとりして、コスパも良いので気に入っている。(50代 女性)

ジョンマスターオーガニック

R&Aヘアマスク

4840円/148ml

「アプリコットオイル」などの補修成分が、ダメージを補修して枝毛や切れ毛を防ぐ

ダメージヘアを集中ケアしてなめらかに仕上げるトリートメント。この1本に、ダマスクローズの花びら約8700枚分のフローラルウォーター「ダマスクバラ花水」を配合。パサつく髪に贅沢な潤いを与えてくれる。

また、「アプリコットオイル」「キノア種子エキス」など、浸透性の高い補修成分を配合。髪のダメージ部分に吸着して補修し、枝毛や切れ毛を防いでしっとりなめらかに仕上げる。

ほか、「アロエベラ液汁」「​トチャカエキス」など、オーガニックにこだわった植物由来成分や、「乳酸桿菌」などの保湿成分もたっぷり配合。リッチなスペシャルケアでツヤ髪をめざしたい人におすすめ。高貴でフレッシュなローズの香り。

口コミ / レビュー

・髪をケアすると同時に頭皮にもアプローチできる商品なのでお気に入り。(40代 女性)
・毛先だけでなく地肌にまでつけて使用できるので、髪も地肌もケアしてくれているようでうれしい。(30代 無回答)
・香りが良く手触りも良くなった。パッケージもシンプルで使いやすい。(40代 女性)

TSUBAKI

プレミアムリペアトリートメント

935円/180g

髪表面をコーティングしてダメージから保護。放置時間なしでまとまる髪へ

サロン帰りのような、ふんわり軽やかな美髪をめざす人におすすめ。「密封潤い成分」で髪表面をラッピングするので、日々のダメージから髪を守り、軽やかなツヤ髪が続く。

また、浸透テクノロジーにより「ツバキ種子油」「ダイズ種子エキス」をはじめとする美容成分が髪の内側までアプローチ。ダメージを集中ケアして、毛先までまとまる髪へ導く。

放置時間いらずの、「0秒サロン」処方も美点。なじませてすぐにすすいでも、なめらかに仕上がる。みずみずしく上品で華やかなフローラルフルーティーの香り。

口コミ / レビュー

・詰め替え用もありコスパが良い。使うと髪の毛を乾かした後もまとまりやすくなる。(30代 女性)
・香りがよくコスパも悪くないので使っている。つやも出るような気がする。(40代 女性)
・たっぷりと入っているので惜しみなく使える。使用後はしっとりする。(40代 女性)

ボタニスト

ボタニカルトリートメントモイスト

1540円/490g

補修成分が髪の内側にまで浸透。キューティクルをコーティングして、美しいカラーと潤いをキープ

厳選した植物由来成分のちからで、しっとりなめらかに仕上げるトリートメント。「加水分解野菜タンパク」「ブドウ種子エキス」をはじめとした植物由来の毛髪補修成分配合で、髪の内側まで浸透してダメージをケア。

また、「ホワイトバーチ(白樺)ウォーター」「マカデミア種子油」「オリーブ葉エキス」などの保湿成分も贅沢に配合。地肌と髪に潤いを与え、しっとりしたまとまる髪へ導く。

ほか、「ボタニカルプロテクトコンプレックス」がキューティクルをコーティングして、カラーと潤いをキープする。潤いのある落ち着いた髪をめざす人におすすめ。

口コミ / レビュー

・香りがよく、使った後に髪がきしむこともない。パッケージも可愛い。(30代 女性)
・香りがとても良くて、使っている間も翌日も、香りに癒される。(40代 女性)
・香りが強すぎず、髪につけるとすぐに馴染むので時間を置かずに洗い流せる。(40代 女性)

資生堂

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク

1078円/230g

髪の内側、外側どちらもケアしてなめらかな指通りに。すぐにすすいでも魅力を体感できる

毛先までなめらかな髪へ仕上げるトリートメント。特に傷んだ髪をケアするスペシャルケアを探している人におすすめ。とろけるように髪になじみ、傷んでパサついた毛先まで素早くケアする。

また、「ローヤルゼリーエキス」などの美容液成分が髪の内側まで浸透し、潤いで満たす。同時に髪表面をコーティングするので、なめらかな指通りへ。

また、放置時間が必要ないのも嬉しいポイント。すぐにすすいでもするんとなめらかでツヤやかな髪に仕上がるので、時短ケアが叶う。サロン帰りの気分を味わえる、グレースフローラルの香り。

口コミ / レビュー

・とても流行っている時々聞いて、購入。おすすめの通り、使用後のツヤツヤ感は、素晴らしい。毎週1回のご褒美的に使用している。(40代 女性)
・どこのドラッグストアでも売っている。それほど高くないし、口コミもいい。(30代 女性)
・香りが良く、使用後しっとり潤う感じが好きで、毎回シャンプー後には欠かせません。(50代 女性)

COTA

アイケアトリートメント

3080円/200g

髪質から選べる5種類展開。髪を内側と外側の両方から補修し、同時に頭皮もケアできる

絡まりやすい髪から広がりやすい髪まで、髪質に合わせて選べるトリートメント。髪悩みにアプローチして、健やかに保ちたい人におすすめ。

「ダメージセンサー」がダメージを選択して集中補修。「生ケラチン」「セラミド」「18-MEA」などからなる独自開発の「ケラミドロール」が、髪の内部まで浸透してダメージを補修する。髪の外側は「セラミド」のアクアヴェールで包み込み、潤いをキープ。

さらに、保湿成分「ハイブリッドローズ花エキス」が頭皮までケアし、ハリと弾力をプラス。髪を内側と外側の両面から補修するだけでなく、頭皮も同時にケアできる。

口コミ / レビュー

・香り、仕上がり、使用感も少しで効果があり、サラサラになるので最高だった。(40代 女性)
・しっとり感の他にサラサラが続く感じで切れ毛や絡まりを抑えてくれる。(40代 女性)
・ちょっとお高く、売っているところが少なくて困る。(40代 女性)

いち髪

ナチュラルケアセレクト モイスト

990(Amazon)円/480g

「厳選和草エキス」がダメージヘアを補修、保湿。毛先まで潤い、まとまるツヤ髪へ

天然由来成分を90%以上使用したトリートメント。ビタミン豊富な「ゆずオイル」をはじめ、「コメヌカエキス」などの厳選和草エキスを補修、保湿成分として配合。

また、補修、ツヤ成分として「コメヌカ油」「アンズ核油」という2種類のリペアナチュラルオイルを配合。地肌から毛先まで潤いを与え、ツヤやかなまとまる髪へ導く。

またシトラスフローラルの香りには、100%天然由来香料を使用。合成着色料フリー、サルフェート(硫酸系界面活性剤)フリーと、余計なものは排除した成分設計。地肌と髪のダメージが気になる人におすすめ。

口コミ / レビュー

・いち髪はとにかく自分の髪質に合うらしくて、使用感がめちゃくちゃ良い。(40代 女性)
・自分の髪質に合っていて、頭皮の負担が軽く、洗い上がりの仕上がりが良いと思った。(40代 女性)
・毛先に重点的に使用しているが、毛先の痛みが減ってしっとりするようになってきた。(40代 女性)

ラ・カスタ

アロマエステ ヘアマスク35

2200円/230g

エッセンシャルオイルでなめらかな髪に導く。フローラルハーブの香りで気分も華やかに

植物のちからでなめらかな髪へ導くトリートメント。オーガニックにこだわった「ローズマリー葉油」「ティーツリー葉油」などのエッセンシャルオイルや、「アルテア根」などのハーブエキスを配合。髪に潤いを与え、しっとりまとまる仕上がりに。

また、「アボカドオイル」や「シアバター」などの成分がダメージヘアを補修、保護し、ツヤやかに輝く髪へ。

心まで華やかになれそうな、フローラルハーブの香り。パーマやカラーによるパサつきや広がりが気になる髪におすすめ。

口コミ / レビュー

・オーガニックで、香りがとても良い。安心安全である点が良い。(50代 女性)
・ラ・カスタさんは香りもよく、シンプルなデザインで気にいっている。(40代 女性)
・シャンプー、トリートメントをセット使うようになってから髪がしっとりし、まとめやすくなった。(50代 女性)

ロレアル

エルセーブ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪ヘアパック

990円/180g

「加水分解シルク」などの補修成分で輝く髪へ。乾燥やダメージによってまとまりにくい髪におすすめ

「加水分解シルク」や「アマ花エキス」などの美容成分を贅沢に配合し、一日中輝く髪へ仕上げるトリートメント。

ダメージヘアの内側まで浸透、補修して潤いとツヤを与え、まぶしいほどの輝きを与える。

切れ毛&枝毛を防ぎ、潤い感のあるツヤ美髪をめざせる。まとまりにくい髪やツヤを失った髪の毎日のケアにおすすめ。

口コミ / レビュー

・のびがよく、髪になじみやすい。カラーやドライヤーなどで傷んだ髪を補修してくれる。(40代 女性)
・伸びが良い。しっとりまとまる感じがする。香りがとてもきれい。ドライヤーの前、出かける前に使っている。(20代 女性)
・香りが気に入った。すすいだ後の髪の感じがとても良かった。(30代 女性)

ロクシタン

ファイブハーブス リペアリングヘアマスク

4620円/200g

5種類のハーブ配合。ダメージ補修成分が髪の内部まで浸透し、毛先まで輝くツヤ髪へ

植物のちからでダメージヘアを濃厚にケアするトリートメント。「アンジェリカ」「イランイラン」をはじめとする5種類のハーブが、髪に潤いとツヤ、しなやかさをプラス。頭皮もいたわりながら、まとまりやすい美髪へ導く。

また、「アベナストリゴサ種子エキス」などの植物由来ダメージ補修成分が、髪の内部まで浸透補修。

さらに「ソイプロテクト」が髪をやわらかくなめらかに仕上げるので、うっとりする手触りに。週2回を目安に、じっくり5分ほど置かせるスペシャルケアを試してみて。

口コミ / レビュー

・香りはハーブのさわやかな香りがとても気に入っている。また、仕上がりもしっとりツヤツヤになる。(40代 女性)
・香りがよいので、バスタイムが楽しみ。それなりの価格になるのは、まあ許せる。(40代 女性)
・L'OCCITANEは香りがとにかく良く、気持ちがリラックスできる。(40代 女性)

カウブランド

無添加トリートメント さらさら

770円/180g

シンプルな設計がこだわり。天然由来のトリートメント成分が内部に浸透し、ダメージを補修

無駄なものはなるべく排除した成分設計のトリートメント。地肌や髪と同じ弱酸性に加え、着色料、香料、パラベン、アルコール、シリコーンは使用していない。

天然由来のトリートメント成分「ジグリセリン」が髪の内部に浸透、補修し、健やかな髪へ。

また、「スクワラン」「リンゴ酸ジイソステアリル」などの天然由来コンディショニング成分が、髪一本一本を包み込み、潤いをチャージ。パサつきを抑えてサラサラな指通りの髪へ導く。髪や頭皮をいたわりながら、しっかりダメージケアできる。

口コミ / レビュー

・コストパフォーマンスがいいのに、洗い上りもぬるぬるしなくてオススメ。(30代 女性)
・身体に害のあるものを使っていないのにも関わらず、数百円で買えるので継続して使いやすい。(20代 女性)
・クリーム状のトリートメントで、のばしやすい。香りはないので、使いやすい。(30代 女性)

エッセンシャル

しっとりまとまるトリートメント

713(Amazon)円/250g

キューティクルをなめらかに補修し、手ぐしでまとまる髪へ

独自技術によって補修成分が髪内部まで浸透し、傷んだ部分を集中補修するトリートメント。手ぐしでするするとほどけて、しっとりまとまる髪へ導く。

荒れたキューティクルの表面をなめらかに整え、するんとした手触りの扱いやすい髪へ。傷んでパサつき、絡まりが気になる髪におすすめ。

髪一本一本に素早くなじむので、すぐにすすいでもなめらかに仕上がる。華やかなフローラルブーケの香りも魅力的。

口コミ / レビュー

・しっとりまとまりやすくなるので気に入っていて、他製品よりコスパが良いと思うのでたっぷり使える。(40代 女性)
・ドラックストアなどで買い求めやすく、使用感もしっとりしているので気に入っている。(40代 女性)
・香りも良く滑らかに仕上がりペタンコになりやすい髪もふんわり仕上がる。(40代 女性)

リッチ&リペア

ディアボーテ himawari オイルイントリートメント

793(Amazon)円/200g

年齢などにより、パサつきやうねりが気になりはじめた髪を、扱いやすい状態に導く

うねりや広がり、パサつきを抑え、素直な髪へ導くトリートメント。傷んだ部分を集中補修する「ダメージセンサー機能」を採用。なめらかで、しっとりまとまる髪へ導く。

保湿成分「ヒマワリ芽発酵エキス」や「オーガニックヒマワリオイル」などを含む独自の複合成分「高濃度プレミアムヒマワリオイルEX」配合。髪の内側と外側の両方からアプローチして、扱いやすい髪へ導く。

また、陽だまりのあたたかさと透明感のある、心地よいエレガントフローラルの香り。

口コミ / レビュー

・ドラッグストアで簡単に手に入るので、気になった時にすぐに使えて良い。髪の毛が柔らかく仕上がるのも気に入っている。(50代 女性)
・しっとりした髪になり、周りからはツヤがあって健康的とよく褒めてくれる。(30代 女性)
・チューブタイプなので、出しすぎてしまう事がある。ポンプタイプもあると良いと思う。(50代 女性)

ルベル

イオ クリーム メルトリペア

1760円/200ml

ライン使いがおすすめ。補修成分で髪に潤いとツヤを与え、扱いやすくする

ホームケアシリーズでのライン使いが人気な、イオのトリートメント。

ダメージを受けた毛先を疎水化し、毛先までツヤやかな髪に。ふくらみやすく広がる髪を、おさまりよく扱いやすくしたい人におすすめ。

補修成分が髪の内側まで浸透し、しっとりまとまりやすくする。シリーズ共通のローズグリーンの香りで、自宅にいながらサロン気分を味わえる。

口コミ / レビュー

・クリーム状で硬すぎず、しっかり伸びるのでつけやすい。香りも良く、使用後はしっかり髪の毛がまとまる。(30代 女性)
・しっとりとサラサラが両方手に入るトリートメントだと思う。香りもほのかで好み。(30代 女性)
・使用感とても良いので、内容量を増やしてもらうか、コスパが良くなると嬉しい。(30代 女性)

いち髪

なめらかスムースケア トリートメント

616(Amazon)円/180g

「純和草プレミアムエキス」などの和草のちからでキューティクルを整え、指通りなめらかな髪へ

和草のちからで、指通りなめらかな絹髪へ導くトリートメント。みずみずしく可憐に咲く山桜の香りがふんわり漂う。

「高濃度米ぬかピュアリピッド」「サクラ葉エキス」「クルミオイル」からなる補修&予防成分「純和草プレミアムエキス」配合。キューティクルを整えてダメージを補修し、摩擦ダメージを予防する。

絡まりやすい髪や、傷みが気になる髪におすすめ。

口コミ / レビュー

・安いので利用している。使用感は他と比べていないのでよくわかりません。(40代 女性)
・使用感はいいと思う。コスパもいいし、香りもいいと思うので、たまに買っている。(50代 女性)
・いち髪は香りの限定があったりワンシーズンごとに楽しめるし、香りも良いので好き。(30代 女性)

DHC

Q10美容液 トリートメント EX

1870円/500ml

豊富な保湿成分とダメージ補修成分がイン。ハリとコシのある、若々しい印象の髪をめざせる

「コエンザイムQ10」をはじめ、「マリンコラーゲン」「スーパーヒアルロン酸」などの保湿成分を配合。たっぷりの美容液成分で、若々しい印象の髪へ導く。

また、ダメージ補修成分「ケラチンエキス」「ブラックパールエキス」が、傷んだ髪を補修して健やかに整える。

ダメージケアすることで、ハリとコシのあるふんわりした髪へ。毛先までなめらかで潤った、つややかな髪をめざせる。みずみずしくフレッシュな、ローズミストの香り。

口コミ / レビュー

・ショップでも通販でも気軽に購入でき、コスパ的にも惜しげなく使える(60代 女性)
・香りも良く、しっとり、乾燥も防いでくれる。ポンプタイプで詰め替えもあり継続使用している。(50代 女性)

ミルボン

オージュア アクアヴィア ヘアトリートメントモイスト

4180円/250g

「アルカンオイル」が髪を柔軟にし、まとまりやすい髪へ。桜をイメージした香りにほっこり

くせやうねりのひどい髪に、扱いやすさを与えるトリートメント。保湿成分「トリプロピレングリコール」が髪内部の水分の偏りにアプローチし、うねりにくい髪へ導く。

また、柔軟成分「アルカンオイル」が髪の内部に浸透し、なめらかで上質な美髪へ。美しく、しっとりまとまる髪をめざす人におすすめ。

桜をイメージした香りには、髪のくせ悩みに希望の光がさすようにという想いが込められている。シャンプーなどとともに、ライン使いを試してみて。

口コミ / レビュー

・しっとりした感じで髪が落ち着く感じがある。香りも強くなくて使いやすい。(40代 女性)
・使用感はほかの物に比べたら、しっとりするがべたつかない。コスパは非常に悪い。(60代 女性)
・一度使っただけで、手触り柔らか、しっとりさら艶髪になってくれるので嬉しい。(50代 女性)

AVEDA

インテンシブ リストラクチュアリング トリートメント

4730円/150ml

補修成分「キノア種子エキス」がダメージヘアを集中ケア。しっとりサラサラな髪が続く

ダメージを受けた髪を集中的に補修するトリートメント。植物由来タンパク質「キノア種子エキス」が髪の内側まで浸透し、しっかり補修する。

また植物由来の保湿成分が潤いを閉じ込めて、髪表面のキューティクルをコーティング。毛先までしっとりまとまる、健やかな髪をめざす人におすすめ。

オーガニックの「ベルガモット」「マンダリン」などの植物エッセンスをブレンドした爽やかな香りも魅力。

口コミ / レビュー

・すっきり洗い流せるのが気に入っている。乾かしたときのまとまり感がとてもいい。(30代 女性)
・香りが好きなのと、使った時のサラサラ感や艶の出方が好き。(30代 女性)
・香りや使用感、コストパフォーマンスなどは良かったと記憶している。(50代 無回答)

ナプラ

N.SHEA トリートメント モイスチャー

3080円/240g

補修成分「サンフラワーセラミド」がキューティクルを補修。しっとりまとまる健やかな髪へ

ヘアオイルでおなじみの、N.から販売されているトリートメント。「シアバターで洗う」という発想の元、スタイリングしやすい髪をかなえるシャンプーとともに展開されている。

補修成分「サンフラワーセラミド」が髪の内側に浸透し、接着して補修。また、植物由来の補修成分が髪の表面に疎水性のバリア膜を形成し、潤いを閉じ込める。

さらに、「マルラオイル」をはじめとする3種類の保湿成分や、「発酵セイヨウナシエキス」「ヨーグルトエキス」といった毛髪柔軟成分も配合で、潤いで満たし、しっとりとまとまる髪へ。豊かなバスタイムを楽しめる、ホワイトフローラルの香り。

2.トリートメントの選び方

トリートメントを選ぶときのポイントは「種類」「髪質」「髪の状態」「仕上がり」「シリコンの有無」の5つ。あなたの目的に合う選び方を選択して、最適なトリートメントを見つけよう。

2-1.種類から選ぶ

トリートメントと一言にいっても、その形状はさまざま。インバストリートメントはクリーム・ミルクタイプがほとんどだけど、アウトバストリートメントに至ってはほかにもオイルタイプ、ミストタイプなども。種類がたくさんあって、どのように使い分けたらいいのかわからないという人も多いのでは。ここからはそれぞれどういった特徴があり、どういう髪型の人に向いているのかをレクチャー。

クリーム

クリームタイプは髪に適度な水分と栄養を与えてくれるアイテム。髪のまとまりがよくなるので、くせ毛やダメージヘアに悩んでいる人におすすめ。髪質に合ったテクスチャーを選べばスタイリング剤としても使用可能なものも。

ミルク

ミルクタイプはオイルよりも水分を含んでいるので、髪の水分量を整えるのに役立つ。キューティクルの内側に浸透して傷んだ髪を内側から補修する効果があるので、ダメージヘアに悩んでいる人におすすめ。

ジェル

ミルクやクリームタイプより髪にさっとなじむのがジェルタイプ。保湿効果に優れていて、やわらかい質感を髪に与えてくれるのが特徴。髪がよく絡んでしまう人はジェルタイプでさらっと仕上げてみて。

オイル

オイルタイプは油分が多いので、重みのある仕上がりに。髪の広がりを抑えてまとまりやすい髪に仕上げてくれる。手触りがよく、表面のツヤも出やすいので、髪の乾燥が気になる人におすすめ。

ミスト

ミストタイプは霧状のトリートメント。スプレー式になっているので、さっと振りかけるだけで軽いスタイルに。手軽にさらっとした質感に仕上げることができる。軟毛で髪がペタっとなりやすい人におすすめ。

スプレー

スプレータイプは、ミストタイプと同じ。髪にさっと振りかけるだけでトリートメント効果をプラスしながらスタイリングもできてしまう優れもの。手に直接つける必要がないので使いやすい。

2-2.髪質から選ぶ

トリートメントを使用すると髪の毛がぺたんこになってしまう・・・。そんなあなたは、トリートメント選びを間違っているのかも。トリートメントにもさまざまな種類があり、自分に合ったトリートメントを選べば、トリートメントの補修効果に加えて、今までの髪の悩みを解決できてしまうかも! 細くやわらかい髪、太くてかたい髪、毛量、くせ毛など、さまざまな髪質ごとに最適なインバス・アウトバストリートメントをまとめました。

細い・やわらかい

細くやわらかい人は、油分の少なく、水分が多いインバストリートメントをチョイスして。アウトバストリートメントはミスト・スプレータイプがおすすめ。さらっとした仕上がりで軽めのスタイルに仕上がる。

太い・かたい

太くてかたい人は、油分が多めで重ためのインバストリートメントを使うとしっとりした仕上がりに。アウトバスもオイルタイプを選ぶことで、ツヤツヤのきれいなスタイルを楽しむことができる。

量が多い・ボリュームがでてしまう

量が多くボリュームが出てしまう人は、水分が多いモイスチャートリートメントがおすすめ。アウトバスは、ホホバオイルやアルバンオイルなどの植物性オイルを多く配合しているオイルタイプで、膨らむのを抑えてまとまる髪に。

量が少ない・ぺたんこになる

量が少なくぺたんこになる人は、ノンシリコントリートメントでハリやコシを出して。アウトバスは軽めのオイルタイプやミルクタイプでキューティクルの保護を。指通りよく、絡みにくい髪に導いてくれる。

くせ毛

くせ毛が気になる人は、アクアバランスを維持できるトリートメントで保水力を高めつつ補修を。空気中の水分で髪のくせやうねりが出てしまうことがあるから、アウトバスは髪の外側から余計な水分を吸収しないよう、オイルタイプのトリートメントでしっかりガードしよう。

普通・悩みはない

髪質が普通でとくに悩みがない人は、基本的に何を使ってもOK。こだわりがなければ一般的なクリーム・ミルクタイプのインバストリートメントを使おう。とくにダメージで困っているわけではなくても、アウトバストリートメントでドライヤーの熱から髪を守ろう。べたついたり重くならないミストタイプがおすすめ。

2-3.髪の状態から選ぶ

誰しも髪に抱える問題を解消してきれいな美髪をめざしたいもの。毎日トリートメントを使っているのに、ダメージが解消されなかったり髪がまとまらないあなたは、選び方に問題があるかも。とくにカラーやパーマでダメージがひどかったり、髪が広がってしまう人には、それぞれの髪の状態に合ったトリートメントを選んでこそ、やっと最大限の補修効果が得られるってわけ! 自分に合ったトリートメントは何なのかチェックしてみて。

カラーやパーマで傷んでいる

カラーやパーマで傷んでいる状態には、植物性オイルのトリートメントを。ホホバオイル、アルガンオイル、シアバターなどダメージ補修に最適な成分が入っているか成分表ををチェックしてみて。

広がる・まとまらない

広がってまとまらない状態には、オイルタイプのトリートメントが最適。ドライヤーやアイロンを使う際にも、事前に塗布してコーティングしておけば髪を熱から守ってくれる。仕上がりはツヤツヤ。

ベタついている

髪のベタつきが気になるようなら、オイル系のトリートメントは避けて。ミスト・スプレー系のアウトバストリートメントを選んで軽さを出すようにしよう。インバストリートメントを使用する際は、洗い流しをしっかり!

2-4.かなえたい仕上がりから選ぶ

レングスやその日の気分によって、理想の仕上がりイメージは変わるもの。そんなときはトリートメントの出番かも。トリートメントは選び方次第で、なりたい理想の髪型に近づける手助けをしてくれる便利なアイテム。ここからは「サラサラにしたい」とき、「ツヤツヤにしたい」とき、「しっとり・まとまる髪にしたい」ときに使うといい理想的なトリートメントをご紹介。

サラサラにしたい

サラサラに仕上げたい人は、インバスはノンシリコントリートメントを使用することで軽い仕上がりをめざして。アウトバスはミスト・スプレー系のトリートメントをふりかけるとよりサラサラ質感に。

ツヤツヤにしたい

ツヤツヤに仕上げたい人は、油分が豊富なオイルタイプを。なかでも植物性オイルのアウトバストリートメントは、髪の内部までうるおい成分が浸透して髪を美しく仕上げてくれるのでおすすめ。スタイリング剤として仕上げに使おう。

しっとり・まとまる髪にしたい

しっとりまとまる髪にしたい人は、水分の多いモイスチャートリートメントをチョイス。保湿成分が髪の内部にまでしっかりとうるおいを補修してくれるので、乾燥によるパサつきや広がりを抑えてくれる。

2-5.シリコンイン・ノンシリコンから選ぶ

トリートメントには“シリコンイン”と“ノンシリコン”の2タイプあるけれど、それって一体何が違うの?使用感にも差があるの? など、気になることが多い“シリコン”。そもそもシリコンとはコーティング成分の一種で、トリートメントの機能には欠かせないもの。ただケミカルなものなので、オーガニック志向の人にはノンシリコンが注目されているのだそう。ではそれぞれの選び方、決め手はなんなのか、その疑問はここで解決!

シリコンイン

シリコンイントリートメントは、しっとりとまとまりのある髪型に仕上げたいときに最適。シリコンがキューティクルに付着しコーティングしてくれるので、手触り感とツヤ感が格段にアップするのが特徴。

ノンシリコン

ノンシリコントリートメントは、細くやわらかい髪質の人向き。ダメージを補修しながらハリ・コシを出してくれる。敏感肌で頭皮があれやすい、フケが出るなど、トラブルが起こりやすい人も一度ノンシリコンを使ってみて。

3.正しいホームケア方法

3-1.インバストリートメント編

1.洗髪後はしっかり髪の水分を切る

シャンプー後、毛先までしっかり水を切ることが大事。濡れている髪はとても傷つきやすくなっているから、しぼったり摩擦がおきないように注意して。手のひらを合わせるように髪を挟んでいくと、摩擦がおきにくくしっかり水が切れる。

2.トリートメントを塗布

トリートメント量はミディアムで500円玉くらいを意識し、レングスと毛量により量を調整して。頭皮にトリートメントがつかないように気を付けながら、中間から毛先にかけて塗っていこう。

3.髪をとかす

まずはジャンボコームでコーミングして、髪全体にトリートメントが行き渡るようになじませる。いきなり目の細かいコームを使うと髪がからまったり摩擦がうまれてしまうことがあるので、大きめのコームがおすすめ。全体に行き渡ったら、細かいコームに変えてやさしくゆっくりコーミングするとより効果的。

4.トリートメントを浸透させる

コーミングした後、毛先をしっかり揉み込んだら、3~5分放置して浸透させて。このときバスルームがしっかり温まっていると浸透度もアップ。タオルやラップなどで髪をくるんで温める必要はないけれど、背中や首につかないようにまとめて横に流したり、くるんであげると肌トラブルを回避できそう。

5.トリートメントを洗い流す

最後は洗い流し。きしみやぬめりを感じないくらいに流すのがベスト。実は、トリートメントは多少洗い残しがあっても大丈夫。ただ、頭皮や肌に残っていると、肌トラブルの原因になってしまうこともあるので注意が必要。しっかり洗い流せば軽く、流しすぎないようにすればしっとり仕上がるので、好みに合わせて調節してみて。

5-2.アウトバストリートメント編

1.ていねいにタオルドライ。

まずは髪に水分をしっかり染み込ませるように、タオルで抑えながら水分を切って。このときも摩擦で髪を傷つけないように注意して。

2.アウトバストリートメントを塗布

使用方法をきちんとチェックして、書かれている適量分を手に取って手のひらの上で伸ばす。きちんと手のひらの上で伸ばすのは、ムラなく塗布するための重要なポイント。

3.トリートメントをなじませる

ダメージが多い毛先からトリートメントを付け、中間も毛先同様になじませる。毛穴が詰まったり、肌トラブルを起こさないためにも、頭皮にはつかないように注意して。

4.ドライヤーで髪を乾かす

コーミングしてトリートメントを均一に行き渡らせたらドライ。自然乾燥はダメージにつながるので、絶対にドライヤーを使ってしっかり髪を乾かして。

5.気になったときにも乾燥ケアを

日中にパサつきが気になるようなら、ミスト・スプレータイプのアウトバストリートメントも併用してみて。日差しや乾燥でパサ付きがちな髪に水分を補って、1日中美しくまとまる髪をキープしよう。

4.OZmall読者の疑問を解決!トリートメントに関するQ&A

美容室「APIS beauty and cure」のディレクター・中野士郎さんが、みんなのトリートメントについての疑問にお答え。

サロンのトリートメントとホームケアのトリートメントの違いはなに?

トリートメントは髪の内部に栄養を補給しキューティクルを保護するためのもの。とくにサロンのトリートメントは、美容師さんによるスペシャルケア。一人ひとりの髪質やダメージに合わせて配合や工程をカスタイマイズしてケアできるので、髪の変化を実感できるのが魅力です。効果は長くても3~4週間程度なので、定期的なサロンケアがおすすめです。一方、毎日の自宅でのセルフケアも大切。市販のヘアケア製品はいろんな人の髪に合うように作られているアイテムが多いので、サロンでのケアよりも劇的な効果を感じることは少ないですが、自分の髪に合ったアイテムを使って家でもしっかりケアをすることが、髪のいい状態をキープするためには大切です。

洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの違いは?両方したほうがいいの?

洗い流すトリートメント(インバストリートメント)は、お風呂でシャンプー後に使い最後に洗い流すもの。トリートメントのほか、ヘアマスク、ヘアパックと呼ばれるものもあり、すべて基本的に髪の内部に浸透してダメージを補修する効果があります。洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメン)は、タオルドライ後、ドライヤーを使う前に使用するので熱から髪を守る効果も。手触りをよくしたりツヤ出しにも最適。この2つのタイプのトリートメントは用途が違うので、併用がおすすめです。

洗い流す(インバス)トリートメントは毎日したほうがいい?効果的な使用方法は?

インバストリートメントは、コンディショナーも使用しているなら週に2~3回でOK。ただし、コンディショナーの代わりにインバストリートメントのみを使用しているならシャンプー後毎日使うようにしましょう。よりトリートメントの効果を発揮させるためには、手ではなくちゃんとコームを使ってトリートメントを髪全体に行き渡らせること。目の粗いコームでなじませるようにとかすとより効果的。フェイスラインや前髪、こめかみ、もみ上げなどは細かい毛をケアする場合は、細かいコームで。その後しっかり手で揉み込むように浸透させるのも大切なポイントです。

  • LINEで送る
※記事は2022年5月20日(金)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP