年末年始特集

【東京・大師前】女性が厄除けをお願いするならココ!西新井の大師さま「西新井大師 總持寺」

更新日:2020/12/01

平安初期、弘法大師が訪れたことで創建された厄災消除の祈願寺。当時、悪疫流行に悩む村人たちのため大師自ら十一面観音像と自身の像を彫刻し、観音像を本尊、自身の像を枯れ井戸に安置。護摩祈願を行うと、清らかな水が湧きたちまち病が治ったとか。厄除けとしても有名で「男は川崎大師、女は西新井大師」と言われる。良縁・結婚・安産のご利益があるとされる「如意輪観音」、美人伝説が語られる「聖観世音菩薩像」へもお参りを。

写真提供:西新井大師 總持寺

西新井大師 總持寺の初詣・年末年始のイベント情報

初詣
参拝時間は元旦0時~24時、2日・3日は8時~23時。元旦0時から夕方までは混雑。お護摩は元旦0時~18時(計17会)、2日・3日9時30分~17時30分(計10会)。お守り、お札の授与は元旦0時~22時、2日・3日は8時~22時。
年末年始のイベント
◆除夜の鐘 元旦0時~、※2021年度は一般参加不可

西新井大師 總持寺

スポット名
西新井大師 總持寺
電話番号
0338902345 0338902345 (9:00~16:30)
※大晦日の電話による深夜の問い合わせはご遠慮ください
住所
東京都足立区西新井1-15-1
ご利益
厄除け、家内安全、商売繁盛、方位災難除、災難除、身体堅固、当病平癒、身上安全、開運、学業成就、心願成就、安産、職場安全、工事安全、御礼、交通安全ほか
ホームページ
西新井大師 總持寺の詳細はこちら

【特集】大切な人との絆を深める2021。年末年始にしたいこと

【特集】大切な人との絆を深める2021。年末年始にしたいこと

2020年は人と顔を会わせて会えないことが多かった分、大事な人のことを思う気持ちが深まったのでは。今年はいつも以上に家族や友達、恋人など、大事な人と向き合う年末年始にしませんか? いつもより贅沢なグルメやおせち料理を囲んで、普段とちょっと違う団らんの時間を作ったり、感謝の気持ちと来る年も健やかにという気持ちを込めてお年賀ギフトを贈ってみたりなど、大切な人との絆が深まるためのトピックスをご紹介します。

※記事は2020年12月1日(火)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります