進化系「友の会」!?百貨店と銀行がアプリでひとつになって誕生した「スゴ積み」とは?
マネー特集TOPへ

進化系「友の会」!?百貨店と銀行がアプリでひとつになって誕生した「スゴ積み」とは?

更新日:2022/07/03

ショッピングはもちろん、カード積立やライフプランニングの相談など幅広いサービスを行っている高島屋。そんな中、住信SBIネット銀行のサービスを活用したアプリ「高島屋ネオバンク」が2022年6月に誕生。スマホひとつで通常の銀行としての機能やサービスが利用できるほか、百貨店でのお買い物もより便利に。中でも注目の「スゴ積み」についてクローズアップ。

年利利回り15%相当という驚異の数字は見逃せない!

年利利回り15%相当という数字は見逃せない!

百貨店好きなら「友の会」という組織を知っている人も多いはず。その中でも百貨店の多くが長年提供しているサービスが積立サービス。毎月一定額を積み立てると、1年後に1カ月分のボーナスをプラスした金額で買い物ができるというもので、例えば毎月1万円分だとすると1年後は13万円分の買い物が可能に。これを年利換算すると15%というから驚きの数字。

このサービスを、アプリひとつで可能にしたのが「高島屋ネオバンクアプリ」で利用できる
「高島屋のスゴイ積立 [スゴ積み] 」。毎月積み立てて1年後に満期を迎えると、積み立て分プラス1カ月分のボーナス分の「お買物残高」がアプリにチャージ。国内高島屋のデパ地下グルメやコスメ、ブランドものなどのショッピングに使えるほか、高島屋オンラインストアでも使用可能(一部除外店舗・除外品あり)。また、積立中でも高島屋の優待や提携先のホテル・レストランでの特典が受けられるのも魅力。

友の会を知らない世代にも、昔ながらのサービスを伝えたい

友の会を知らない世代にも、昔ながらのサービスを伝えたい

「もともと友の会は、百貨店への来店促進や会員同士のコミュニケーションという意味合いもありましたが、コロナ禍で非接触のニーズも増えました。また、百貨店に足を運ばない、『友の会』という言葉や内容も知らない世代が増えています。あえて友の会という言葉を使わずに名付けた『スゴ積み』を、幅広い世代に利用してもらえれば」と、高島屋友の会の高久充社長。

百貨店の昔ながらのサービスが、より気軽かつ便利に進化したと考えるとわかりやすいかも。

「高島屋ネオバンクアプリ」は、「スゴ積み」以外にも、その名の通り銀行としての機能も充実。スマホひとつで口座開設から銀行取引まで完結、振込やコンビニのATMで入出金もできて、それぞれ月5回まで無料。ID対応のスマホデビット機能も付いているので、財布もカードもなしで買い物が可能。

賢くデジタルを活用しながら、百貨店ならではの品揃えや丁寧な接客などに触れてショッピングを楽しめれば、心も充実するはず。

【マネー特集】新・ライフスタイルのお金と暮らし

【マネー特集】新・ライフスタイルのお金と暮らし

私たちの生活や考え方が大きく変化した近年。自分にとって本当に大切なことや無駄だったことが見えてきた時期でもあったはず。気持ちを切り替えて、始めたいこと、逆にやめたいことを明確にしてみませんか? お金について本気で向き合ったり、住まいの環境を考えたり、サステナブルな生活を目指してみる、そんな“私らしい”ライフスタイルをスタートするなら今!

※記事は2022年7月3日(日)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります