【人気のランタンスタンドおすすめ13選】広く照らして夜のキャンプを過ごしやすく

ランプを吊るして広い範囲を照らしたり、かごや荷物をかけたり、なにかと重宝するランタンスタンド。脚のタイプ、サイズ、重量などの見比べるポイントが多く、選ぶのが大変と思っている人もいるのでは。そこで今回は、編集部がおすすめするランタンスタンド13選をご紹介。自分に合ったアイテムを見つけて、夜のアウトドアを快適にしよう。

更新日:2022/01/20

人気のランタンスタンドおすすめ13選

編集部おすすめのランタンスタンド13選を紹介。それぞれの特徴を紹介するので、自分にぴったりのランタンスタンドを見つけよう。

ハイランダー

ランタンスタンド ブラック HCA0214

3380円

おすすめポイント

・人数やスタイルに合わせた高さに変更できる
・固定するためのペグ(杭)を打てば安定感が増し、強風時に心強い
・2つのランタンを吊り下げて周囲を広く照らせる

118~250cmの範囲で自由に高さを調整できるスクリュー式。ランタンだけでなく、バックパックや洗濯物などをかけることもできる。

固定するためのペグ(杭)を打てば、さらに安定感がアップ。ロックネジで三脚部分を固定するとよりぐらつきが減り、風が強い日でも安心して使用できる。

ランタンを2つ用意して、両端のアームに吊り下げると辺りがぱっと明るくなる。とくに暗いキャンプ場や、5~10人程度のグループキャンプで広範囲を照らしたいときにおすすめ。

タイプ三脚
素材アルミ
高さ調節
耐荷重片方4kg
使用時サイズ84×84×250cm(最大)
収納時サイズ12×92cm
重量1.2kg
収納ケース付属

コールマン

ランタンスタンド

5980円

おすすめポイント

・三脚部分がフラットで足を引っかけにくく安心して使える
・スライド式で細かく調整でき、イスやテーブルの高さに合わせられる
・ペグ(杭)で固定すれば風が吹いても安心して使用できる

コールマンのランタンスタンドは、フラットな三脚部分が特徴。暗闇でも足を引っかけにくいため、子供連れのファミリーキャンプにもおすすめ。

10段階のスライド式で、高さは約109〜226cmに調節可能。イスやテーブルの高さに合わせて、丁度よい高さに調整してみて。

また、付属している3本のアルミ製のピンペグで固定すれば、強風時でも安定感がアップする。圧迫感のないすっきりしたデザインで、夕暮れからのアウトドアシーンをスタイリッシュに決めよう。

タイプ三脚
素材アルミ、スチール
高さ調節
耐荷重3kg
使用時サイズ226cm(最大)
収納時サイズ11×11×90cm
重量1.4kg
収納ケース付属

UJack

ハンマーランタンスタンド

3980円

おすすめポイント

・ハンマー不要で硬い地面に打ち込めるので、キャンプ初心者でも扱いやすい
・蝶ネジで高さを自由に変えられて、活躍の場が広がる
・オイルコーティングでサビにくく、長く使える

千葉生まれのアウトドア用品ブランド、UJackのランタンスタンド。高品質な製品をリーズナブルに届けることをモットーに、すべて職人による手作りを徹底している。硬い地面にもハンマーなしで打ち込めるから、キャンプ初心者にもおすすめ。

平均的な大きさのランタンを吊り下げられる2~15kgの耐荷重。シチュエーションに応じて、蝶ネジでフレキシブルに高さを調整できるのもポイント。

ランタンを吊るす以外にも、ロープを張ったりキャンプ用品を固定したりと活躍する。ステンレススチール製の本体にはオイルが塗布されてサビにくいので、長く愛用できるランタンスタンドを探している人はチェックしてみて。

タイプ打ち込み
素材ステンレススチール
高さ調節不可
耐荷重2~15kg
使用時サイズ225cm(最大)
収納時サイズ11×117cm
重量1.6~2.3kg
収納ケース付属

Ribitek

ランタンスタンド

2380円

おすすめポイント

・硬い地面に打ち込みやすく、力のない女性でも扱いやすい
・壊れにくいのに軽いアルミ合金製で、ストレスなく持ち運べる
・テントやタープの支柱にもなって、一石二鳥

地面に打ち込むタイプのランタンスタンド。先端が強化されているため硬い地面にも打ち込みやすく、力のない女性でも扱いやすい。

ポールは頑丈なアルミ合金製。強度がありながらも800gの軽さを実現し、持ち運び時のストレスが少なく済む。

フックは2つ付属しているので、ランタンを2つかけて明るさをアップさせるのはもちろん、食器を乾燥させるときにも便利。さらにポールはテントやタープの支柱としても使いまわせるから、夜だけではなく昼にも活躍する。

タイプ打ち込み
素材ステンレススチール
高さ調節
耐荷重1kg
使用時サイズ195cm(最大)
収納時サイズ12×3×45cm
重量0.84kg
収納ケース付属

キャプテンスタッグ

ランタンスタンド UF-4

6600円

おすすめポイント

・シンプルな見た目と機能を追求する人におすすめ
・がたつきやすい地面でも、ペグを固定すれば安定感がアップする
・収納袋なしでもコンパクトで持ち運びやすい

見た目も機能もシンプルな、キャプテンスタッグのアルミ製ランタンスタンド。

高さは107~190cmに調節可能。三脚を立ててランタンを吊るすスタンダードな構造で、スタンド部をペグ(杭)で固定すればより安定するので、ガスランタンやオイルランタンも安心して使える。

収納袋は付属していないが、折りたためばコンパクトになって持ち運びやすい。必要な場合は、好みの袋を別途用意しよう。

タイプ三脚
素材アルミ、鉄
高さ調節
耐荷重2kg
使用時サイズ70×60×190cm(最大)
収納時サイズ10×8×107cm
重量1.6~2.3kg
収納ケースなし

HIKENTURE

ランタンスタンド ランタンポール クランプ式

2000(Amazon)円

おすすめポイント

・シーンに応じて変えられる、ペグ(杭)式とクランプ(締め具)式の2WAY仕様
・3~4kgまでの重さに対応でき、ランタン以外の物をかけておくのにも便利
・ハンガーで2つのランタンを吊るせばもっと明るく照らせる

地面に突き刺すペグ式と、テーブルに固定するクランプ式の2WAY仕様。シチュエーションによって使い分けられるので、ペグを打ちやすい芝生や地面が固い河原のキャンプ場など、さまざまな場所でキャンプを楽しみたい人におすすめ。

ポールはネジ式で、高さ調節も簡単。3~4kgまでの重さに対応できるアルミ製だから、調理器具や衣類などを干すときにも重宝する。

より明るく照らしたいときは、2本のハンガーで両サイドにランタンを吊るそう。夜釣りやキャンプ、ビーチなどのお供にもイチオシ。

タイプ打ち込みorクランプ
素材ステンレス、アルミ
高さ調節
耐荷重4kg
使用時サイズ70×60×129cm(最大)
収納時サイズ10×32cm
重量0.35kg
収納ケース付属

レビール オブ リバー

ランタンスタンド

3980(Amazon)円

おすすめポイント

・シンプルでスタイリッシュなデザインがおしゃれ
・スクリュー式で高さを96~250cmに調節ができる
・ブラックとシルバーから好みのカラーを選べる

シンプルでありながら、どこかスタイリッシュなデザインとシャープさを感じさせる折りたたみ式のランタンスタンド。2本のハンガーで、計5kgまでのランタンや荷物を吊り下げられる。

高さ調整はスクリュー式で、約96~250cmまで変更可能。三脚の根元にはロックネジつきで、ペグで固定すれば強い風が吹いても倒れにくい。

オールブラックのほかに、スタンダードなシルバーのラインナップ。見た目のかっこよさにもこだわりたい人は、ぜひチェックしてみて。

タイプ三脚
素材アルミ
高さ調節
耐荷重片側2.5kg
使用時サイズ250cm(最大)
収納時サイズ16×97cm
重量1kg
収納ケース付属

スノーピーク

パイルドライバー LT-004

5830円

おすすめポイント

・ハンマーなしで打ち込めて、荷物の削減にもなる
・怪我やつまずきを防止する工夫があるので子供やペットとのキャンプにおすすめ
・ハンガーはネジで固定するだけでテクニックいらず

そのまま地面に打ち込むだけで設置できるランタンスタンド。ハンマーがなくても叩き込めるから、荷物の削減にもなる。

鋭利なポールの先端は、専用のキャップと収納ケースで保護できて安心。支える脚がないのに安定感抜群で、つまずきや衝突による転倒を防げる。いたずら好きな子供やわんぱくなペットと一緒のキャンプにもってこい。

ハンガー部分はネジで固定するだけで安定するので、アウトドア初心者にもおすすめ。

タイプ打ち込み
素材スチール
高さ調節
耐荷重2kg
使用時サイズ240cm(最大)
収納時サイズ110cm
重量1.7kg
収納ケース別売り

ユニフレーム

コンパクトランタンスタンド 622049

9900円

おすすめポイント

・ピラミッド構造で揺れに強いランタンスタンド
・ペグで3カ所を固定することで、転倒を防ぐ
・機能美を体現した繊細なフレームがスタイリッシュでかっこよい

安定感のあるピラミッド構造で、風の揺れにも強いランタンスタンド。

ポール収納時の穴から隣り合う穴を差し替えるだけで組み立てが完了し、キャンプ初心者でも扱いやすい。3カ所の脚部は付属のペグ3本で簡単に固定でき、つまずきによる転倒も防げる。

機能美を体現したような、繊細なフレームも魅力。無骨すぎるデザインに抵抗がある人や、シンプルでスタイリッシュな見た目を好む人におすすめ。

タイプ自立型
素材ステンレス、アルミ
高さ調節不可
耐荷重3kg
使用時サイズ100×85×195cm(最大)
収納時サイズ6×6×55cm
重量1.3kg
収納ケース付属

FLYFLYGO

ランタンスタンド

1980(Amazon)円

おすすめポイント

・コンパクトで軽く、すっきりと設置できる打ち込みタイプ
・椅子に座っている際にちょうどよい高さのスタンドを探している人におすすめ
・LEDタイプなど、軽めのランタンを吊り下げるのにぴったり

とてもコンパクトで軽量な、ランタンスタンド。打ち込みタイプですっきりと設置できる。

ポール同士はコードでつながっているので、パーツの分散による紛失の心配は無用。組み立てると高さ124cmと低めの高さで、椅子に座ってリラックスタイムを過ごしている際にちょうどよい。

アルミ製ポールの直径は12mmと細めなので、LEDランタンなど軽めのランタンと相性がよい。

タイプ打ち込み
素材アルミ、ステンレス
高さ調節不可
耐荷重
使用時サイズ124cm
収納時サイズ7×34cm
重量0.34kg
収納ケースなし

EC Outdoor

ランタンスタンド

4689(Amazon)円

おすすめポイント

・丈夫でスタイリッシュな鋳鉄製
・パーツを組み替えることで、ランタンをかける高さを調整できる
・大きめのランタンや、小物をかけられる

上質な鋳鉄を使用した、丈夫かつおしゃれなランタンスタンド。メインポールを地面に打ち込むだけで安定するので、力のない女性でもスムーズに設置できる。

各パーツを自由に組み替えできるため、座っているときや立っているときなど、状況に応じてちょうどよい高さに調節できる。

耐荷重は、大きめの燃料式ランタンも難なく設置可能な8kg。バッグや服、食器類などもかけられるので、マルチに活用できるのが嬉しい。

タイプ打ち込み
素材鋳鉄
高さ調節
耐荷重8kg
使用時サイズ186cm(最大)
収納時サイズ21×3.5×103cm

Y's PRODUCT

ランタンポール

2980(Amazon)円

おすすめポイント

・アルミニウム合金のポールがスタイリッシュ
・ハンガーを固定して回転や落下を防ぐ
・ハンガーは単品でも使用でき、ちょっと物をかけたいときに便利

丈夫なアルミニウム合金素材で作られた、打ち込み式のランタンポール。キャンプのほかバーベキュー、ビーチなどでも上品な雰囲気を演出する。

スタンド上部のハンガーを固定することで、回転や落下を防止。天候が気になる日や、風が吹きやすい水辺でのキャンプでもふいに落ちてしまう心配が少ない。

また、セット品のクリップ式ハンガーは取り外し可能。ポールだけでなく椅子や木に設置すれば、ランタンをはじめとしていろいろなものをかけられるのが嬉しい。

タイプ打ち込み
素材アルミ
高さ調節
耐荷重2kg
使用時サイズ169cm(最大)

ハイマウント

ミニランタンスタンド

3080円

おすすめポイント

・マットブラックがスタイリッシュなムードを演出する
・テーブルに設置できるクランプタイプで、手軽に使える
・ソロキャンプからグループキャンプまで、どのシーンでもランタンの灯りを楽しめる

テーブルの天板を挟み込んで固定する、クランプ式のコンパクトなランタンスタンド。つや消しタイプのブラックカラーで、おしゃれな雰囲気を演出する。

地面へ直接設置するタイプはハードルが高いと感じる初心者や、サブ用として購入したい人にもイチオシ。ミニタイプでありながら、31cm、61cm、91cmの3段階に調節ができる。

31cmは虫除けグッズやラジオにぴったり。61cmは、コンパクトな空間で手元を照らすのにちょうどよい。5人以上のグループでのキャンプ時には91cmまで伸ばし、高い位置からランタンの灯りを広げてみて。

タイプクランプ
素材アルミ
高さ調節
耐荷重1kg
使用時サイズ14×3×91cm(最大)
収納時サイズ5×5×31cm
重量0.2kg
収納ケース付属
  • LINEで送る
※記事は2022年1月20日(木)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP