東京から約60分!自然豊かな軽井沢へ。リゾート・ワーケーションでリフレッシュ

群馬県、オズモール

日に日に暖かさが増し、“脱おこもり”したくなるこれからの季節。リモートワークが続く人も、忙しい日常から離れて仕事をしたい人も、いつもの働き方を変えて気分転換。都心からのアクセスがよく、平日でも行きやすい軽井沢のワーケーションへ。高原リゾートの豊かな自然を感じつつ、日中は仕事をして、グルメ、スパ、お買い物も満喫。そんな1泊2日の軽井沢ワーケーションを東京女子部のレポーターが体験してきました。

更新日:2022/04/01

軽井沢駅より徒歩4分、軽井沢・プリンスショッピングプラザ内のワーケーション施設「Karuizawa Prince The Workation Core」。施設内には軽井沢の自然を望むオープンスペースが

ワーケーション施設が昨年オープン!「プリンスグランドリゾート軽井沢」で大満足のワーケーション

東京駅から新幹線で60分ほど、通勤する感覚で気軽に行ける軽井沢。目的地は、その駅前に広がるリゾートエリア「プリンスグランドリゾート軽井沢」。2021年春、「軽井沢プリンスホテル ウエスト」にワークスペースを全客室に備えた新客室棟やコワーキングルームが誕生。さらに7月には「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」内に「Karuizawa Prince The Workation Core」が開業し、より心地よく快適なワーケーションができるように。エリア内にホテル、スキー場、ゴルフ場、ショッピングモール、飲食店が揃うのも大きな魅力。仕事に励みながらリゾートライフもかなう2日間でリフレッシュ!

東京女子部のおすすめポイント

軽井沢は移動だけで疲れることもないので、ワーケーションにとても向いていると思いました。ワーケーション初心者には最高にぴったりな場所かも。プリンスグランドリゾート軽井沢は、まるで1つの町のよう。1カ月くらい滞在するのも楽しそう(miho333さん)

初めてのワーケーションでしたが最高でした。東京で働いている環境から出て、60分ほどで自然豊かな軽井沢へ。しっかりと仕事をしながらも、買い物、スパ、ホテルステイ、自然とのふれあいなど、新たな軽井沢の楽しみ方を発見できました(maaayflooower__sistersさん)

1日目_仕事をこなし、グルメに温泉も! リッチな気分でワーケーションを満喫

軽井沢駅に着いたら、ワーケーション施設でさっそくお仕事開始。ゆったりとランチを楽しみ、午後は仕事をしたり、エリア内を散策したり。夜は中国料理のフルコースディナーを味わい、温泉でリラックス。ご褒美気分で贅沢して、いつもと違うウィークデーに。

10:00【WORK】
選べるワークペースが魅力!/Karuizawa Prince The Workation Core

2021年7月にオープンしたこちらには、軽井沢の自然を感じながら仕事ができるオープンスペースのほか、ボックス席、ブース席、オンライン会議にもぴったりな完全個室などを完備。自分のスタイルや仕事内容に合わせてスペースを選べるから、効率がグンと高まりそう。会員制の施設なので、無料で即日入会可能な「SEIBU PRINCE CLUB」に会員登録してから予約を。

東京女子部おすすめポイント

軽井沢駅から徒歩で数分、あっという間に到着できる利便性のよさに感激。ふせんなどの備品も置いてあり、至れり尽くせり。電話したいときに専用ルームがあるのも嬉しい配慮(miho333さん)

12:00【LUNCH】
信州を代表する名店で黒毛和牛のステーキ丼を味わう/門前洋食 藤屋

軽井沢・プリンスショッピングプラザ 味の街にある、善光寺(長野市)の門前で旅館として創業した「門前洋食 藤屋」。コンセプトは、“TRAD&NEW”。黒毛和牛の平五郎極上ステーキ丼3610円(数量限定)をはじめ、ハンバーグ、ビーフシチュー、メンチカツなど、洋食と和食を融合したごちそう感たっぷりのメニューがずらり。暖炉やかまどを配した、温かみのある空間も魅力的。

東京女子部おすすめポイント

ステーキ丼はお肉がとってもやわらかく、うまみがごはんにも染みていて格別の味わい。心身ともに元気になるようなエネルギーチャージ飯でした(miho333さん)

14:00【WORK】
カフェやテラスも活用、リラックスして仕事を/Karuizawa Prince The Workation Core

ランチの後は、Karuizawa Prince The Workation Coreに戻って、再び仕事を。施設内には、高原の風や新緑を感じられるオープンテラス席や、淹れたてコーヒーが人気のカフェ「The Cafe&Gift」が併設されているので、リラックス気分で仕事に取り組めるのもポイント。休憩がてらエリア内を散策して、自然を愛でたり、ショッピングしたりして気分転換するのもおすすめ。

東京女子部おすすめポイント

自然光がたくさん入り、きれいで明るく過ごしやすい空間。会議の合間にはカフェへ飲み物を買いに。仕事で疲れていたのですが、周辺にもいくつかカフェがあり、いい息抜きができました(maaayflooower__sistersさん)

18:30【DINNER】
ライブキッチンにもワクワク! 中国料理をフルコースで/中国料理 桃李

ディナーは、自分へのご褒美も兼ねて奮発。四川・広東・北京・上海の四大中国料理を凝縮したメニューを揃える、軽井沢プリンスホテル ウエスト1階の料理店へ。彩華8800円(2名より注文可)は、ふかひれ、海老、牛肉などの高級食材や旬の食材を盛り込んだ全7品からなるフルコース。店内には料理人が腕を振るう姿を見ることができるライブキッチンもあり、特別感いっぱい。

■東京女子部のおすすめポイント

前菜からデザートまですべてが美味でした。特にマンゴーソースがかかった海老は唯一無二の味。あんかけチャーハンも牛肉料理もちょっと泣きそうになるくらいおいしかった!(miho333さん)

積善館、オズモール、群馬県

20:00【RELAX】
天然温泉に浸かって1日の疲れを癒してすっきり!/軽井沢プリンスホテル

軽井沢プリンスホテルのウエストとイーストには、それぞれ宿泊者専用の温泉施設を完備。2021年7月新設されたウエストの温泉棟「MOMIJI HOT-SPRING」(写真左・右上)は露天風呂、内風呂から周囲の自然が望め開放感たっぷり。イーストは森に囲まれた「FOREST HOT-SPRING」(写真右下)。併設の「SPA THE FOREST PRINCE」ではラグジュアリーな空間で季節に合わせたトリートメントを。

MOMIJI HOT-SPRINGの詳細はこちら
FOREST HOT-SPRINGの詳細はこちら
SPA THE FOREST PRINCEの詳細はこちら

■東京女子部のおすすめポイント

MOMIJI HOT-SPRINGの露天風呂が最高でした。夜は星を眺めてほっこりできて、朝6時に入ったときは、恍惚とした気分を味わうことができました。サウナ「ロウリュ」に入れたのもよかった(miho333さん)

スパでは1時間かけてじっくりケアしていただきました。温泉も気持ちよく、体を癒すためのおもてなしは一流と感じました。仕事の疲れもすっきりです(maaayflooower__sistersさん)

2日目_朝食も仕事もホテル内で。ワーケーションを締めくくるショッピングも楽しみ

信州の食材をふんだんに盛り込んだ朝食で体が目覚めたら、午前中はホテル内で仕事に専念。午後からはバケーション気分で軽井沢・プリンスショッピングプラザへ。自然に囲まれた敷地内を気ままに歩いて、ランチやお買い物を満喫するひとときを。

治田呉服店、オズモール、群馬県

8:00【BREAKFAST】
1日の始まりは、地元食材を使った和洋の朝食で/軽井沢プリンスホテル

軽井沢プリンスホテル ウエスト「ALL DAY DINING LOUNGE/BAR Primrose」の朝食は“和食・洋食カフェテリアブッフェ”(写真)。シェフが目の前で調理してくれるオムレツ、信州の野菜が主役のサラダ、焼きたてパン、長野産コシヒカリに合うごはんのお供などが揃う。イースト「All Day Dining Karuizawa Grill」では、信州の食材が盛りだくさんの和食か洋食をセレクトできる。

■東京女子部のおすすめポイント

イーストの「All Day Dining Karuizawa Grill」で朝食。和定食をチョイスしました。朝からバランスのよい食事をいただき、こだわり食材がたくさんで大満足。優雅な朝時間を過ごせました(maaayflooower__sistersさん)

CO-JIRO、オズモール、群馬県

10:00【WORK】
ワークスペースや客室で快適に仕事/コワーキングルームby H¹T

2021年3月、軽井沢プリンスホテル ウエストにオープン席と1名用個室を備えた「軽井沢プリンスホテル コワーキングルームby H¹T」(写真右上下)が誕生。新客室棟「PREMIUM WING」の全客室・デラックス テラス ツイン(写真左)はワーケーションに対応した造り。複数の電源コンセントや高速インターネット回線、さらに窓辺とテラスにワークスペースが。ホテル内でも快適ワークがかなう。

■東京女子部のおすすめポイント

テラス付き客室でのワーケーションは最高だと感じました。これぞ軽井沢という景色を眺めながら、ちょっと疲れたらベッドに横になったり、コーヒーを淹れたり。マイペースに働くことができます(miho333さん)

富岡製糸場、オズモール、群馬県

12:00【LUNCH】
もちもちの生パスタに感激/自家製生麺専門 プレミアム ポタパスタ カフェ リゾート

軽井沢・プリンスショッピングプラザ ニューイーストにあるレストラン。看板商品の生パスタはもちもち食感。シーフード系やお肉系など15種類あり、目移りするバリエーション。ほかにもリゾットやマフィンといったフード、ケーキ、ドリンク類も多彩で、ランチはもちろん、カフェとしても利用できる。落ち着いた雰囲気の店内で、ゆったりと過ごせるのもいい。

■東京女子部のおすすめポイント

パスタと信州らしくリンゴジュースを注文。生パスタがもちもちで絶品でした!(maaayflooower__sistersさん)

茶フェ ちゃきち、オズモール、群馬県

14:00【SHOPPING】
自然に包まれながらお買い物/軽井沢・プリンスショッピングプラザ

センターモール、ウエストなど5つのエリアからなる広大な敷地内には、有名ブランドのアウトレット、インテリア、雑貨、アウトドアのショップや、カフェ・レストランなど、約240店舗が集結。地元の野菜や加工食品、お菓子などを扱うショップも充実。軽井沢のおみやげ探しもできて、ショッピングに夢中になること請け合い。新幹線の時間まで、たっぷりお買い物を。

■東京女子部のおすすめポイント

散歩がてらウィンドーショッピングをするだけでも楽しく、仕事中のいい息抜きにもなりました。お土産探しなら、軽井沢ファーマーズギフトがおすすめ。地元ならではの商品がたくさんあります(maaayflooower__sistersさん)

今回滞在したのは、軽井沢プリンスホテル

上/軽井沢プリンスホテル ウエスト新客室棟のデラックス テラス ツイン 下左・右/軽井沢プリンスホテル イーストの森をイメージしたツインルーム

ワーケーション向け客室も登場!滞在スタイルに合わせてお好みで選べるステイ

今回、東京女子部の2人は、軽井沢プリンスホテル ウエストとイーストの客室でそれぞれおひとりさまステイ。2021年7月に大規模リニューアルを終えたウエストのテーマのひとつが「ワーケーション」。新客室棟、コワーキングルームのほか、バンケットテラスでもワーク機能を強化し、リゾート・ワーケーションの拠点となるホテルに。

2017年にリニューアルしたイーストは「NEO FOREST」がコンセプト。インテリアデザイナー・故・橋本夕紀夫が建築デザインを手がけ、壁紙や絨毯などに人気ブランド「ミナペルホネン」のデザインを採用。館内や客室に森をイメージしたアートや装飾がちりばめられ、まるで周囲の自然と一体化したよう。個性の異なる2つのホテル。好みや目的に合わせてステイしたい。

東京女子部のおすすめポイント

ウエストに滞在しました。リニューアルして館内全体が清潔感にあふれています。客室にはアメニティが充実。かわいい電気ケトルやクッションなど、どれもすてきで嬉しくなるほどでした(miho333さん)

宿泊したイーストのお部屋は女子向けということもあり、北欧風インテリアがとてもセンスよく、かわいかったです。写真を撮りたくなるスポットも目白押しでした(maaayflooower__sistersさん)

1泊2日の軽井沢ワーケーションモデルコース

1日目

08:44 東京駅発(北陸新幹線はくたか555号・金沢行)
09:48 軽井沢駅到着
10:00 「Karuizawa Prince The Workation Core」にて仕事
12:00 「門前洋食 藤屋」にてランチ
14:00 「Karuizawa Prince The Workation Core」にて仕事、敷地内散策
17:30 「軽井沢プリンスホテル ウエスト」または「軽井沢プリンスホテル イースト」にチェックイン
18:30 「軽井沢プリンスホテル ウエスト」の「中国料理 桃李」にてディナー
20:00  「MOMIJI HOT-SPRING」または「FOREST HOT-SPRING」で温泉入浴

2日目

08:00 「 ALL DAY DINING LOUNGE/BAR Primrose」または「All Day Dining Karuizawa Grill」にて朝食
10:00 「軽井沢プリンスホテル コワーキングルームby H¹T」、ホテル客室で仕事
13:00 「自家製生麺専門プレミアムポタパスタカフェリゾート」にてランチ
15:00 「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」にてショッピング
17:41 軽井沢駅発(北陸新幹線あさま628号・東京行)
18:52 東京駅到着

【INFORMATION】「Karuizawa Prince The Workation Core」の新しい定額プランでお得にワーケーション

軽井沢駅より徒歩4分、軽井沢・プリンスショッピングプラザ内にある、充実の設備を誇るワーケーション施設「Karuizawa Prince The Workation Core」。好きな時間に気軽に利用できる従来の275円~/15分の料金プランに加えて、じっくり仕事に取り組めるお得な定額プランも用意され、満足度の高いワーケーションを叶えてくれる。

■プラン・料金
[定額プラン]
1日定額プラン:5500円(利用可能時間:8:00~20:00)
4時間定額プラン:2640円(利用可能時間:8:00~12:00、12:00~16:00、16:00~20:00の各4時間)
※利用可能席はオープンスペースのみ
[通常料金プラン]
オープンスペース275円~/15分、ブース(1〜8)330円/15分、ボックス(1〜5)330円/15分、ルーム(A〜I)385円/15分、ユニバーサルルーム(1・2)440円/15分、サークル(01・02)825円/15分、ルームJ(4名会議室)825円/15分、ルームK(6名会議室)1100円/15分
※上記プラン・料金での利用にあたっては、SEIBU PRINCE CLUBならびにKaruizawa Prince The Workation Core会員登録を行う必要があります

■施設DATA
TEL.0120-234-667
住所/軽井沢・プリンスショッピングプラザ内(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢)
営業時間/8:00~20:00※カフェ(The Cafe&Gift)4月~10月9:00~18:00、11月~3月10:00~18:00  無休


  • LINEで送る

PHOTO/@maaayflooower__sisters, @miho333(東京女子部) WRITING/MIE NAKAMURA

※西武プロパティーズは2022年4月1日より西武リアルティソリューションズに商号変更いたします

※記事は2022年4月1日(金)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP