水光注射の効果やメニュー例とは?ヒアルロン酸をダイレクトに注入【皮膚科医Q&A付き】

水光注射の効果やメニュー例とは?ヒアルロン酸をダイレクトに注入【皮膚科医Q&A付き】

たるんだフェイスラインや、血色が感じられない肌など、年とともに肌のハリ感やツヤが失われていくフェイスをなんとかしたい・・・。そこで注目したいのが「水光注射」。肌悩みに合わせて混合したヒアルロン酸などの薬剤を真皮に注入する治療法で、続けることで肌全体のハリ感、ツヤ感、くすみ・小じわなどを改善へ導く。今回は、やさしい美容皮膚科・皮膚科秋葉原院の宇井千穂先生に聞いた、水光注射の特徴や効果をご紹介。

更新日:2020/11/16

水光注射とは?

施術の特徴、原理

きらめくようなツヤともっちり弾力のある肌を、美容医療では水光皮膚と呼んでいる。そんな理想的なツヤ肌へと改善していく治療法が「水光注射」。9本の極細のニードルがついた専用マシンを使い、肌悩みに合わせて選んだヒアルロン酸などを混合した薬剤をスタンプ注射のように肌に刺して、表皮のすぐ下の真皮の浅い層に美容成分をどんどん入れていく。

均一、かつ広範囲に注入できるため、薬剤の美容効果が最大限に発揮されるとともに、極細の針を使い、麻酔もするので、注入時の痛みがほとんどないのも嬉しい。また、従来の医師による手打ちだと、注入量や注入速度、注入時の圧力が一定しないなどの問題があったけれど、水光注射は自動注入システムで、しかも量、速度、深さ、圧力をすべて調節できるため、1人ひとりに合わせた最適な治療がかなう。

効果・効能、デメリットや副作用・ダウンタイム

水光注射を行うことによって真皮のコラーゲン密度が高まり、内側からふっくらと押し上げるようなハリ・弾力・潤い・透明感のある肌に改善していける。加えて、ニードルを刺した創傷作用による肌再生、コラーゲン増生効果も期待でき、老化防止の肌ケア・肌質改善治療としても注目を集めている。定期的に治療を受けることで、コラーゲン量が増えるなど肌全体のハリ感、ツヤ感、くすみ・小じわなども改善され、エイジングケアとしても有効。

ダウンタイムは、まれに目の下など皮膚の薄いところにメイクで隠せる程度の点々とした内出血が起こったり、施術2~3日後に、皮膚がボコボコしたり、赤みが出たり、乾燥しやすくなることも。通常、1~2週間で治まるけれど、不安があれば医師に相談しよう。

追加できる薬剤について

メインとなるヒアルロン酸に加えて、肌の悩みに合わせた美容成分を混合できるのも「水光注射」のいいところ。真皮にダイレクトに注入するので化粧水や美容液を塗布するだけよりも効果は現れやすい。

追加できる薬剤は、グルタチオン(抗酸化作用、透明感・美白)、再生因子(皮膚再生、若返り)、ビタミンC(抗酸化作用、美白、ニキビ)、トランサミン(肝斑、美白)、プラセンタ(老化予防、細胞活性化)、マイクロボトックス(毛穴、たるみ、引き締め、ハリ、肌質改善)、シャネル注射(皮膚再生、若返り、毛穴)、デルミスホワイト(肌再生、保湿、潤い、美白)など。

医院によって異なるので、お目当てがあれば事前に確認しよう。

水光注射のメニュー例

OZでWEB予約OK!水光注射が体験できる美容皮膚科

水光注射の施術の流れ

美容クリニックで受ける水光注射一例

水光注射の施術の流れを紹介。施設によって異なるので、詳細は各施設へ問い合わせを。

STEP1 診察

肌の悩みをカウンセリングでしっかり聞いてから、皮膚科医師が肌の状態を診察。施術の流れや施術後の仕上り、アフターケアなど細かく説明してくれる。

STEP2 洗顔

肌に余分な油分が残っていると水光注射による十分な効果が得られないことも。しっかりと洗顔することが大事。

STEP3 施術

麻酔クリームを塗布し、しっかり効いたことを確認してから、専用マシンで美容成分をスタンプ注射のように針でぐんぐん注入していく。施術時間は全顔で30分ほど。

STEP4 鎮静

施術後は、わずかに赤みが残る程度で、メイクして帰ってOK。ただし、日光の影響を受けやすくなっているので、日焼け止めを塗布するなどして十分なUV対策を忘れずに。

水光注射Q&A

水光注射は痛みは伴いますか?

最初に肌に麻酔クリームを塗布してから、一般的に、31G(ゲージ)または32Gの極細の針(0.3mm以下)を注入していくので痛みはほとんど感じられません。内出血のリスクや、赤みや腫れの心配もほとんどないのが嬉しいポイントです。

施術後にダウンタイムはありますか?

施術直後に赤みやほてりなどが現れることがあるけれど数時間で落ち着きます。まれに目の下など皮膚の薄いところにメイクで隠せる程度の点々とした内出血が起こったり、施術2~3日後に、皮膚がボコボコしたり、赤みが出たり、乾燥しやすくなることも。通常、1~2週間で治まりますが、不安があれば医師に相談してください。

どれくらい効果が持続しますか?

初回から肌のハリやツヤ、透明感など効果を実感できます。一般的には、2週間を目安に減退していきますが、2回目以降、3週間毎に1度の割合で3~5回ほど施術を継続すると、その後は、3カ月に1回程度の施術でも効果をキープできます。

施術の頻度はどれくらいが目安ですか?

個人の肌の状態によって異なりますが、一般的には、3週間毎に1度の頻度で3~5回程度続けてその後は、3カ月に一度くらいのペースで施術を続けるとふっくらハリのある肌をキープできます。

施術後にすぐにメイクをしてOKですか?

施術後は、わずかに赤みが残る程度で、基本的にはメイクをして帰ってもOK。ただし、治療後は一時的に、肌がデリケートになっているので、十分な保湿を行ってください。また、日光の影響を受けやすくなっているので、日焼け止めを塗布するなどしてUV対策も忘れずに。

ヒアルロン酸注入との違いはなんですか?

水光注射は専用マシンでヒアルロン酸を中心とした美容成分を肌全体にまんべんなく補給します。対して、ヒアルロン酸注入とは、真皮に注射器で直接ヒアルロン酸を注入し、ヒアルロン酸を充填剤のように使って皮膚を下から持ち上げるというものです。

「ほうれい線のしわが気になる」「鼻を高くしたい」「顎の形を整えたい」など、特定部位に重点的に効かせたいならヒアルロン酸注入、肌全体のハリ・ツヤを取り戻したいなら水光注射を検討してください。

お話をお伺いしたのは宇井千穂先生

やさしい美容皮膚科・皮膚科秋葉原院

1969年生まれ。全日空客室乗務員を経て、皮膚科医、美容皮膚科医として勤めた後、2019年「やさしい美容皮膚科・皮膚科秋葉原院」の院長に就任。本や雑誌の執筆をはじめ、Webでの連載やコスメの監修など多方面で活躍中。

WRITING/KANO NUMATA

  • LINEで送る
※記事は2020年11月16日(月)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP