重要文化財 杉本家住宅

重要文化財 杉本家住宅(すぎもとけじゅうたく)の見どころ、口コミ、アクセス情報

更新日:2022/04/18

京都の中心部にある杉本家住宅は、江戸以来の大店の構えと表屋造りの大規模な町家構成の典型を示している。

国の重要文化財に指定された建物。また、建物内外の「庭」は国の名勝指定を受けている。

重要文化財 杉本家住宅とは?見どころは?

貴重な京町家建築は必見

杉本家住宅は、表通りに面する店舗部と裏の居室部を取合部でつなぐ「表屋造り」で、京格子に出格子、大戸、犬矢来、そして厨子二階に開けた土塗りのむしこ窓など、すべてが昔ながらの典型的な京町家のたたずまいである。存状況は良好で、下京における大店の建築遺構として、きわめて高い価値を有している。

建物は国の重要文化財に指定。建物内外の「庭」は「京町家の庭」として国の名勝指定を受けた。植栽されていない、屋内の通路兼作業場である「庭」が名勝指定されたのは杉本家住宅が初。

老朽化が進んだ大屋根の修理のためにクラウドファンディングが実施され、現在大屋根吹き替え工事が行われている。2023年秋ごろまで工事予定。進捗をみて一般公開を検討中だそう。
公開情報は公式HPに随時掲載される。

重要文化財 杉本家住宅の読者口コミ

みんなの評価
10人の評価分布
非常に満足 ★★★★★★★ 3人
満足    ★★★★★★★★★★ 4人
普通    ★★★★★★★ 3人
やや不満  0人
不満    0人
ぱぐたろさんの口コミ
女性/50代/友達
京都は四条新町あたりから、石畳が素敵な膏薬辻子をゆっくり抜けた所にある呉服商の立派なお屋敷があります。外から見るだけでも、膏薬辻子とのセットで感動します。

行った時期:2019年5月 平日・昼
混雑状況:空いていた
滞在時間:1~2時間
はなさんの口コミ
女性/30代/ひとり旅
祇園祭りのときに行きました。たくさんの屏風は展示してあり興味深かったです。
また町家という建物自体がとても京都を感じさせて素敵でした。

行った時期:2019年7月 平日・夕方
混雑状況:やや混んでいた
滞在時間:1時間未満
ノルスクさんの口コミ
女性/50代/恋人・配偶者
祇園祭の山車の飾り、屏風、重要文化財の古い町家の様子など、全部見どころ。

行った時期:2011年7月 平日・昼
混雑状況:非常に混んでいた
滞在時間:1~2時間

重要文化財 杉本家住宅の基本情報

スポット名
重要文化財 杉本家住宅(すぎもとけじゅうたく)
住所
〒600-8442 京都市下京区綾小路通新町西入ル矢田町116番地
公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会
営業時間
10:00~17:00
定休日
不定休
料金
大人 1500円
高校生以下 800円
駐車場
最寄りの市営駐車場、またはコインパーキングを利用
最寄り駅
烏丸駅、四条駅
交通アクセス
阪急電鉄 京都線「烏丸」駅下車 地下通路26番出口より徒歩5分
京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅下車 地下通路4番出口より徒歩5分
ホームページ
https://www.sugimotoke.or.jp/
※記事は2022年4月18日(月)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります