白髪染めヘアカラー人気ランキングTOP10!セルフ&ヘアサロン白髪染め完全ガイド

白髪染めヘアカラー人気ランキングTOP10!セルフ&ヘアサロン白髪染め完全ガイド

市販の白髪染めにはさまざまな種類があり、ヘアサロンでもカラー剤や染め方のラインナップが増え、白髪染めの選択肢はいっぱい。そこで今回、ユーザーアンケートによる白髪染めヘアカラー人気ランキングTOP10や、ヘアサロン「FIRST」のヘアカラリスト・吉田京介さんに聞いたサロンでのおすすめ白髪染め方法をご紹介。診断もチェックして、あなたにぴったりの白髪染め方法を見つけよう。

更新日:2023/10/16

目次
ヘアサロン「FIRST」吉田京介さん

教えてくれたのは、ヘアサロン「FIRST」吉田京介さん

美容師歴19年。スタイリストデビュー後、専任のヘアカラリストに転身。現在日本ヘアカラー協会星5ヘアカラリスト。白髪ぼかしハイライトや地毛ハイライトなど、ハイライトの施術が得意。年間延べ2000名以上のカラーを担当し、数多くのゲストから支持を得ている。

みんなの白髪染め事情

白髪染めはどこでしている?頻度は?
N=766人 2023/6/6~13 OZmall会員向けウェブアンケート

白髪染めをしている人のうち、「サロンで染めている」が66.9%と最も多い結果に! 次に「自宅とサロンの両方で染めている」が18.2%で、8割以上がヘアサロンの白髪染めに対してメリットを感じて利用していることがわかった。

また白髪染めの頻度は、1カ月に1回が36.4%と最多。続いて2カ月に1回、1カ月半に1回が多く、1~2カ月に1回メンテナンスを行う人が一般的なよう。

白髪染めヘアカラーの選び方

市販の白髪染めは、「ムース・泡タイプ」「クリームタイプ」「シャンプータイプ」「トリートメントタイプ」「マニキュアタイプ」の大きく5種類に分けられる。それぞれの特徴をおさえて、自分にぴったりのタイプと最適な色味を選ぼう。

種類の特徴から選ぶ

【市販】ムース・泡タイプ

ムース・泡タイプの白髪染めヘアカラーは、“手軽さ”がポイント。薬剤を混ぜるときも染めるときもコームブラシを使わず、手だけで簡単に染められる。なかには、残りは取っておけて次回また使えるアイテムも。

■メリット
・手で揉みこむだけなので、後頭部や頭頂部、内側も染めやすい
・全体をしっかり揉みこめば、色ムラになりにくい
・放置時間が短め

■デメリット
・ピンポイントで塗布するのが難しい
・揉みこむため、キューティクルが傷む可能性がある

■おすすめな人
全体白髪が気になる人、白髪染め初心者

【市販】クリームタイプ

クリームタイプの白髪染めヘアカラーは、ヘアサロンで使用されているヘアカラーに近く、ダメージが比較的少ないのがポイント。1剤(色味や明るさ)と2剤(活性化させる基剤)をMIXさせて使用するものが多く、しっかり染まる。

■メリット
・液垂れがしにくく、髪の根もとなどをピンポイントで塗布できる
・染毛力が高く、色幅も多い

■デメリット
・ハケやコームで髪に少しずつ塗り広げるため、見えづらい後頭部や頭頂部が塗りにくい。染め残しも起こしやすい。
・塗り広げる際のブロック分けが大変で、作業時間がかかる

■おすすめな人
部分白髪が気になる人、器用な人

【市販】シャンプータイプ

白髪染めシャンプーは、染料が髪表面につく仕組みで、白髪やすでに染まっている部分のみを染めることができる。ダメージが少ない一方で、染毛力は弱く、継続的な使用が必須。しっかり染めたい場合はトリートメントと兼用しよう。

■メリット
・毎日のシャンプーと置き換えるだけで手軽に続けられる
・頭皮にやさしく敏感肌でも使いやすい※アレルギーには注意
・毎日少しずつ染めるため、新しく生えてきた白髪も目立ちにくい

■デメリット
・染毛力が弱く、染まるまで時間がかかる
・タオルやお風呂場に色が付着しやすい

■おすすめな人
ちらほら白髪を自然になじませたい人、頭髪のダメージを抑えたい人

【市販】トリートメントタイプ

白髪染めトリートメントは、髪表面に染料を浸透・吸着させ、白髪を自然に色づけながらヘアケアまでできる優れもの。シャンプーに粘度をプラスしたようなイメージで、シャンプータイプより染まりやすい。

■メリット
・髪内部まで染料を入れないため、頭皮と髪へのダメージが少ない
・トリートメント効果で髪にツヤと潤いを与えてくれる
・ツンとした臭いがしない

■デメリット
・一度では染まらず、色落ちしやすいため、定期的な使用が必要
・頭皮や肌に着色すると落ちにくい

■おすすめな人
髪のダメージが気になる人、ヘアカラーの褪色を防ぎたい人

【市販】マニキュアタイプ

ヘアマニキュアは、染料が髪表面とやや内側に染まり、白髪を自然にカバーしながら髪にツヤと潤いを与えてくれるのが特徴。また薬剤の混合が不要なため、手間が少ない点も嬉しい。

■メリット
・髪のメラニン色素を脱色しないため、ダメージが少ない
・髪にツヤと潤いを与えてくれる
・残りを次に取っておくことができる

■デメリット
・元の髪色は明るくできず、根もとまで染まりにくい
・通常のヘアカラーに移行したい場合、カラーチェンジがしづらい
・地肌に付くと落ちにくい

■おすすめな人
一般的なヘアカラー(ジアミン系)が使えない人、頭髪のダメージを抑えたい人

自分に似合う色味を選ぶ

自分の髪になじむ色を選ぶ

基準は明るさ・色味・彩度・コントラスト

どの色が自分に似合うのか、以下の4つの要素を掛け合わせて決めるのがおすすめ。それぞれの要素を吟味して、イメージ通りの髪色を手に入れよう。

1.明るさ
TPOにもよるが、基本的には「黒目より2トーン明るい色」が似合いやすい色にあたる。明るいほどカジュアルで活発な印象、暗いほど落ち着いた印象になりやすい。

2.色味
アッシュ・マット・グレー・ベージュ・ラベンダーなどの寒色系はクールで落ち着いたイメージを演出。レッド・オレンジ・ピンク・バイオレット・ブラウンなどの暖色系は温かく、柔らかい印象に。

3.彩度
鮮やかなカラーほど活発なイメージに、ブラウンやベージュに近づくほどナチュラルなイメージに仕上がる。

4.コントラスト
ハイライトやローライト、バレイヤージュやグラデーションなど、陰影がつくほど派手な印象になるので、自分のなりたい雰囲気に合わせてコントラストをプラスするか検討しよう。

セルフカラーのポイントとは?美髪キープのコツ

自分に合ったカラータイプを選び、タイプごとの注意点を守ることが失敗しないコツ。特に放置時間は、短いと発色が足りずに染めムラが発生したり、長すぎると頭皮や髪へのダメージを増やすことに。染める頻度は、全体染めは1~2カ月、部分染め(リタッチ)は2週間ほど間隔を空けるのがベター。リタッチをメインにしたほうがダメージを抑えられる。ほかにも、暗くなった髪は再度明るくすることが難しいので、想定よりやや明るめの色を選んでおくと施術後も困らないはず。

白髪染めヘアカラーおすすめ人気ランキングTOP10

白髪が気になったときに、気軽にトライできるのがセルフカラー。白髪染めをキレイに仕上げるためにもハズさない商品を選びたいもの。ここでは、ユーザーアンケートからわかった、人気の白髪染めヘアカラー10選をランキング形式でご紹介。商品の特徴や実際に利用した人の口コミをチェックしよう。

1位

ウエラ

ウエラトーン 2+1 クリームタイプ

1146円~(Amazon)

ミクロ色素処方で深くリッチなカラーが長続き

植物由来の4つのトリートメント成分、輝きエッセンスを配合した白髪染め。ミクロの色素によって毛髪内部が満たされた状態で発色するから、深みのあるリッチなカラーを実現。ツヤのある鮮やかな髪色が6週間続くのも嬉しいポイント。

利用者コメント

「使ったあとにツヤ感がある。特に一緒に入っているトリートメント剤がすごくいい」(あいあい637さん/40代後半)
「しっかり染まるし、髪に優しい感じがするのでよかった。好きなだけ使えてとっておけるのもよい」(tamechinchillaさん/50代前半)

2位

ブローネ

泡カラー

667円~(Amazon)

超浸透泡で染め残しなし!全方位ツヤ色髪へ

超浸透泡が髪の間をすっといきわたり、隠れ白髪を残さずキャッチ。染め残しやすい内側や根もとまでムラなくきれい染まるのが嬉しい。全22色を展開しており、透明感と柔らかさを感じる仕上がりの「透明感シリーズ」もおすすめ。

利用者コメント

「友達にすすめられて使用しました。簡単に染められて、柔らかく仕上がった」(たけちゃんさん/60代前半)
「泡だから液垂れしなくて楽だし、揉みこむので色ムラが気にならなくて色持ちもなかなかいいと思う」(ふーちゃんさん/40代前半)

3位

シエロ

ヘアカラークリーム

968円~(Amazon)

リタッチ利用多数!浸透リッチカラー処方に注目

混ぜる手間なしの簡単ワンプッシュタイプ。浸透リッチカラー処方で染料が毛髪内部に深く浸透し、根もと・生え際がしっかり染まる。ミニブラシ付きだから細かい部分も塗りやすい。サロンとサロンの間も自信あふれる髪へ。

利用者コメント

「生え際の白髪を染めるのに、とっておけるのが便利です」(みこさん/50代後半)
「クリームを専用ブラシにつけて髪をとかすように塗るだけで染められるので、非常に簡単でよい」(和山みち穂さん/50代前半)

4位

ビゲン

香りのヘアカラー クリームタイプ

683円~(Amazon)

心地よい香りに包まれてしっかり白髪染め

髪にぴったり密着するクリームタイプは、生え際までしっかり染まるから部分染めに便利。色あせ低減処方により、日にちが経過しても美しい髪色をキープ。フローラルの心地よい香りで、染めた後も嫌なニオイが残らないのも嬉しい。

利用者コメント

「安くて簡単、手軽に染色できて長持ちです」(takさん/70代前半)
「自宅でまずまず満足のいく染め具合で仕上がります」(さくらもみじさん/50代前半)

5位

シエロ

ムースカラー

979円~(Amazon)

白髪が気になったときのちょい染めに

全体染めもちょい染めもこれ1本。指で押すだけ簡単ワンプッシュの、残りは取っておけて次も使える泡タイプだから、白髪が気になったときにさっと使える。全16色を展開しており、色持ち成分・ツヤ成分・潤い成分配合で美しい髪色に。

利用者コメント

「色持ちは2週間くらい。色なじみがよくて黄色くなりにくい。ニオイもキツくなくてわりと簡単」(みいさん/40代後半)
「2液を混ぜ合わせる手間も時間も節約できて、残りは取り置きできるので便利です」(イクママさん/70代前半)

6位

サロン ド プロ

無香料ヘアカラー 早染めクリーム

546円~(Amazon)

ニオわず、生え際まで美しく染まる

ツンとするニオイがない成分だけで作った白髪染め。浸透クリームが生え際までしっかり染め上げ、独自の色持ち成分配合によりキレイな髪色をキープ。髪をいたわる自然由来トリートメント成分でしなやかな仕上がりに。

利用者コメント

「嫌なニオイがしないので使いやすい。値段のわりに仕上がり・色持ちがいいと思う」(まめみかんさん/40代後半)
「手触りがよく、クリームタイプなので液垂れもしないしニオイがないのでおすすめです」(ちびさん/50代前半)

7位

サイオス

ヘアカラークリーム

486円~(Amazon)

白髪も黒髪もキレイに染まるヘアクリーム

白髪にも黒髪にもしっかり色が入るよう、改良を重ねて作られた、染め上がりの色にこだわりのあるヘアクリーム。毛髪保護成分が髪の内部に染料を閉じ込め、流出を防ぐ。 8種のアミノ酸でなめらかな指通りも実現。

利用者コメント

「お手頃だけど色持ちがよいです。痒みもなかったです」(かおるさん/50代前半)
「使用が簡単で色持ちもいい気がします。髪の傷みも気になりません」(atsukoさん/50代後半)

8位

サロン ド プロ

泡のヘアカラー エクストラリッチ

858円~(Amazon)

毛髪への浸透力抜群。トリートメント配合でツヤも

混ぜる手間なしの簡単ワンプッシュタイプで、毛髪への浸透力を追求した泡が染料を素早く髪の内部へ届けてくれる。ニオイがしない快適な使い心地で、6つの自然由来トリートメント成分が配合されているので、潤いやツヤもプラス!

利用者コメント

「ニオイがツンとせず、泡で簡単に染めることができ、残ってもそのまま使えるところがいいです」(あいち。さん/40代前半)
「毎月使うので安価で嬉しいです。染め上がりはきっちり色が入ってるので安心感がある」(vivaさん/50代後半)

9位

ブローネ

ワンプッシュカラー

746円~(Amazon)

短い白髪までしっかりキャッチ

混ぜる手間がなく、根もとの白髪が染めやすい簡単ワンプッシュタイプの白髪染め。浸透クリームが髪1本1本にいきたわり、ミニブラシで細かい部分までしっかり塗れるので、短い白髪も逃さないところがポイント。

利用者コメント

「くしが付いていて、ワンプッシュでカラー剤が出てくるので使いやすいです」(ptomatoqさん/50代前半)
「周りや手が汚れにくいです。準備と片付けが楽で時間を取らないのも嬉しい」(ありーさん/30代後半)

10位

ブローネ

香りと艶カラークリーム

530円~(Amazon)

毛髪保護成分&潤い成分配合でツヤ髪に

染める際にツンとせず、染めた後も髪への臭い残りが気になりにくいクリームタイプの白髪染め。生え際まで深く染まってツヤやかに仕上がるほか、キューティクルケア成分を配合しているので、指通りなめらかな髪に。

利用者コメント

「嫌なニオイがせず、髪の毛にツヤ感が出るところが気に入っています」(ジエンさん/50代後半)
「ツンとした臭いがせず、染めた後の髪がしっとりするのでおすすめです」(はる22さん/60代前半)

セルフカラーとヘアサロン染めの違い

セルフカラーとヘアサロン染めのメリット・デメリットとは?

セルフカラーのメリット・デメリット

セルフカラーは時間を選ばず、白髪が気になったときにひとりで白染めできる手軽さが魅力。染める時間は約40分、値段は約1000円以下とリーズナブルで、オンラインショップやドラックストアで簡単に購入できる。

ただし、サロンの薬剤とは成分の構成が異なり、髪や頭皮への負担が大きいところに注意。また、新たに生えてくる髪と染めてある髪では色が異なるので、部分ごとにカラー剤の塗り分けを行う必要があるものの、セルフでは難しく、全体で見たときの髪色の差が生まれやすい。根もとが1cm伸びたときに色の違いが目立ちやすいところも難点。

ヘアサロン染めのメリット・デメリット

ヘアサロンでの白髪染めは、プロが髪の状態を見極めて薬剤を調合し、根もと・中間・毛先に分けて染めるため、色ムラなく均一に仕上がるのが最大の魅力。セルフカラーと比較した場合、方法によってはカラーによる髪ダメージを70%までカットできる。

また、理想の仕上がりに合わせて、白髪染め、おしゃれ染め、ヘナカラーなどから選べるほか、色味が豊富で、白髪ぼかしハイライトで白髪染めの頻度を減らしたりと、さまざまなテクニックもプラスできる。

ただし、仕上がりはスタイリストの腕やカウンセリング時のコミュニケーションによって大きく差が出るので、ランキングや口コミをチェックして確かなスタイリストを見極めよう。施術前にこれまでのカラー歴や髪の悩みなどをしっかりと伝えておくことも大切。

ヘアサロンでの白髪染め方法

白髪染め・グレイカラー

ヘアサロンでの白髪染めは、ムラなく均一な色に染めることができ、色持ちよくしっかり白髪カバーできる。スタイリストの技量によって仕上がりに差が出にくいところも嬉しい。ただし、白髪が次に生えてきたときはやや目立ちやすい。

口コミPICKUP

「カラーの色落ちがなく、2週間近く経ってもいい感じです」(やぎちゃんさん/50代後半)
「ライフスタイルやファッションに合わせて素敵なカラーに仕上げてくれます。白髪染めでもおしゃれができることを証明してくれます」(いちごさん/40代前半)

おすすめプラン

賢くお得に!白髪染め回数券プラン

大人男性必見!メンズの白髪染めプラン

ヘナカラー

天然成分を主とするヘナカラーは髪にやさしく、ダメージが気になる人におすすめ。トリートメント効果もあり、回数を重ねていくごとにハリ・コシが出る一方、油分がないため、髪の手触りがやや悪くなる場合も。また、色の種類が少ない。

口コミPICKUP

「作業中は刺激臭も痛みもなく快適でした。仕上がりは髪のしっとり感や輝きに満足です」(kiriさん/60代前半)
「染め上がりの発色がとてもキレイでテンションが上がりました」(レミーさん/50代後半)

おすすめプラン

おしゃれ染めで白髪ぼかし

おしゃれ染めは色や明るさの幅が広く、カラー剤をうまくミックスすれば白髪も染まる。黒髪と白髪を同じ色には染められないが、白髪が伸びてきても目立ちにくい仕上がりに。豊富な知識と技術力のあるスタイリストにおまかせしよう。

口コミPICKUP

「色味やスタイリングを今っぽい感じに仕上げていただきよかったです」(nekoさん/40代前半)
「髪が傷まないようにいつもいろいろなデザインカラーを提案してもらっています」(キャラメッラさん/50前半)

おすすめプラン

白髪ぼかしハイライト

ブリーチで細かくハイライトを入れ、周囲を白髪染めやおしゃれ染めで白髪をなじませるテクニック。白髪が伸びてきても目立ちにくいため、通常の白髪染めよりメンテナンス頻度が少なくなる。一方コストと時間は通常のカラーよりもかかり、スタイリストの腕によって違いが出やすい。

口コミPICKUP

「しばらく経っても派手すぎず、全体も明るく見えて満足です」(さきさん・30代後半)
「白髪ぼかしハイライトをしてみたいと思い伺いました。まだハイライトとの差がわかりづらいですが、色が抜けていく過程を楽しみたいと思います」(あこさん・30代後半)

おすすめプラン

白髪染めプラン予約数ランキングTOP10

ランキング更新日:2024/06/17

白髪染めが得意なサロンを探す方法

白髪染めで失敗したくない人が実施すべき流れをまとめました!

白髪染め施術数No.1のサロンを選ぼう

まずは白髪染めの予約数が多いヘアサロンを探してみよう。施術数No.1の「KOZO w AVEDA 松屋銀座店(銀座)」は、AVEDA製品を使用した髪と頭皮に優しいメニューが豊富。
白髪染めの予約数が多いサロンを探す>

スタイリストの得意な施術をチェック

スタイリスト詳細ページを確認して、白髪染めが得意なスタイリストを指名しよう。指名予約数No.1の「oak(銀座一丁目)」平田さんは、技術力の高さと人柄のよさで口コミ絶賛。
白髪染めの指名数が多い美容師を探す>

ユーザーの口コミも参考にしよう

白髪染めで口コミ評価の高いサロンは「MUEbelle(恵比寿)」。ゲストの希望に合わせて薬液を選ぶオーダーメイド施術で、オイルが主成分でダメージレスなイノアカラーの用意も。
白髪染めの口コミ評価が高いサロンを探す>

お得なメンテナンスプランもチェック

白髪染めは定期的なメンテナンスが大切。リタッチカラーなどのメンテナンスプランもチェックしておこう。
リタッチカラープランを見る>

  • LINEで送る
※記事は2023年10月16日(月)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP