【東京】ブライダルネイルデザイン2021

【東京】ブライダルネイルデザイン2021

パールやビジューがきらめくブライダルネイルから、可憐な手もとを演出する流行のウェディングネイルまで、花嫁に人気のネイルが集結。ドレスはもちろん白無垢にも似合うデザインは必見。一生に一度の大切な結婚式は、指先まで美しく。

更新日:2021/04/01

CONTENTS

CONTENTS

流行のブライダルネイル

クリアとホワイトでまとめたナチュラルなネイル。ゴールドのシェルやホログラデーションをプラスするとグッと華やかな雰囲気に。

今年再びトレンドになっているフレンチネイル。シンプルなブライダルネイルは、輝くシルバーのラメラインとホログラムで差をつけて。

流行のくすみカラーを取りいれた清楚なワンカラーネイル。マーブルのニュアンスネイルと、きらりと光る金箔でアクセントをプラス。

ブライダルネイル
イメージランキングTOP3

salon de LUCULIA 銀座店(銀座一丁目)

シンプルネイル

シンプルなブライダルネイルも繊細にきらめくビジューやパール、ホログラムをあしらえば、可憐な雰囲気に。肌なじみのよい色でまとめると、カラードレスやウエディングドレスはもちろん、和装にも合わせやすくなるので、お色直しを考えている花嫁にもおすすめ。

Atelier by Ruche 銀座(銀座一丁目)

上品ネイル

女性らしいやわらかな雰囲気を演出する手描きのフラワーアートや、クリスタルのストーンをポイントにすることで結婚式にふさわしい上品なブライダルネイルに。ドレスのデザインやブーケの色、式場の雰囲気などに合わせてアートをセレクトして。

private nail MANICODE(渋谷)

おしゃれネイル

大切な1日だからこそ、手もとまでおしゃれなブライダルネイルで可憐に仕上げたいもの。ひと際目を引く大きなストーンやブーケに取り入れる花束をイメージした3Dのフラワーモチーフをはじめ、普段とはひと味違った豪華なアートで華やかな指先をめざそう。

みんなの疑問にお答え
ブライダルネイルQ&A

ブライダルネイルを機に初めてネイルサロンへ行こうか迷っています

指輪の交換など、いつもより手もとに視線が集まる結婚式。一生写真に残るものだから、「イメージと違った」ということにならないように、プロのネイリストにお任せするのがおすすめ。予算は5000円~10000円前後がスタンダード。

結婚式の前撮りでもネイルをするべき?おすすめのブライダルネイルは?

前撮りではブーケを抱えたり、結婚指輪をつけた手もとをアップで撮影するシーンも多いので、ネイルをするのが一般的。主役になるドレスや指輪より派手にならないように、肌なじみのいいナチュラルカラーで品のあるデザインのアートに仕上げるのが定番。

ブライダルネイルはいつから予約するのが正解ですか?

ブライダルネイルは爪が伸びることを考慮し、結婚式の3~6日前に施術するのがおすすめ。シンプルなデザインの中に華やかなパールやビジュー、フラワーをさりげなく取り入れる人が多い。

和装に似合うブライダルネイルデザインって?

白無垢・色打掛・黒引き振袖でそれぞれ似合うネイルが異なるのが特徴。白無垢のネイルはフレンチやワンカラーなど、上品でシンプルなデザインがぴったり。色打掛・黒引き振袖の場合は、着物の色と同系色のカラーをネイルにも取り入れると、全体的に統一感のある印象になるのでおすすめ。

ブライダルネイルの流行はどんな傾向がありますか?

ブライダルネイルといえば、3Dのバラや普段できないようなゴージャスなデザインというイメージもあるけれど、最近のトレンドはシンプルなデザイン。結婚しても仕事を続ける女性が増えた近年は、式の後日そのままの手もとで職場に行けるデザインも人気だそう。

ブライダルネイルをセルフで行うメリット・デメリットは?

忙しくてサロンへ行く時間がないときにぴったりのセルフネイル。マニキュアは2000円前後とリーズナブルな価格で済み、スケジュール調整がしやすい点が魅力だけれど、長持ちしないので当日になってとれてしまったり、イメージ通りにいかないこともあるので注意が必要。

  • LINEで送る
※記事は2021年4月1日(木)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP