三条大橋(さんじょうおおはし)
京都観光TOP

三条大橋(さんじょうおおはし)の見どころ、口コミ、アクセス情報

更新日:2022/05/30

三条駅から徒歩ですぐにある三条大橋は、かつては東海道五十三次の西の起点であった。西橋詰めにある「東海道中膝栗毛」の主人公、弥次郎兵衛と喜多八の像や、創建当時の様子を伝える「擬宝珠(ぎぼし)」は見どころ。夏に見られる川床の景色も素晴らしい。

三条大橋とは?見どころは?

歴史ロマンを秘めた橋

三条大橋の全長は約74m。橋の架けられた年代については明らかでなく、室町時代前期には鴨川に架けられたと推定されている。
かつては東海道五十三次の西の起点とされ、その様子は、歌川広重の「浮世絵」や東海道五十三次の「三条大橋」にも描かれている。

創建当時の様子を示す銘文と池田屋騒動の際の刀傷が残る擬宝珠(ぎぼし)や、西詰めに立つ、十返舎一九の代表作「東海道中膝栗毛」の主人公・弥次郎兵衛と喜多八の像など、歴史的な風景を体感できる見どころも。

橋上からは比叡山、北山、東山などの山並みを見ることができるが、特に夏場に広がる川床の景色は必見。鴨川沿いにずらりと並ぶ川床を見ることができフォトジェニック。
また、橋のたもとにあるスターバックスで川床を体験してみるのもおすすめ。

三条大橋(さんじょうおおはし)の読者口コミ

みんなの評価
21人の評価分布
非常に満足 ★★★★★★★★ 8人
満足    ★★★★★★★★★★ 10人
普通    ★★ 2人
やや不満  ★ 1人
不満    0人
メルセデスさんの口コミ
男性/70代/恋人・配偶者
京都観光では絶対外せない有名スポット。フォトジェニック的には川の左岸方向から三条大橋全景を撮るのがべただがやはり一番いいのではないかと個人的に思う。

行った時期:2012年5月 平日・早朝
混雑状況:空いていた
滞在時間:1時間未満
りこさんの口コミ
女性/40代/子供・家族
鴨川に石の飛び石があり、いい感じで離れておいてあるので、渡るときにとてもスリリングで楽しいです。犬連れの方は鴨川の両サイドで散歩するのも良さそうです。

行った時期:2018年11月 平日・夕方
混雑状況:やや空いていた
滞在時間:1~2時間
ペコちゃんさんの口コミ
女性/60代/恋人・配偶者
三条大橋のスターバックスが季節柄鴨川に床を出していたのでその席に座った。鴨川のそばで寛ぎながらコーヒーを飲み、ケーキを食べるのは最高でした。

行った時期:2016年7月 平日・昼
混雑状況:普通
滞在時間:1~2時間
季節の見どころ
桜の名所、納涼床・川床

三条大橋の基本情報

スポット名
三条大橋(さんじょうおおはし)
住所
京都市中京区橋下町
営業時間
通行自由
料金
通行自由
最寄り駅
三条駅
交通アクセス
京阪本線「三条」駅下車
※記事は2022年5月30日(月)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります