三重県のアンテナショップ「三重テラス」(日本橋)

三重県のアンテナショップ「三重テラス」(日本橋)

地方のアンテナショップを巡って東京で旅気分! 「三重テラス」は、東京の日本橋にある三重県のアンテナショップ。食、風土、歴史、伝統、文化など、三重県の多彩な魅力を伝える商品が並び、贈り物にも最適なアイテムもいろいろ。県産の旬の食材を活かした料理が味わえるレストランも要チェック!

更新日:2021/09/05

アンテナショップのスタッフに聞く、「三重テラス」のここがスゴイ

三重県の海、山、里のおいしいものをすべて網羅!

alt
写真上/スタッフの錢陶緯さん 写真左下/アコヤ真珠と貝でできたピンブローチ4950円。襟元などに2、3個並べてつけてもかわいい 写真右下/山村牛乳や大内山牛乳など、三重県民が愛するブランド牛乳の種類も豊富

海や山の幸に恵まれた三重県の産品、約1300点を扱い、イタリアンレストラン、イベントスペースも備える「三重テラス」。
「三重を代表する名産品の松阪牛をはじめ、新鮮な魚を使った干物や、伊勢うどん、伊勢茶、みかんなどの柑橘類、地ビールなど、三重のおいしいものをバラエティ豊富に取り揃えています。真珠と貝をかたどったかわいらしい洋菓子や、県産の食材を活かした和菓子など、三重らしさが伝わるお菓子類もおすすめです。また、全国的に名高いアコヤ真珠のアクセサリーや、伝統工芸品の『伊勢木綿』生地を使った商品も。普段使いや、贈り物にもぴったりなアイテムが見つかりますよ。

毎週金・日曜日には産直野菜の入荷もありますし、毎週金曜日に入荷する数量限定のお餅もおすすめです。レストランでは14:30~17:00のカフェタイム限定で、伊勢うどんを500円で提供しています。ぜひ味わってみてください」(スタッフの錢陶緯さん)

アンテナショップに行くべき3つの魅力

alt
予約が必要な「黒トリュフ香る松阪牛のローストビーフ丼」(2800円)は1日15食限定。伊勢あおさ、伊賀ぶっかけ生姜、伊勢たくあんはいずれもショップで購入可能

【1】人気の松阪牛を丼で気軽に味わえる

レストランでは、四季折々の県産食材を活かしたメニューが季節感を伝える。ランチのイチオシは、三重グルメを代表する松阪牛を堪能できるローストビーフ丼。松阪牛のモモ肉をハーブでマリネしてからじっくりとローストしてあり、柔らかな食感と肉のうまみが際立つ。贅沢にトッピングされた黒トリュフの上品な香りと相性◎。伊勢赤どり出汁と薬味が添えられ、出汁茶漬けにしても楽しめる。

alt
左/煎茶、深蒸し煎茶、かぶせ茶など、味わいもパッケージもそれぞれ個性豊か 右/1人分のお茶を淹れられる萬古焼のかわいい茶器「ひとしずく」。急須と碗のセットで4180円

【2】香りとうまみが凝縮された伊勢茶が手に入る

三重県はお茶の栽培面積・生産量ともに全国3位。三重テラスでも茶葉のコーナーが充実し、「伊勢茶」と総称される県産品がずらりと並ぶ。なかでも評判が高いのが、日光をさえぎって栽培される緑茶「かぶせ茶」。光が制限されることで茶葉の緑色が濃くなり、渋みが抑えられうまみたっぷりの味わいに。三重県の窯元が手がける茶器もあるので合わせてどうぞ。

alt
まるよしの「松阪牛 しぐれ煮」(1080円) ライブキッチンの「牛肉屋のでかすぎる松阪牛カレー」(2160円) まるよしの「松阪牛牛脂」(400円)

【3】松阪牛を使った珍しい加工食品も勢揃い

松阪牛を自宅で手軽に味わえるアイテムも見逃せない。人気の松阪肉ローストビーフのほかにも、松阪牛のビーフカレーやビーフシチュー、しぐれ煮、肉みそ、牛すじ煮込みなどの加工食品がいろいろ。松阪市で1961年創業のまるよしのしぐれ煮は、こだわりの伝統製法で仕上げたという、甘辛さの中にショウガの風味がきいた逸品。ごはんにのせるのもいいけれど、おにぎりの具にするのもおすすめ。松阪牛の牛脂は香りと甘みがあり、炒めものなどに使えばワンランク上の味わいに。

人気ランキング

三重県のアンテナショップ「三重テラス」の物販コーナーの売れ筋商品ベスト3をピックアップしてご紹介!

alt
1
ブランカの「シェル・レーヌ」

地元で愛される洋菓子店「ブランカ」で人気の焼き菓子。天然パールシェルパウダー入りの生地を香ばしく焼き上げ、表面はサクッ、中はしっとり。「シェル・レーヌ」(172円)

2
みなみ製麺の「伊勢うどん チルド」

濃厚なタレでいただく太めのうどんは、県民のソウルフード。最高級小麦を使った伊勢うどんは生ゆで麺。ふっくらモチモチ食感がクセになる。「伊勢うどん チルド」(141円)

3
なが餅笹井屋の「なが餅」

平たく伸ばして表面を香ばしく焼いたなが餅は、創業1550年の老舗が一筋につくり続けてきた品。中の餡は上品な甘さで柔らかいお餅と相性抜群。「なが餅」(7個入り700円)

東京に住む地元民のご指名NO.1、ご当地LOVEグルメ

【三重県・伊賀地方】かた焼き

alt
鎌田製菓の「かたやき」432円、専用の木槌が付いた伊賀菓庵山本の「かた焼き ごま」816円

その昔、伊賀忍者の携帯食だったと伝わる伊賀地方の名物菓子で、「日本一かたいせんべい」としてテレビや雑誌で取り上げられることも多い。ゴマや青のりが入っていて栄養価が高く、飽きのこない素朴な甘さと香ばしさが魅力。食べやすく割るための木槌がセットされている商品もあり、お土産にすれば話題性抜群。

alt

SHOP DATA_三重テラス(日本橋)

TEL.03-5542-1033(ショップ) 03-5542-1030(レストラン)
住所/東京都中央区日本橋室町2-4-1浮世小路千疋屋ビル「YUITO ANNEX」1・2F
営業時間/ショップ10:00~20:00 レストラン11:00~23:00(フード22:00LO、ドリンク22:30LO)
定休日/無休(年末年始を除く)
アクセス/東京メトロ銀座線ほか「三越前駅」A9よりすぐ

三重県ってどんなところ?

三重県は海岸線の長さが約1000 kmにも及び、北勢、伊賀、中勢、南勢、東紀州の5つの地域それぞれに特有の文化や風習が根付いている。お伊勢参りで有名な「伊勢神宮」をはじめ、世界遺産に登録された「熊野古道」、F1が開催される「鈴鹿サーキット」、忍者発祥の地と言われる「伊賀上野」など、魅力的な観光スポットの宝庫。グルメでは、伊勢志摩の伊勢海老や、桑名のハマグリといった海の幸が有名。高級和牛として全国に名をはせる松阪牛も本場で堪能したい。

WEB予約OK! OZのレストラン予約

三越駅前すぐにある「三重テラス」でいただけるのは、松阪牛をはじめ、伊勢海老や伊勢赤どりなど、三重県の贅沢な食材を使ったイタリアン。料理には、ワインもいいけど日本酒をマリアージュさせるのがおすすめ!

PHOTO/AYUMI OSAKI TEXT/AYA ITO

  • LINEで送る
※記事は2021年9月5日(日)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP