いちびこ太子堂店
東京のおいしい、いちごのショートケーキ

見た目も味わいもピカイチ!ミガキイチゴのおいしさを楽しむ西太子堂「いちびこ太子堂店」【ショートケーキ図鑑】

更新日:2021/12/03

今年もいちごがおいしい季節がやってきた! そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、華やかな見た目も楽しませてくれるデザートといえば「いちごのショートケーキ」。今回は西太子堂にある「いちびこ太子堂店」をご紹介。芯まで真っ赤なミガキイチゴが並んだ断面が美しいショートケーキは、誰もが大好きなおいしさ。甘酸っぱいミガキイチゴが主役のスイーツを楽しんで。

いちびこ太子堂店のショートケーキの魅力1

自社農場から直送される、フレッシュなミガキイチゴを使ったスイーツ

「いちびこ」は第1号店の太子堂店をはじめ、都内を中心に店舗を広げるいちごスイーツの専門店。こちらで主に使用するのは、“食べる宝石”をコンセプトに生産されたブランドいちご「ミガキイチゴ」。産地や製法を限定し、徹底した管理のもとに生産された複数品種のいちごの統一ブランドで、いちごにとって最も良い環境で育てられ、完熟したものだけを摘み取り、産地からお店に直送されるという。そんなミガキイチゴはジューシーで香りがよく、甘さと酸味のバランスが絶妙。生はもちろん、加工してもおいしいのも魅力。

おなじみのショートケーキをはじめ、プリンや太子堂店限定のマスカルポーネロール、焼菓子類も揃っているので、いろいろ食べ比べながらいちごの新しいおいしさを発見して。

いちびこ太子堂店のショートケーキの魅力2

芯まで真っ赤なミガキイチゴが並んだ姿がキュートなショートケーキ

フレッシュなミガキイチゴを丸ごと、縦に並べた「いちごのショートケーキ」は、そのなんとも愛らしい断面に釘付け! しっかりとボリュームがあるけれど、ふんわり焼き上げたきめ細かなスポンジ、とろけるような生クリームは甘さ控えめで、軽いのが嬉しい。ミガキイチゴのフレッシュな甘酸っぱさをとことん堪能しよう。

いちごのショートケーキ

価格:テイクアウト 702円
イートイン 715円
発売期間:12/1~

ほかにもある、「いちびこ太子堂店」の人気スイーツをチェック

いちびこ太子堂店のショートケーキの魅力3

太子堂店限定!ショートケーキをボトルに詰めた「ミガキイチゴのギフトbottle」

「ミガキイチゴのギフトbottle」はその名の通り、ミガキイチゴをふんだんに使ったボトル入りのケーキ。
見た目にも華やかで、持ち運びの形崩れが心配なときにもぴったり。
ショートケーキとチョコレートケーキ、2種類セットで贈りたい。

ミガキイチゴのギフトbottle(太子堂店限定)
左 チョコレートケーキ
右 ショートケーキ

価格:テイクアウト各880円、イートイン各864円
発売期間:12/1~

オンラインショップで買える、人気いちごドリンクも

ICHIBIKOいちごミルクのもとキット(ICHIBIKOボトル付き)

自分好みの「いちびこミルク」を作れる!おうちで楽しめるキット

カフェで人気No.1の「いちびこミルク」をおうちで楽しめるキット。ごろっとしたいちご果肉入りの特製「いちごミルクのもと」に牛乳を混ぜるだけで、手軽においしいいちごミルクが完成。1本で瓶4回分も楽しめるので、牛乳の代わりに豆乳やアーモンドミルクを入れたり、いちごラッシーやチャイを作ったりするのも良さそう。うさぎロゴのいちびこミルク瓶付き。

ICHIBIKOいちごミルクのもとキット

価格:1836円
セット内容
・ICHIBIKOいちごミルクのもと 1本(325g)
・いちびこミルク瓶 1本
・極太ストロー(使い捨て) 4本
・マドラー(使い捨て) 4本
オンラインショップはこちら

いちびこ太子堂店

SHOP DATA

宮城県山元町で誕生した、複数品種のいちごを厳選した統一ブランド“ミガキイチゴ”のスイーツ専門店の1号店。五感をフルに使っていちごを楽しむことをコンセプトに、いちご本来のおいしさが楽しめるさまざまなメニューを考案。太子堂店のほか、三軒茶屋や南町田グランベリーパークなど都内や宮城県を中心に展開中。

スポット名
いちびこ太子堂店
電話番号
0364508750 0364508750
住所
東京都世田谷区太子堂5-8-3 Map
営業時間
平日11:00~19:00、土日祝 11:00~18:00
定休日
不定休
交通アクセス
東急世田谷線「西太子堂駅」よりすぐ、東急田園都市線「三軒茶屋駅」より徒歩10分
イートイン
・混雑時は会計後、席が空き次第ご案内。
・待ち時間:土・日・祝日は30分程度。平日はほぼ並ばずにご案内できます
・混雑時間:14:00~16:00
ホームページ
いちびこの公式HPを見る

【特集】私の“推しいちご”を探しに。最新いちご案内2022

【特集】私の“推しいちご”を探しに。最新いちご案内2022

あなたが好きなのは、いちごがてんこ盛りのパフェ? ホテルのこだわりがつまったいちごアフタヌーンティー? それとも、いちごのすべてを愛する究極ラバー? あと少しの我慢が続く日々だけれど、かわいくておいしいいちごは、今シーズンもキラキラと輝いている。あなたが好きな“推しいちご”を探して、愛して、ハントして。ご褒美にたっぷりいただこう。

PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/MINORI KASAI、KANA SAWADA

※記事は2021年12月3日(金)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります