イチゴ・いちご特集2021

【いちご大福】いちごを丸ごと2つ包んだ「果匠 正庵」の贅沢いちご大福

更新日:2021/02/11

甘酸っぱくてころんとしたフォルムがかわいい「いちご」は、乙女心くすぐる魅惑のフルーツ。そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、見た目でも楽しませてくれる和スイーツといえば「いちご大福」。今回は、「果匠 正庵」のいちごを2個包んだ個性的ないちご大福をご紹介。おいしいお茶と一緒に召し上がれ。

どこから食べてもいちご!いちごを丸ごと2個包んだ贅沢な大福

どこから食べてもいちご!いちごを丸ごと2個包んだ贅沢な大福

広尾の「果匠 正庵」には、北海道産小豆をザラメで炊くあんをはじめ、丁寧に選んだ食材を使って作る和菓子がずらり。いつでもおいしい和菓子を楽しんでもらえるよう、季節に合わせてお餅の固さやあんの甘みを微調整するなど、さまざまな工夫が。

いちごのシーズンにだけ登場する「いちご大福」は、やや小ぶりのいちごを丸ごと2個使うのが最大のポイント。どこから食べてもお餅とあん、いちごを一緒に味わえるのが嬉しい。いちごは、甘みと酸味のバランスのいい、とちおとめを使うことが多いのだそう。

果匠 正庵

商品名:いちご大福
価格:388円
※いちごの価格によって変動することも
販売期間:12月頃~4月頃まで

こちらもチェック!おうち時間やおやつタイムが楽しくなるいちご大福8選

いちご好きの編集部が、テイクアウトして味わいたいおすすめの大福を厳選して8つご紹介。老舗和菓子店のいちごがちょこんと顔を出しているような愛らしい大福やフルーツ大福専門店の季節限定大福など、ビジュアルにもときめく名品がずらり。ぜひ参考にしてみて。

【特集】麗しのいちごスイーツに会いに。最新いちご案内2021

【特集】麗しのいちごスイーツに会いに。最新いちご案内2021

甘酸っぱくてころんとしたフォルムがかわいい「いちご」は、乙女心くすぐる魅惑のフルーツ。旬のこの時期にしか味わえないいちごパフェやいちご大福、Withコロナ時代の新スタイルブッフェなど、外でもおうちでも食べて満たされるいちごスイーツ情報をまとめてお届け!そのほか、いちご狩り情報や注目のいちご新品種もご案内。

※記載している金額は消費税込みの金額となります。
PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/MINORI KASAI

※記事は2021年2月11日(木)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります