【いちごサンド8選】断面美にうっとり。おうちでも楽しめる、テイクアウトOKないちご&フルーツサンドイッチ
イチゴ・いちご特集2022

【いちごサンド8選】断面美にうっとり。おうちでも楽しめる、テイクアウトOKないちご&フルーツサンドイッチ

更新日:2022/01/31

甘酸っぱくてころんとしたフォルムがかわいい「いちご」は、乙女心くすぐる魅惑のフルーツ。そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、見た目でも楽しませてくれるスイーツといえば「いちごサンド」。お出かけが気軽にできない今こそ味わいたい、テイクアウトOKな絶品フルーツサンドをピックアップ。おうち時間のおともにどうぞ。

端正なルックスにうっとり。100年以上愛されるフルーツサンドイッチ

「日本橋 千疋屋総本店」は、江戸時代後期に日本で初めて誕生した果物専門店。しっとりとしたパンに、ホイップクリームと、スライスしたいちごとキウイフルーツ、パイナップル、パパイヤをサンドした「フルーツサンドイッチ」は、明治時代から愛され続けるハイカラメニュー。上品な甘さの中に際立つフルーツのみずみずしいおいしさや食感を楽しんで。

日本橋 千疋屋総本店

商品名:フルーツサンドイッチ
価格:1242円(テイクアウト)
提供期間:通年
※入荷状況によってはいちごが入ってない時期もございますので来店前に店舗にご確認ください

■店舗情報
住所:東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー1階(日本橋総本店)
アクセス:東京メトロ銀座線「三越前駅」よりすぐ
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休
TEL:03-3241-0877

生クリームとカスタード、2種類のクリームがいちごを引き立てる

JR東京駅構内1F改札内の商業施設・グランスタ東京内にある「Be! FRUITS SANDWICH」は、八百屋が目利きで選んだフルーツサンドの専門店。一年を通して人気が高い「まるごといちごサンド」には、その時期に最もおいしく、サンドイッチに合ういちごを厳選。コクがあり口どけのよい練乳入り生クリームと、カスタードクリームがいちごのみずみずしい甘酸っぱさと相性抜群。

Be! FRUITS SANDWICH

商品名:まるごといちごサンド
価格:680円
提供期間:通年

■店舗情報
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内1F 改札内
アクセス:JR東京駅構内
営業時間:月~土、祝日8:00~22:00、日、連休最終日の祝日8:00~21:00
定休日:なし
TEL:03-6275-6102

おいしさの秘密は、コクのある練乳入りクリーム

「いちびこ(ICHIBIKO)」は、“食べる宝石”をコンセプトに生産されたブランドいちごのミガキイチゴなど、完熟いちごを使ったいちごスイーツの専門店。「いちごサンド」は太子堂店の限定メニュー。耳までおいしいふわふわ食パンに練乳入り生クリームを塗ったら、農園から直送される採れたてのいちごをサンド。

いちびこ

商品名:いちごサンド
価格:テイクアウト702円、イートイン715円
提供期間:12/1~
提供店舗:太子堂店

■店舗情報
住所:東京都世田谷区太子堂5-8-3
アクセス:東急世田谷線「西太子堂駅」よりすぐ
営業時間:平日11:00~19:00、土日祝11:00~18:00
定休日:なし
TEL:03-6450-8750

旬のいちごの甘酸っぱいおいしさを、シンプルに味わうならこちら

四季折々のフルーツを使ったデザートで訪れる人を楽しませてくれる「ホットケーキパーラー Fru-Full」。世田谷・梅が丘店では、例年11~4月末頃まで、いちごだけを使ったサンドイッチが登場する。契約農家から届けられるといういちごは、大粒で甘みが濃厚な紅ほっぺやあまおうを中心に使用。ごく少量のブランデーとリキュールを加えるという生クリームを合わせ、シンプルに仕上げる。

ホットケーキパーラー Fru-Full梅が丘店

商品名:イチゴのフルーツサンド
価格:900円
提供期間:11~4月頃までの予定

■店舗情報
住所:東京都世田谷区松原6-1-11
アクセス:小田急線「梅が丘駅」より徒歩3分
営業時間:平日11:00~19:00(L.O.18:30)、土日祝10:30~18:30(L.O.18:00)
定休日:水曜ほか月に2回ほど不定休あり
TEL:03-6379-2628

表面からは見えないパンの裏側まで、いちごがたっぷり詰まってる!

「INITIAL Omotesando」は、札幌に本店を持つ“シメパフェ”専門店。こちらで密かに人気を集めているのが、いちごのサンドイッチ。パンはお隣にある「The Little BAKERY Tokyo」の北海道ブリオッシュを使用。冬は“あまおう”、夏は北海道でしか流通しない“なつみずき”など、品種を変えて一年中楽しめるよう工夫している。

INITIAL Omotesando

商品名:あまおう
価格:イートイン968円、テイクアウト951円
提供期間:11月~5月末頃まで
※上記以外の時期もいちごサンドは販売

■店舗情報
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-7
アクセス:東京メトロ千代田線「明治神宮前」駅より徒歩4分
営業時間:平日 12:00~21:00(20:30L.O.)、土日祝 11:00~21:00(20:30L.O.)
定休日:なし
TEL:03-6803-8979

いちごもクリームもぎっしり詰まったリッチなサンド

有楽町イトシアにあるフルーツサンドとジュースの専門店「GINZA FRUIT BOON by Utsuwa」。定番の「ストロベリーサンド」には、程よい甘さのマスカルポーネ入り生クリームを使用。ずっしりと重みがあるけれど、思わずぺろりと平らげてしまうはず。使用するいちごは、とちおとめやあまおう、スカイベリーなど季節ごとに変わるという。

GINZA FRUIT BOON by Utsuwa

商品名:ストロベリーサンド
価格:792円
提供期間:通年

■店舗情報
住所:東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア B1F
アクセス:JR、東京メトロ各線「有楽町駅」よりすぐ
営業時間:11:00~21:00
定休日:有楽町イトシアに準ずる
TEL:080-4056-903

左/とちあいか、中央/とちおとめ、右/あまおう

バリエーション豊富ないちごサンドに目移り

代官山と二子玉川にお店を構える「代官山青果店」は、オリジナルのフルーツサンドやデザートも力を入れていて、専属のパティシエが一つひとつのフルーツを主役にレシピを考案しているそう。サンドイッチに使うパンは「SHIBUichi BAKERY(渋いち ベーカリー)」に特注しているもの。生クリームとマスカルポーネを合わせたクリームには甜菜糖を使い、コクのある味わいに仕上げている。

代官山青果店

商品名:いちごサンド
価格:とちあいか、とちおとめ各798円~、あまおう898円~(品種や季節等によって価格は変動)
提供期間:いちごがおいしい季節限定

■店舗情報
住所:東京都渋谷区代官山町12-18
アクセス:東急東横線「代官山駅」より徒歩4分
営業時間:平日 11:30~19:30、土祝日 12:00~18:00
定休日:日曜
TEL:03-5860-6736

左/とちおとめ、中央/あまおう、右/やよいひめ

どこから食べてもフルーツ!のゴロゴロ感が嬉しい

恵比寿神社の目の前にある「fruits and season」は、ありそうでなかったヴィーガンフルーツサンド専門店。使用するのは、愛知県岡崎市の「ダイワスーパー」のフルーツ。しっとりとした食感の豆乳パン、やさしい甘さの豆乳クリームはオリジナル。口当たりが生クリームよりも軽やかで、どこから頬張ってもフルーツとパン、クリームが一緒に味わえるよう、フルーツがどっさり入っているのが魅力。

fruits and season

商品名:いちごサンド
価格:とちおとめ972円〜、あまおう992円〜、やよいひめ972円〜
提供期間:いちごがおいしい季節限定
※ 時期や仕入状況などによって値段が変動することも

■店舗情報
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-10-1クリーンパレス 1F
アクセス:JR、東京メトロ各線「恵比寿駅」より徒歩5分
営業時間:10:00~20:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌休)
TEL:なし(問い合わせは公式HPから)

【特集】麗しのいちごスイーツに会いに。最新いちご案内2022

【特集】麗しのいちごスイーツに会いに。最新いちご案内2022

あなたが好きなのは、いちごがてんこ盛りのパフェ? ホテルのこだわりがつまったいちごアフタヌーンティー? それとも、いちごのすべてを愛する究極ラバー? あと少しの我慢が続く日々だけれど、かわいくておいしいいちごは、今シーズンもキラキラと輝いている。あなたが好きな“推しいちご”を探して、愛して、ハントして。ご褒美にたっぷりいただこう。

PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/MINORI KASAI

※記事は2022年1月31日(月)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります