イチゴ・いちご特集2022

【いちご大福2022】上品な白あんとふわふわの求肥がいちごを引き立てる「あか」のいちご大福

更新日:2022/01/31

甘酸っぱくてころんとしたフォルムがかわいい「いちご」は、乙女心くすぐる魅惑のフルーツ。そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、見た目でも楽しませてくれる和スイーツといえば「いちご大福」。今回は、学芸大学「あか」をご紹介。1年を通してさまざまな品種のいちご大福が味わえるのが嬉しい。

季節ごとに登場する、さまざまな品種のいちごを食べ比べ
写真は「きらぴ香」のいちご大福

季節ごとに登場する、さまざまな品種のいちごを食べ比べ

2021年にオープンした「あか」は1年中、いちご大福が味わえるいちご大福の専門店。使用するいちごはすべて、全国各地の産地から直送されるもの。店頭には「女峰」や「きらぴ香」「桃薫」など、常時2~4品種のいちご大福が並ぶ。

滋賀県産の羽二重餅粉でつくる求肥はごく薄く、とろけるようになめらか。北海道産の大福豆(おおふくまめ)を炊いた上品な白餡がいちごのみずみずしい甘さを際立たせ、何個でも食べられそう。

いちごのベストシーズンというと冬から春にかけてというイメージがあるけれど、「すずあかね」「ペチカエバー」など夏や秋にもおいしい品種もあるのだそう。ぜひその季節にしか味わえないいちごの食べ比べを楽しんで。

あか

商品名:いちご大福
価格:きらぴ香390円(品種によって異なる)
提供期間:品種を変えて通年発売

■店舗情報
住所:東京都目黒区中央町1-1-3
アクセス:東急東横線「学芸大学駅」より徒歩11分
営業時間:11:00~売り切れ次第終了
定休日:月曜
TEL:03-5724-3182

こちらもチェック!おうち時間やおやつタイムが楽しくなるいちご大福9選

いちご好きの編集部が、テイクアウトして味わいたいおすすめの大福を厳選してご紹介。老舗和菓子店のいちごがちょこんと顔を出しているような愛らしい大福やフルーツ大福専門店の季節限定大福など、ビジュアルにもときめく名品がずらり。ぜひ参考にしてみて。

【特集】麗しのいちごスイーツに会いに。最新いちご案内2022

【特集】麗しのいちごスイーツに会いに。最新いちご案内2022

あなたが好きなのは、いちごがてんこ盛りのパフェ? ホテルのこだわりがつまったいちごアフタヌーンティー? それとも、いちごのすべてを愛する究極ラバー? あと少しの我慢が続く日々だけれど、かわいくておいしいいちごは、今シーズンもキラキラと輝いている。あなたが好きな“推しいちご”を探して、愛して、ハントして。ご褒美にたっぷりいただこう。

PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/MINORI KASAI

※記事は2022年1月31日(月)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります