Comme'N シェフ ブリオッシュ パン・ドゥ 抹茶とホワイトチョコ

【CommeʼN】九品仏に移転オープンしたパン屋!世界大会優勝のシェフが作る究極の味

更新日:2021/03/18

おいしいだけにとどまらない、心も体もほっこり温まるやさしい想いを持つ店主たち。そんなぬくもりに出会える新店をクローズアップしてお届け。今回はパリの世界大会で日本人初の優勝を果たした大澤秀一シェフのベーカリー「CommeʼN」に注目。愛情たっぷりに焼き上げられた約100種類のパンに出会える人気店だ。

Comme'N シェフ 対面式ショーケース
笑顔がステキでフランクな大澤シェフ。対面式のショーケースでおすすめをスタッフが気軽に教えてくれる。フレンチのシェフが作るサンドイッチも人気。

パンの声を聴き食べる人に元気を贈りたい

町全体に静かで落ち着いた雰囲気が漂う九品仏エリア。パンの世界大会で日本人初の優勝を果たした大澤秀一シェフのベーカリーが2020年8月に群馬からお引っ越し。

大会で披露したクロワッサンや国内外産の小麦を独自にブレンドしたバゲットなど約100種類が次々に焼きあがり、どんなパンと出会えるかはそのときしだい。

Comme'N ブリオッシュ パン・ドゥ 抹茶とホワイトチョコ
右から、しっとり焼きあげた瀬戸内レモンと鳴門金時のブリオッシュ(410円)はレモンと紅茶の香り豊か。抹茶オレのようなクリーミーさと濃厚な抹茶感を楽しめる抹茶とホワイトチョコ(302円)、きび糖を使用しほんのり甘くてもっちりとしたパン・ドゥ(324円)。

「生地は常に状態が変化するのでそのときどきで成型や分割の方法を変えています。生地と会話をしながら手で触ることで、納得のいくボリュームや味が引き出せるんです」。早朝から夜中までパン作りに没頭してひたむきに磨いてきた感性と技術で、パンごとに異なるもちもちやふわふわの食感を自在に生み出し格別の味わいを作り出す。

パンが主役のお店にしたいとシンプルな設計にこだわる
パンが主役のお店にしたいとシンプルな設計にこだわる

「作り手の想いはパンに表れるとスタッフにもいつも話しています。パン作りはもちろん、それ以外でも僕たちの“一生懸命”を伝えてお客さんに喜んでもらいたい」と、挨拶や接客、顔の表情にまで心を込める。ほがらかに働くスタッフと愛情たっぷりのパンに元気がもらえるパワースポットのようなお店が、日常をより豊かにしてくれる。

OZmallからのお願い

新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止・変更、ならびに施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策にご協力のうえ、思いやりを持った行動をお願いします。

※オズマガジン2021年1月号「しあわせのパン」の記事を一部転載 
※掲載店舗などの情報は、取材時と変更になっている場合もございますので、ご了承ください

DATA

スポット名
CommeʼN(コム・ン)
電話番号
0364321061 0364321061
住所
東京都世田谷区奥沢7-18-5 1F
営業時間
7:00〜18:00
定休日
火・ 水曜 
交通アクセス
九品仏駅からすぐ

オズマガジン2021年1月号は「しあわせのパン」特集

オズマガジン2021年1月号は「しあわせのパン」特集

お腹も心もあたたかく満たす、身近な小さな幸せの最たるものであるパンが盛り上がっています。素材やシェフのクオリティも高まり、専門化・多様化した新店も続々。アレンジレシピやバターやジャムとの相性で、可能性は無限大に。今行きたいパン屋さんガイドと、パンのおともや道具、グッズまで、広がるパンの楽しみ方をまとめてお届けします。

発売日/2020年12月11日(金) 価格/700円

※新型コロナウイルスの国内状況により、店舗・施設の営業時間の短縮や臨時休業、座席数の変更などがある場合がございます。最新の情報は、各店舗・施設にご確認ください。

PHOTO/YUKO CHIBA、WRITING/YUUKI JOSAKI

※記事は2021年3月18日(木)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります