【人気のシングルバーナーおすすめ14選】コンパクトで持ち運びやすい商品をご紹介!

キャンプでの湯沸かしや料理に使えるシングルバーナー。アイテムごとに形状や火力が違うことから、どの製品を選べばよいか迷ってしまう人も多いのでは。そこで今回は初心者におすすめのシングルバーナーをご紹介。編集部がおすすめする14アイテムを紹介するので、自分にぴったりなアイテムを見つけよう。

更新日:2022/01/20

人気のシングルバーナーおすすめ14選

編集部おすすめの人気のシングルバーナーを紹介。全14アイテムの特徴を紹介するので、自分にぴったりのシングルバーナーを見つけよう。

ソト

G-ストーブ ST-320

7480円

おすすめポイント

・たたむと薄さ25mmとコンパクトになり、バックパックに収納しやすい
・遮熱効果も風防効果もあるV字のガードで、着火時も安心
・置いた時に横に長い設計で安定感がある

荷物の量に限界があるソロキャンプでも大活躍する薄型シングルバーナー。折りたたむと薄さわずか25mmになり、ちょっとした荷物の隙間にも収納しやすい。

バーナーについているV字のガードが遮熱効果と風防効果を発揮するため、初めてのキャンプでも安全で効率的に火を付けられる。

使用時にはゴトクまでの高さが8cm弱と低く横に長い設計で安定感があるため、大きめの鍋にも対応できそう。

燃料CB缶
出力1800kcal/h
収納時サイズ横19.5×縦15.3×高さ7.7cm
重さ約380g

スノーピーク

ギガパワーストーブ GS-100RS

4950円

おすすめポイント

・ゴトクの安定性や火力、軽量性などのバランスがとれたバーナー
・軽量で持ち運びしやすいのでソロキャンプにもおすすめ
・スノーピークならではのデザインのおしゃれさも魅力

1998年に発売して以来、世界中で使われ続けている老舗ブランドスノーピークのロングセラーアイテム。鍋やヤカンなどを置くために使用するゴトクの安定性や火力の強さなど、性能のバランスが取れている。

わずか75gと軽量かつコンパクトで、持ち運べる荷物が少ないソロキャンプの強い味方。

グッドデザイン賞を受賞したスノーピークならではのおしゃれさは、キャンプギアのデザインにもこだわりたい人におすすめ。

燃料OD缶
出力2500kcal/h
収納時サイズ横4.4×縦3.5×高さ8.2cm
重さ約75g

プリムス

P-153 ウルトラバーナー

9900円

おすすめポイント

・コンパクトで携帯性が高いのに、3600kcal/hのハイパワー
・ゴトクをX字にすることで防風性能がアップする
・垂直に配置した点火装置がスマートなデザイン性を演出する

コンパクトかつ軽量ながら、3600kcal/hと火力のパワーが高く、500mLの水ならおよそ1分強で沸騰させることが可能。

安定性の高い4本のゴトクは、X字にすることで防風性能が向上。どこか一方の火が消えても、ほかの区画の着火が保てるので、安定して調理ができそう。

垂直に配置した点火装置が、すっきりスマートなデザインを演出。コンパクトに持ち運びたいけれど、パワーや性能も重視したいという人はぜひ試してみて。

燃料OD缶
出力3600kcal/h
収納時サイズ横8.8×縦7.5×高さ3.0cm
重さ約110g

ジェットボイル

フラッシュ

16280円

おすすめポイント

・約100秒で沸騰するハイパワーモデル
・吸熱フィン「フラックスリング」がクッカーに効率よく熱を伝える
・コンパクトなオールインワン設計で持ち運びしやすい

前モデルよりもバーナーの出力性能をアップさせ、約100秒で沸騰するハイパワーなバーナー。

クッカーに一体化されている吸熱フィン「フラックスリング」は、熱を受ける面積を拡大しつつクッカー内に熱を閉じ込めるので、効率よく熱を伝えることが可能。パッとお湯を沸かして、手短に調理を済ませたい人におすすめ。

すべてのパーツがクッカーに収納できるオールインワン設計だから、パックパックに安心してしまえるのが嬉しい。ソロキャンプはもちろん、登山やファミリーキャンプでも大活躍しそう。

燃料OD缶
出力2269kcal/h
収納時サイズ横10.4×縦10.4×高さ18cm
重さ約440g

EPI

REVO-3700 STOVE

10450円

おすすめポイント

・耐風性が高く、風がある場所でも火が消えてしまう心配がない
・3700kcal/hと高火力で、大きめな鍋でも調理がしやすい
・マイクロアジャスト機構により、強火から極小のとろ火まで調節できる

バーナーヘッドに「S.F.P.M.」と呼ばれる新素材を採用したバーナー。新素材を採用することで、耐風性が高まり、風の強い場所でも使いやすいのが嬉しい。

コンパクトなバーナーヘッドながら3700kcal/hもの高火力を持ち合わせているので、容量の多い鍋でも十分対応でき、ファミリーなど複数人での調理にもおすすめ。

つまみ一つで火力調節が可能なマイクロアジャスト機構付きだから、大きい火だけではなくわずかなとろ火まで調節可能。ゴトクは折りたたむと手のひらに収まるコンパクトさが嬉しい。

燃料OD缶
出力4200kcal/h
収納時サイズ横5.2×縦5.2×高さ8.9cm
重さ約111g

イワタニ

ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

4850円(Amazon)

おすすめポイント

・ワンプッシュで自動点火するのでキャンプ初心者も扱いやすい
・防風性のあるゴトクで風が吹いても火が安定しやすい
・持ち運びにも便利なコンパクトサイズでハイキングなどにおすすめ

イワタニのカセットガスがセットになったバーナー。カセットガスをセットすれば、ワンプッシュで自動点火ができるので、キャンプ初心者も手軽に扱える。

鍋やヤカンなどを置くために使用するゴトクは、炎を風から守る防風性を兼ね備えており、風が強い場所でも使用可能。鍋は18cmまで使用可能だから、キャンプでは定番のシチューなどの煮込み料理も楽しめそう。

持ち運びにも便利なコンパクトサイズだから、なるべく荷物を少なくしたいハイキングや軽登山などでも使いやすい。

燃料CB缶
出力2300kcal/h
収納時サイズ横8.2×縦6.8×高さ12.7cm
重さ約274g

スノーピーク

HOME&CAMPバーナー

10978円

おすすめポイント

・インドアでも使える卓上コンロをイメージしたバーナー
・ゴトクを本体に収納できコンパクトに収納できるので、場所をとらない
・おしゃれなデザイン性に加えて、3色から好みのカラーを選べる

一般的な卓上コンロはサイズが大きく場所を取るが、ゴトク部分を本体内に格納できる細いボトル形状にしたことで、アウトドアでも使えるようにした製品。

展開時には本体の脚を含めて4点で支えるため、安定感のある設計。土鍋など大きめな料理にも対応することができ、冬キャンプでの食事タイムを彩ってくれそう。

重量1.4kgと持ち運びにも便利で、キッチンに置いていても邪魔にならない。ブラック、シルバー、カーキの3色展開で、インテリアにもなじみやすい。アウトドアはもちろん、家族で食卓の時間を楽しみたい人は、ぜひ手に取ってみて。

燃料CB缶
出力2100kcal/h
収納時サイズ横9×縦12×高さ25.5cm
重さ約1400g

コールマン

シングルガスストーブ120A

8900円

おすすめポイント

・フライパンなら27cm、ダッチオーブンなら20cmまで使用可能で本格料理が楽しめる
・脚付きかつ高さ調節可能で地面でもテーブルでも使用できる
・ゴトクが大きく安定性ばっちり

レトロな雰囲気と真っ赤なカラーがおしゃれなバーナー。フライパンなら27cm、ダッチオーブンなら20cm(8インチ)まで使用可能で、パスタや煮込み料理などアウトドアシーンでの調理の幅が広がる。

バーナーに付いた脚は高さ調節が可能だから、地面でもテーブルでも使うことができる。燃料は、長時間使用でき、気圧の変化で火力が安定しづらい高所でも使いやすいOD缶を使用。

大きめのゴトクは、安定性と耐風力を備えたしっかりタイプ。鍋やすき焼きなどのパーティメニューも楽しんでみて。

燃料OD缶
出力2150kcal/h
収納時サイズ横31.5×縦12.5×高さ25cm
重さ約2900g

キャプテンスタッグ

小型ガスバーナーコンロ M-7900

7150円

おすすめポイント

・ゴトクを折りたためて持ち運びが楽
・火力調節機能や自動発火装置付きで初心者にも使いやすい
・キャプテンスタッグのロゴと深いグリーンのボディがおしゃれ

ソロキャンプやアウトドアレジャーにも持ち運びもしやすいバーナー。ゴトクは開閉式で、収納すれば幅11.7cm、奥行き10.5cm、高さ6.5cmとコンパクトになる。

自動発火装置付き、火力調節可能、出力2700kcal/hと高性能にも関わらず、価格はリーズナブル。

バーナー全体に大きくあしらわれたキャプテンスタッグのロゴと、深みの強いダークグリーンのボディがおしゃれで、デザインも重視したい人には嬉しい。

燃料OD缶
出力2700kcal/h
収納時サイズ横11.7×縦10.5×高さ6.5cm
重さ約300g

プリムス

シングルバーナー エクスプレス・スパイダーストーブⅡ P-136S

11000円

おすすめポイント

・超コンパクトに収納可能なバーナー
・ガスの気化を促進させて燃焼を安定させる「プレヒートパイプ」を配置
・重心が低くゴトクも大きめで安定性ばっちり

収納するとわずか横8.7cm、縦4.0cm、高さ8.3cmと、リュックに収まりやすい超コンパクトな設計が魅力のシングルバーナー。荷物の少ないソロキャンプにぴったり。

燃焼熱でガスの気化を促進する役割のある「プレヒートパイプ」を配置することでガスの出力が安定するため、火力が不安定になる高所でのキャンプにも役立ちそう。

重心が低く、ゴトクも156mm径と大きめ設計だから安定性もばっちり。ゴトクの安定性とコンパクトさを重視したい人はぜひ候補に入れてみて。

燃料OD缶
出力2400kcal/h
収納時サイズ横8.7×縦4.0×高さ8.3cm
重さ約195g

スノーピーク

ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR2

6490円

おすすめポイント

・着火に便利なオートイグナイタを装備し、ライター不要で着火できる
・重量たった90gで持ち運びしやすくソロキャンプにおすすめ
・出力は十分な2500kcal/hでどんなシーンでも活躍しそう

コンパクトで性能のバランスも取れたスノーピークのシングルバーナー。着火が容易になるオートイグナイタを装備しているから、ライター不要で簡単に着火が可能。

重量はたったの90gで、ソロキャンプでも負担なく持ち運べる。収納サイズも横4.5cm、縦3.7cm、高さ8.2cmとコンパクト。

小さくても出力は十分な2500kcal/hで、どんなシーンでも幅広く活躍しそう。1998年発売以来の老舗ブランドスノーピークのロングセラー商品をぜひ試してみて。

燃料OD缶
出力2500kcal/h
収納時サイズ横4.5×縦3.7×高さ8.2cm
重さ約90g

ソト

レギュレーターストーブ ST-310

6380円

おすすめポイント

・ガスの出力を安定させるマイクロレギュレーター搭載で火力が落ちにくい
・大きめのゴトクを装備しているため、3~4人分の調理もできる
・液体ガスが発生しづらいよう、安全面へも配慮している

寒冷地でも安定した火力を発揮する、マイクロレギュレーターを搭載したシングルバーナー。約90分火力が落ちないので、長時間の料理にも対応可能。

大きめのゴトクを装備していて安定感があり、初心者も安心して使える。3~4人分の料理もできるので、家族利用などでも活躍しそう。

不意にボンベが傾いてしまった時でも液体ガスが発生しづらく、安全に使えるのが嬉しい。

燃料CB缶
出力2500kcal/h
収納時サイズ横17×縦15×高さ11cm
重さ約350g

スノーピーク

ギガパワーマイクロマックスウルトラライト GST-120R

7590円

おすすめポイント

・わずか56gの軽さなので、荷物を軽量化できる
・風防性を兼ね備えた3枚の板状のゴトクが安定的に支える
・細かく火加減を調整できて、調理の質を高める

従来のマイクロマックスモデルを徹底的に軽量化したアイテム。わずか56gと超軽量設計で簡単に持ち運べるが、最高出力2800kcal/hあるため、荷物を軽量化したいソロキャンプの時でも調理を楽しめる。

風防性を兼ね備えた3枚の板状ゴトクは、どこか一方の火が消えてもほかの区画で火力を維持するため、スムーズな調理をサポートする。

ワイヤーハンドルで火力を細やかに調節できるなど、超軽量タイプながら性能はばっちり。とにかく荷物を軽く少なくしたい人は候補に入れてみて。

燃料OD缶
出力2800kcal/h
収納時サイズ横6.7×縦3.4×高さ8.0cm
重さ約56g

ソト

レギュレーターストーブ FUSION ST-330

9900円

おすすめポイント

・ガスの出力を安定させる「マイクロレギュレーター」搭載で火力を維持する
・約300個の炎口から出る短い炎が優れた耐風性を実現する
・安定した4本ゴトクで大きな鍋もしっかり支える

寒冷地でも安定した火力を発揮するマイクロレギュレーターを搭載した分離型バーナー。連続使用時や低温時の使用でも圧力低下に影響されにくく、一定の火力を維持する。

約300個の炎口から短い長さで炎が出るので、風の受ける範囲が少なく高い耐風性を実現。4本のゴトクによって安定しているので、数人用の大型の鍋でも転倒せずに支える。

250gと軽量かつコンパクトだから、キャンプにはもちろん登山にもおすすめ。

燃料CB缶
出力2500kcal/h
収納時サイズ横11×縦7.5×高さ9cm
重さ約245g
  • LINEで送る
※記事は2022年1月20日(木)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP