顔のたるみ・しぼみを改善!顔のリフトアップについて美容皮膚科医が指南

顔のたるみ・しぼみを改善!顔のリフトアップについて美容皮膚科医が指南

第一印象で実年齢以上に見られてしまう原因のひとつが、顔のたるみ。表参道で美容皮膚科「ティーアイクリニック」を開院している医師の田原一郎先生に、たるみの改善方法やリフトアップについて教えてもらった。

更新日:2021/05/11

顔のたるみとは?

たるみの状態

たるみとは、肌のハリがなくなり、しぼんだ皮膚が重力に負けて下がっている状態のこと。人は年齢を重ねるごとにやさしい顔になっていくものだけれど、それは加齢によるたるみが原因のひとつ。ほうれい線やまぶたのたるみ、口もとのマリオネットライン、首のたるみなどは目立ちやすく、年齢以上に老けた印象に。逆に、肌のハリを保っている人や頬がふっくらとリフトアップしている人は、実年齢よりもずっと若く見えることが多い。

顔のたるみの原因

皮膚のたるみは、肌の老化=肌のコラーゲンの量が減ることが原因。人間の皮膚は大きく分けて角質層などの表皮と、その下の真皮でできている。コラーゲンは真皮の約70%を占めていて、肌の土台となる大切な存在。コラーゲンが減ると皮膚の土台がゆるんで肌がハリを失い、しぼんだ形になってしまう。また皮膚の形を維持する耐久性もなくなり、皮膚の重さが重力に負けて肌が下がってしまうのもたるみの一因。コラーゲンは加齢によって減っていくもので、20代半ばをピークに右肩下がりに減り、40代ではなんと半分、60代では3分の1まで減少してしまう。

その他、肌の下の筋肉による影響も見逃せない。顔や頭皮、首の筋肉が衰えて弛緩するとたるんでしまうのは、お腹や二の腕がたるむのと同様。また、筋肉や脂肪が減ってボリュームダウンすることで皮膚が余り、しぼみやたるみにつながることも。

たるみの対策・ケア方法・治療法

照射を受ける

肌のたるみを改善するには、肌内部からコラーゲンの再生因子を出してコラーゲンの量を増やす施術が効果的。コラーゲンの再生因子を出す施術を3つ教えてもらった。

■光フェイシャル
コラーゲンが70%を占め、コラーゲンの生産工場でもある真皮に直接アプローチできる施術。痛みやダウンタイムがなく、シミや肝斑などの肌トラブルを悪化させるリスクも低い。

■超音波(HIFU)
表皮・真皮のさらに下にある皮下組織や筋膜にアプローチできる。コラーゲン生成に直接作用するわけではないが、後からコラーゲンが出てくるのが特徴。たるみを解消するには、皮膚や肌の各層にアプローチして総合的にリフトアップしていくのが理想で、深い部分に作用させるにはHIFUがおすすめ。

■高周波(RF)
肌に高周波を当てるマシン「サーマクール」や「テノール」も真皮にアプローチできる施術。施術時にやや痛みを感じるケースが多い。

美容鍼を受ける

美容鍼は東洋医学に基づく治療法で、鍼師の国家資格取得者だけが施術できるもの。専用の鍼を使用してツボを刺激したり、鍼で筋肉をほんの少し傷つけたりすることでコラーゲン再生力を高める。むくみの解消やゆがみの改善によってアンバランスにたるんだ肌をリフトアップする効果も。

施術の際は、顔や頭皮、首などに直接鍼を置くこともあれば、体のさまざまな部分にあるツボから遠隔で作用させる場合もあり、鍼灸院や鍼灸師によってもさまざま。美容鍼を行っていない鍼灸院もあるので、よく調べてから来院するのがおすすめ。

フェイシャルエステを受ける

ハンドテクニックやかっさなどによるフェイシャルエステは、コラーゲン減少による皮膚のたるみにはアプローチしないものの、老廃物が流れてむくみなどが解消することによって肌全体がリフトアップする。また、顔が上下や左右にゆがんでいるとたるみが際立つので、筋膜や筋肉のこりをほぐすフェイシャルエステが軽度のたるみ解消によい効果をもたらすことも多い。

たるみの予防

紫外線ケア・UV対策を徹底する

肌の酸化・糖化を防ぐことで肌の老化を防ぐと、たるみの予防にもつながる。塗る日焼け止めには、減ってしまったコラーゲンを増やす効果はないけれど、紫外線対策はどんな肌悩みにも必要な基本のケア。また、ビタミンCやコラーゲンを配合した飲む日焼け止めなど、シミのみならずたるみケア効果に期待できるものも増えている。

セルフトレーニング・セルフマッサージをする

外出自粛で人に会う機会が減ったり、テレビやスマホを見て休日を過ごしたりしている人は、表情筋の衰えにも対策が必要。「あいうえお」の形に大きく口を動かしたり、舌を使って頬を内側から押したりする簡単なトレーニングのほか、ガムなどを左右バランスよく噛むのもおすすめ。また、頭皮のコリや血行不良も顔の皮膚をたるませる一因になるので、シャンプーのついでに頭皮をマッサージしたり、頭皮マッサージ用のブラシなどを活用したりするのもおすすめ。

たるみにまつわるQ&A

顔のたるみはセルフケアで治せますか?

たるみの主な原因はコラーゲンの減少なので、肌のコラーゲンを増やすことが大切。食事でコラーゲンを摂取しても効果には繋がりにくいので、セルフケアよりもマシンでの施術が効果的です。

お話をお伺いしたのは、医師 田原一郎さん

日本医科大学医学部卒業後、日本医科大学付属病院、都内総合病院、都内美容クリニックなどを経て、2012年に「ティーアイ表参道クリニック」を開院、現在に至る。2014年からミスユニバース日本大会審査員、ミスユニバース日本大会ビューティキャンプ公式講師。一般内科や外科的な知識、全身管理の考えのもと安全性を第一に考えた美容医療と医療に取り組んでいる。

WRITING/ATSUKO HABU、ILLUSTRATION/HARUKA OSHIMA

  • LINEで送る
※記事は2021年5月11日(火)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP