髪が湿気でうねる!原因、ケア方法、スタイリングのコツをプロが解説!

ただでさえ気になる髪のうねりは、湿気が多いとさらに増すもの。どうにか対策したいけれどうまくいかないと悩んでいる人のために、今回は「原宿・表参道の美容室PlusLounge」のスパニスト・毛髪診断士の中島あずささんに取材を敢行。湿気によるうねりの原因からデイリーケアの方法、スタイリングのコツまで詳しく教えていただきました。プロ直伝の知識を活かして、湿気が多い日も自信の持てる髪をめざそう。

更新日:2022/03/01

今回お話を聞いたのは・・・原宿・表参道の美容室PlusLoungeのスパニスト・毛髪診断士 中島あずささん

原宿の美容室PlusLoungeを経営。20年以上のキャリアを活かし、毛髪診断、骨格診断などを組み合わせ女性のための大人キレイ塾をスタート、雑誌の取材や美容サイト監修、メイク講習などを行う。美齢学アドバイザーとして、美しく年齢を重ねる学問、美齢学を中心とした頭皮専門美麗メソッドを構築中。

1.湿気で髪がうねる原因は?

雨の日や梅雨の時期には、なぜ髪がうねったり広がったりしてしまうのか? まずは、その原因から見ていこう。湿気により髪がうねったり広がったりするのは、髪が水分を吸収して膨張したり、膨らむことで毛髪の形がゆがみよじれたりしてしまうため。水分を吸収しやすい髪ほど、湿気に弱くうねりが強くなる。

髪が水分を吸収しやすくなる大きな要因は3つ。まずひとつめは髪質によるもので、やわらかな猫っ毛や、太くてかたいくせ毛は水分を吸収しやすい。

次に挙げられるのが髪のダメージ。ドライヤーの熱、パーマの薬剤、紫外線、ブラッシングによる摩擦などのダメージを受け、髪表面のキューティクルが剥がれ落ちると、その傷んだ部分から水分が吸収されやすくなってしまう。

そして3つめは、毛髪内の成分バランスの崩れ。加齢、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどにより髪内部のタンパク質や水分バランスが崩れると、湿気を吸い込みやすくなることに。湿気による髪のうねりを抑えるには、自分の髪が湿気を取り込んでしまう要因をはっきりさせて、髪質にあったヘアケアを行うことがポイントになる。

2.湿気による髪のうねりを抑えたい!おすすめのヘアケア方法は?

湿気により髪が広がったり、うねったりするのを抑えるのには、正しい方法でヘアケアを行うことが大切。うねりのない髪に導くためのヘアケアのポイントをチェックしよう。

2-1. シャンプー:洗浄力が強すぎないシャンプーを使い、頭皮からやさしく洗おう

うねりがひどい髪には、コラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれた高保湿タイプのアミノ酸・ベタイン系シャンプーなどを使うのがおすすめ。髪の傷みが激しく絡まりやすくなっている場合は、ダメージケア用シャンプーを選ぶのもあり。

洗髪するときはまず予洗いで頭皮と髪表面の汚れを落とし、シャンプーに含まれる保湿・補修成分を浸透させやすくするのがポイント。髪をしっかり濡らしておけば、シャンプーが泡立ちやすくなる。髪の長さ、多さに見合った量を使い、よく泡立てからやさしく洗いあげて。髪をこすって摩擦が起きないよう、頭皮からゆっくり洗うのがコツ。

レコメンドアイテム[PR]

くせ・うねりのメンテナンスに。Essential flatで365日使うたび、思い通りのまとまる髪へ

くせ毛を何とかしたくて毎朝頑張っているけど、なかなか思い通りにならない…。
そんなくせ・うねり髪が気になる方に、Essential flat。トリートメントに配合されている「ときほぐし成分(※)」が髪内部までしっかり浸透して、翌朝するんとまとまる髪へ。

髪質で選べる、Moist&Moist、Volume Down、Airy Smoothの3タイプで、思い通りのスタイリングを楽しんで。

※熱を加えたときに髪を柔軟化し、扱いやすくする整髪成分(イソステアリルグリセリン)

2-2.トリートメント:毛髪補修成分入りのものを使用し、髪にしっかり浸透させよう

シャンプーの後に使うインバストリートメントは、毛髪の補修成分を配合したものを選んでみて。具体的には、髪表面の水分を補うヒアルロン酸やグリセリン入りのもの、油分を補給するセラミド、ホホバオイル配合のものがおすすめ。毛髪内部の補修に働きかける、ヒアルロン酸、コラーゲン、加水分解シルクなどの成分も適している。

トリートメントは、頭皮につかないよう毛先を中心に髪の真ん中くらいまで丁寧になじませて。とくに髪の傷みが気になるところは、重ねづけしてたっぷり成分を届けよう。しっかり髪にもみこむようになじませたら、蒸しタオルやシャワーキャップで包み込み、髪にしっかり浸透させるのが理想的。目安は5~10分ほど。すすぐときは髪をこすりつけないよう注意し、ヌルヌルした感触がなくなるまでしっかり洗い流して。

2-3.ヘアドライ:上から下に向かって風を当て、手ぐしで髪を引っ張りながら乾かそう

ドライヤーで髪を乾かすときは、根元からしっかり温風を当てるのがコツ。下から風を当てるとボリュームが出てしまうため、髪の上から下に向かって風を当てていき広がりを抑えよう。手ぐしで髪を軽く引っ張りながら乾かしていくと、うねりが伸びやすくまっすぐに仕上げられる。

乾かしすぎると逆に湿気を吸い込みやすくなってしまうため、少し水分が残っている状態(80~90%程度)で終えるのがおすすめ。ある程度乾いたら冷風を当てて仕上げ、最後にブラッシングをして整えて。ドライの後にはヘアオイルなどの洗い流さないトリートメントをつけ、髪が湿気を取り込まないようブロックすれば完了。

レコメンドアイテム[PR]

夜のスペシャル美容液「Essential flat くせ・うねりときほぐしセラム」。翌朝の熱スタイリングで、するんと素直にまとまる髪へ。

くせ・うねり髪のための「ときほぐし成分(※)」を高濃度に配合した夜のスペシャル美容液。夜タオルドライ後の濡れた髪に使うと、ときほぐし成分(※)が寝ている間に髪の内部に浸透。翌朝のアイロンやドライヤーなどの熱で、髪をやわらかくし、扱いやすくする。

白のパッケージの「くせ・うねりときほぐしセラム」と、頑固でゴワつくくせ毛に黒の「くせ・うねりときほぐしセラムEX」で、使うたびするんと素直にまとまる、思い通りの髪へ。

※熱を加えた時に髪を柔軟化し、扱いやすくする整髪成分(イソステアリルグリセリン)

3.湿気が多い日のスタイリングのコツは?

雨や梅雨の時期でもまとまりのあるきれいな髪に仕上げたいもの。スタイリングのコツをつかみ、湿気によるうねり広がりを抑えよう。

3-1.ヘアアイロン:毛束を少しずつとって均一に熱を伝え、しっかり冷めるまでキープ

ヘアアイロンを使うときは熱によるダメージを防ぐため、セットする前にスタイリング剤を髪になじませておこう。内側から毛束を少しずつとり、髪の毛に熱が均一に伝わるように当てていくのがポイント。

ストレートアイロンは、根元から毛先に向かって髪を伸ばすように当てるようにして。カールアイロンの場合は、髪の毛を巻き込んで固定したまま数秒間キープするのがコツ。髪が温かいうちにスタイリングすると崩れやすくなるため、熱が冷めるまで触らないように注意しよう。暑い時期や急ぐときは、ドライヤーの冷風を当てて冷ます方法も。

3-2.スタイリング剤:油分多めのオイル、クリーム、バームで髪の表面をコーティング

湿気でうねりやすい髪には、ヘアオイル、クリーム、バームなどの油分の多いスタイリング剤がおすすめ。スタイリング剤に含まれる油分が髪の表面をコーティングし、湿気をブロックしてくれる。梅雨時期など湿気がひどいときは、70~80%程度髪を乾かしてからブローローションを髪全体に吹きつけ、最後にスタイリング剤で仕上げるのも効果的。

ストレートヘアの場合、スタイリング剤を手のひら全体に伸ばし、毛先を中心にもみ込んでいくのがポイント。そのまま手を髪の内側に入れてボリュームを抑え、最後に表面をなでつけるようにして仕上げよう。カールヘアの場合は、髪をまとめたりアレンジしたりするときにヘアオイルでセットし、仕上げ用のスプレーを髪全体にまんべんなく吹きかけるとスタイルをキープできる。

4.湿気によるうねり対策には日々の習慣も大事

髪がうねったり広がったりしやすくなるのは、毎日の生活習慣が影響していることが多いもの。日々の習慣も見直して健やかな髪を手に入れて。

4-1.自然乾燥はNG。シャンプー後はすぐに乾かそう

シャンプー後は、すぐに髪を乾かそう。ロングヘアの場合、時間をおいて乾かす人も多いが、放置しておくとうねりがひどくなることも。濡れたままだと髪表面のキューティクルが開きっぱなしになり、水分が入り込んで膨張しうねりを生み出してしまう。

また、濡れたままで寝ると髪がうねったまま乾いてしまうだけでなく、枕などの寝具で擦れてキューティクルが剥がれ、湿気を取り込みやすくなるので注意して。

4-2.紫外線、ブラッシングの摩擦、カラーリングの薬剤などによるダメージを防ぐ

日頃から髪にダメージを与えないよう心がけることも大事。外出時には、UVスプレーや帽子、日傘などで紫外線対策を行って。また、髪や頭皮にダメージを与えないようやさしくブラッシングするのもポイント。頭皮ケアにも使えるパドルブラシなどを使うと、負担を抑えつつケアできる。

可能であればパーマやカラーリングも避けるのがベター。とくに明るい髪色ほど強い薬剤を使う傾向があるので気をつけて。

5.サロンで話題の施術で気になるうねりをカバー

湿気が多い日の髪のうねり、広がりがどうしても気になるなら、サロンに相談してみよう。今話題の2つの施術をピックアップしてみたので参考にしてみて。

5-1.酸熱トリートメントで髪質を改善

酸熱トリートメントとは、薬剤の酸と熱により髪質をコントロールする施術のこと。一般的なパーマとは違い、カラーリングやパーマによるダメージを補修して髪にハリやコシを与えられるのが強み。

髪のうねりがひどい人でもナチュラルなストレートヘアにでき、効果が1~2カ月ほど持続する。何度も繰り返すことで髪のクセを軽減できるので、一時的にではなく髪質から改善したい人は注目してみて。

5-2.ストカールで髪に自然な動きをプラス

ストカールとは、クセを抑えつつ毛先にカールをつけるデジタルパーマのこと。別名、形状記憶パーマと呼ばれるほどキープ力が高いのがメリット。

まっすぐすぎるストレートパーマがイヤな人や、髪の広がりやうねりに悩んでいる人にはぴったり。髪を巻かなくても乾かすだけでゆるふわのナチュラルな仕上がりになり、毎日のお手入れが楽になるのも見逃せない。

6.編集部おすすめアイテム

Essential THE BEAUTY

髪のキメ美容シャンプー&コンディショナー Moist Repair

500ml 880円(編集部調べ)

おすすめポイント

・髪表面が乱れなく整った「髪のキメがそろった」状態へと導く美髪処方を採用。
・髪の内部とキューティクルをWで補修するとともに、髪1本1本の毛流れを乱れなく整いやすい状態に。
・美しい髪の必須成分「18-MEA」(ラノリン脂肪酸:毛髪保護成分)を配合。
・パサつかない!ゴワゴワしない!毎朝しっとりまとまる。

うるおいや、ツヤだけじゃない。髪の表面が乱れなく整った「髪のキメがそろった」状態に着眼した、新発想の髪のキメ美容シリーズ。

髪のパサつきを何とかしたいと悩み人に、髪1本1本の補修だけでなく、全体の毛流れを整えて、360度うしろ髪までキメそろった美しさへ導く。

透明感のあるフローラルリュクスの香り。毎朝しっとりまとまった髪にあこがれる人は試してみて。

Essential THE BEAUTY

髪のキメ美容シャンプー&コンディショナー Airy Repair

500ml 880円(編集部調べ)

おすすめポイント

・髪表面が乱れなく整った「髪のキメがそろった」状態へと導く美髪処方を採用。
・髪の内部とキューティクルをWで補修するとともに、髪1本1本の毛流れを乱れなく整いやすい状態に。
・美しい髪の必須成分「18-MEA」(ラノリン脂肪酸:毛髪保護成分)を配合。
・パサつかない!からまらない!毎朝かろやかにまとまる。

うるおいや、ツヤだけじゃない。髪の表面が乱れなく整った「髪のキメがそろった」状態に着眼した、新発想の髪のキメ美容シリーズ。

髪のパサつきを何とかしたいと悩み人に、髪1本1本の補修だけでなく、全体の毛流れを整えて、360度うしろ髪までキメそろった美しさへ導く。

透明感のあるフローラルリュクスの香り。かろやかにまとまるから、髪の状態に一喜一憂する朝にはさよなら。

アミノメイソン

ディープモイスト ホイップクリーム シャンプー

450ml 1540円

おすすめポイント

・濃密ホイップクリーム泡で洗う
・スーパーアミノ酸処方でダメージヘアを補修
・パサつく髪もしっとりまとまる

毛先までしっとり仕上がるシャンプー。濃密ホイップクリーム泡が頭皮の汚れや皮脂を包み込み、地肌をすっきり洗える。

アミノ酸系洗浄成分「ラウロイルメチルアラニンNa」を配合し、必要な潤いを守りながら汚れをオフ。また、「タウリン」「グルタミン酸」をはじめとした独自成分による「スーパーアミノ酸処方」でダメージヘアを補修して、水分が逃げるのを防止する。

さらに、「はちみつ」「アボカド油」などの自然由来保湿成分を贅沢に配合。まるで美容液のようなリッチな保湿力により、まとまる髪をめざせる。毛先のパサつきが気になる髪におすすめ。

7.湿気による髪のうねりに関するQ&A

雨の日は縮毛矯正しないほうがいいと言われているけれど、本当?

雨の日に縮毛矯正をすること自体は問題ありません。雨の日に施術した場合は、最後にアイロンでセットして持ちをよくさせたりしています。ただし、施術後すぐはストレートが定着していないため、帰宅時に雨で髪が濡れないよう注意してください。もし濡れてしまったすぐにブローで乾かしましょう。

雨の日は朝セットしても、すぐに前髪がうねってしまう。外出先でうねりを直す方法はある?

外出前にあらかじめキープスプレーなどを使って、髪を落ち着かせておくのがおすすめです。あえて前髪をアップにしたり、カチューシャやピンで固定させたりするのもいいでしょう。外出後にうねりが出てしまった場合には、コンパクトタイプのヘアアイロンなどを使って整えるといいですね。

今回お話を聞いたのは原宿・表参道の美容室PlusLoungeのオーナースタイリスト・毛髪診断士 中島あずささん

原宿の美容室PlusLoungeを経営。20年以上のキャリアを活かし、毛髪診断、骨格診断などを組み合わせ女性のための大人キレイ塾をスタート、雑誌の取材や美容サイト監修、メイク講習などを行う。美齢学アドバイザーとして、美しく年齢を重ねる学問、美齢学を中心とした頭皮専門美麗メソッドを構築中。

  • LINEで送る
※記事は2022年3月1日(火)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP