歌舞伎

歌舞伎座「二月大歌舞伎」

歌舞伎座「二月大歌舞伎」

2月4日(金) ~2月24日(木)

東京都・銀座

“これぞ歌舞伎”という芸がたっぷりと味わえる、歌舞伎座「二月大歌舞伎」

歌舞伎座の「二月大歌舞伎」は、一度は観たい人気演目が揃っている。第一部では、赤穂浪士たちの仇討ちをめぐる人間ドラマ『元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)御浜御殿綱豊卿』と、勇壮な獅子の精が舞う『石橋(しゃっきょう)』を上演。早春を感じる華やかな舞踊『春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)』と、源義経の都落ちを描いた『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)渡海屋・大物浦』は、第二部で楽しめる。第三部は三味線の拍子に合わせて唄って舞う『鬼次拍子舞(おにじひょうしまい)』と、江戸庶民のヒーロー、大泥棒ねずみ小僧の物語『鼠小僧次郎吉(ねずみこぞうじろきち)』を観ることができる。どの部でもうっとりする美しい舞と、見ごたえある物語の両方が堪能でき、歌舞伎ならではの芸がたっぷりと味わえる。この機会に、憧れの歌舞伎デビューをかなえて。

【新型コロナウイルス感染症に関する注意事項】

■「二月大歌舞伎」第三部 公演中止のお知らせ
歌舞伎座「二月大歌舞伎」第三部『鼠小僧次郎吉』(ねずみこぞうじろきち)の刀屋新助に出演の坂東巳之助が新型コロナウイルス感染症「陽性」であることが確認されました。そのため、専門家の指導に基づき、2月14日(月)から2月19日(土)の第三部につきまして上演を中止いたします。2月20日(日)以降の第三部公演の実施につきましては、決定次第改めてお知らせいたします。
なお、劇場内の該当箇所等の消毒を実施し、また、客席への影響はないことを確認し、第一部ならびに、第二部の公演につきましては、予定通り上演いたします。
当該公演の払い戻しにつきましては、ご予約のお客様に別途ご連絡をさせていただきます。

詳細は松竹公式サイト でご確認ください。
■歌舞伎座「まん延防止等重点措置」に伴う公演実施について
「まん延防止等重点措置」実施により、対象期間【~3月6日(日)】における「二月大歌舞伎」チケット代金の払い戻しをご希望の場合はオズモール東京体験までお問い合わせください。
お問い合わせ先:オズモール東京体験

「新型コロナウイルス感染拡大防止および感染予防対策」に関しましては、下記の【歌舞伎座公式サイト】より内容をご確認のうえ、ご来場ください。
【歌舞伎座公式サイト】

プラン一覧

歌舞伎座「二月大歌舞伎」1等席チケットがお得

二月大歌舞伎

■1人12000円(税込、チケット送料込)
通常16000円の1等席チケットがお得

<開催日時>
2022/02/11(金)【第一部鑑賞】11:00開演(10:20開場)
2022/02/15(火)【第一部鑑賞】11:00開演(10:20開場)
2022/02/19(土)【第一部鑑賞】11:00開演(10:20開場)
2022/02/21(月)【第一部鑑賞】11:00開演(10:20開場)
2022/02/23(水)【第一部鑑賞】11:00開演(10:20開場)

2022/02/04(金)【第二部鑑賞】14:30開演(13:50開場)
2022/02/09(水)【第二部鑑賞】14:30開演(13:50開場)
2022/02/14(月)【第二部鑑賞】14:30開演(13:50開場)
2022/02/18(金)【第二部鑑賞】14:30開演(13:50開場)
2022/02/24(木)【第二部鑑賞】14:30開演(13:50開場)

2022/02/10(木)【第三部鑑賞】18:15開演(17:35開場)
2022/02/12(土)【第三部鑑賞】18:15開演(17:35開場)
2022/02/16(水)【第三部鑑賞】18:15開演(17:35開場)
2022/02/18(金)【第三部鑑賞】18:15開演(17:35開場)
2022/02/20(日)【第三部鑑賞】18:15開演(17:35開場)
※開場は開演の40分前を予定

見どころ

第一部
忠誠あり恋あり騙しありと、さまざまな人間模様が繰り広げられる『元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿』。迫真の演技が見もので、終始ハラハラドキドキするはず。『石橋』では獅子の精が登場し長い毛を勢いよく振る。その勇壮に舞う姿は圧巻!

第二部
亡父の仇を討とうと勇み立つ曽我五郎、十郎の兄弟と、2人をなだめる静御前がたおやかに踊る『春調娘七種』。春の七草行事を織り込んだ舞は心も晴れやかな気分にしてくれる。『義経千本桜 渡海屋・大物浦』では、壇ノ浦の戦いで生き延び、船宿の主人に身を変えていた平氏の武将、平知盛(たいらのとももり)が亡霊の姿で義経一行へ襲いかかる。しかし再び敗れ、父である清盛の悪行の報いと嘆きながら、海に沈んでいく切ない物語。知盛の覚悟を決めて海に飛び込む姿は、美しくもかっこよく、一度は観たい名場面。仁左衛門が一世一代で挑む屈指の大役。


第三部
せりふと踊りが一体となり、テンポがよく様式的で美しいみどころが続く『鬼次拍子舞』。『鼠小僧次郎吉』は江戸時代に実在した大泥棒の物語。武家屋敷だけを狙い決して人に手をかけない、そして、盗んだ金銭を貧乏人の家に投げ込むという、まさに庶民のヒーロー。絢爛豪華な大仕掛けは迫力満点!

あらすじ

【第一部】
一、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)
  御浜御殿綱豊卿
緊迫感みなぎる男2人の心の交流
 徳川綱豊の別邸・御浜御殿では、毎年恒例のお浜遊びが行われている。次期将軍と目されるも、政事には関心がないかのように振る舞う綱豊。しかし師である新井勘解由(かげゆし)には心の内を明かす。そんな折、お浜遊びの見物を願い出たのは赤穂の浪人である富森助右衛門(とみもりすけえもん)。落ち着かない様子の助右衛門がここ御浜御殿を訪れた真意とは?
 新歌舞伎の名作を数多く残した真山青果。代表作である『元禄忠臣蔵』のなかでも特に人気のある場面。聡明で風格のある綱豊と、気骨ある助右衛門のせりふの応酬は緊迫感がみなぎる。華やかさと迫力に満ちた新歌舞伎の傑作。

二、石橋(しゃっきょう)
歌舞伎の様式美を味わう華やかな舞踊
 ここは文殊菩薩が住む唐の国の清涼山。神秘的な力で自然に生まれた石橋のもとへ獅子の精が現れる。咲き乱れる牡丹の花に戯れるうち、勇猛な獅子の狂いを見せていく。
 能の「石橋」をもとにした「獅子物」と呼ばれる歌舞伎舞踊の一つ。華やかな音楽に乗って勇壮に舞う獅子の姿、特に激しい毛振りは圧巻。獅子の精の躍動感あふれる踊りと、起伏に富んだ演奏で歌舞伎の様式美を目と耳でたっぷりと楽しんで。

【第二部】
一、春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)
早春の清新な空気を感じる美しい舞踊
 梅の花が咲く早春。源頼朝の重臣、工藤祐経の館に現れたのは、祐経に父を討たれた十郎と五郎の兄弟。敵を前に勇み立つ2人だが、居合わせた静御前に諫められます。やがて3人は春の七種(ななくさ)を打つ様子を踊って見せる。
 曽我十郎と五郎兄弟による仇討ちの物語を題材とした「曽我物」と呼ばれる作品世界に、春の七種の行事を織り込んだ趣向が楽しい舞踊。動く錦絵のような美しいひと幕になっている。

二、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  渡海屋・大物浦
仁左衛門が一世一代で挑む屈指の大役
 大物浦の船問屋・渡海屋では、都を落ち延び九州へ向かう途中の源義経一行が船出を待っている。実はこの渡海屋の主人銀平は、義経を狙う平家の武将・平知盛。知盛は船を出し、海上で義経たちを討とうと企むが・・・。
 歌舞伎三大名作の一つ『義経千本桜』の二段目。源義経の奇策により、壇ノ浦の合戦で命を絶ったとされる平知盛が実は生きていて、平家再興をめざすというスケールの大きな物語。渡海屋での颯爽とした姿から一転、大物浦では、復讐の鬼となって凄まじい執念で義経に迫り、満身創痍で繰り広げる大立廻り、碇を担いで入水する壮絶な最期は必見。屈指の大役を仁左衛門が一世一代にて勤める重厚な時代物の名作。

【第三部】
一、鬼次拍子舞(おにじひょうしまい)
古風でのどかな所作事
 京の外れの山中。山樵(やまがつ)姿に身をやつした平家の武将長田太郎は一人の白拍子と出会う。白拍子の舞に長田も加わり踊りはじめると、白拍子は色仕掛けで長田の持つ笛を奪おうとする。
 せりふと踊りが一体となり、テンポ良く展開する様子が目と耳に心地よいひと幕。遊び心あふれる詞章や、軽やかな手踊り、立廻りまで様式的で美しいみどころが続く、古風な舞踊が味わえる。

二、鼠小僧次郎吉(ねずみこぞうじろきち)
義理と人情の人間ドラマ
 刀屋の新助は100両と大事の刀を奪われ、恋仲の芸者お元と心中を決意する。そんな2人を止めに入ったのは稲葉幸蔵。事情を聞くと金を用意すると言い残し、どこかに消えてしまう。実はこの幸蔵こそ鼠小僧。人のためにと、盗みを重ねる幸蔵だが、辻番与惣兵衛に見咎められてしまう。しばらくしたある日、占いを生業にして世を忍ぶ幸蔵のもとへ蜆売り三吉が姉のことを相談に、さらには松山太夫も夫の幸蔵の行方を捜しに訪ねてきて・・・。
 奪った金銀を貧しい人に分け与える義賊、鼠小僧。見えぬ糸で結ばれた人々の繋がりが明らかになる人間ドラマ。代々演じられてきた音羽屋ゆかりの作品が楽しめる。

(あらすじは歌舞伎公式総合サイト「歌舞美人」より引用)


公演データ

■公演会場
歌舞伎座
東京都中央区銀座4-12-15

■アクセス
東京メトロ日比谷線ほか「東銀座駅」3番出口より直通。東京メトロ銀座線ほか「銀座駅」A7出口より徒歩5分

■公演日程
2022年2月1日(火)~25日(金)

■通常料金
1等席16000円、2等席12000円、3階A席5500円、3階B席3500円、1階桟敷席17000円

■出演者
第一部
真山青果 作
真山美保 演出
一、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)
御浜御殿綱豊卿
徳川綱豊卿          梅玉
富森助右衛門         松緑
中臈お喜世          莟玉
上臈浦尾           歌女之丞
小谷甚内           松之助
新井勘解由          東蔵
御祐筆江島          魁春

二、石橋(しゃっきょう)
獅子の精           錦之助
同              鷹之資
同              左近


第二部
一、春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)
曽我十郎           梅枝
静御前            千之助
曽我五郎           萬太郎

二、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
渡海屋
大物浦
片岡仁左衛門一世一代にて相勤め申し候
渡海屋銀平実は新中納言知盛  仁左衛門
源義経            時蔵
女房お柳実は典侍の局     孝太郎
入江丹蔵           隼人
銀平娘お安実は安徳帝     小川大晴
相模五郎           又五郎
武蔵坊弁慶          左團次


第三部
一、鬼次拍子舞(おにじひょうしまい)
山樵実は長田太郎       芝翫
白拍子実は松の前       雀右衛門

河竹黙阿弥 作
鼠小紋春着雛形
二、鼠小僧次郎吉(ねずみこぞうじろきち)
稲葉幸蔵           菊之助
刀屋新助           巳之助
芸者お元           新悟
杉田娘おみつ         米吉
蜆売り三吉          丑之助
石垣伴作           吉之丞
左膳弟子左内         橘太郎
養母お熊           橘三郎
与之助            坂東亀蔵
早瀬弥十郎          彦三郎
本庄曾平次          権十郎
大黒屋抱え松山        雀右衛門
辻番与惣兵衛         歌六

■公式サイト
「二月大歌舞伎」

注意事項

予約に関する注意事項

■本プランに関する諸注意
・チケットは、予約時にご登録いただいたご住所に事前に郵送いたします。
・住所不備、受取拒否、長期不在などご予約者の事情によりチケットの受け取りができなかった場合、再配達やキャンセル(ご返金)はいたしかねます。
・日本郵便の簡易書留にて、開催日1週間前にCNプレイガイドより発送いたします。
・公演当日は、お送りした公演チケットを持ってお越しください。チケットをお持ちでない場合はご入場いただけません。
・「二月大歌舞伎」は第一部から第三部まであります。同じ部を複数回お申し込みいただくことはできません。部が異なれば複数予約可能です。

■東京体験・エンタメ予約に関する諸注意
・申し込み可能人数以上の予約を希望される場合は、同行者様のアカウントから別途申し込みの上、下記OZmall編集部・イベント担当までご相談ください。なお、配席の相談は、配券の都合上希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。劇場の客席は原則、前後左右を空けた席配置になります。そのため、同行者とお席が離れる可能性があります。あらかじめご了承ください。
・参加料金の支払い手続き完了後のキャンセル、予約日程・人数の変更、返金はいたしかねます(クレジットカード決済の場合「お支払い手続き完了」画面の表示をもって手続きが完了します)。
・公演の席指定はできません。
・チケットの転売は、固く禁じます。

問い合わせ先

■公演に関するお問い合わせ
03-5800-3200(CNプレイガイド) 

■そのほかご質問・お問い合わせ
OZmall編集部・イベント担当(土日祝を除く10:00~17:00)

よくある質問

■交通機関により公演の開演時間に間に合わなかった場合どうなりますか
開演時間を過ぎても原則鑑賞は可能です。ただし、公演によっては入場・鑑賞を制限させていただく場合もあります。なお、参加料金の払い戻しはいたしかねます。

■交通機関によりレストランの入店時間に間に合わなかった場合どうなりますか(食事付きプランの場合)
時間によっては、食事をお召し上がりいただけない場合があります。当日、レストランに直接ご相談ください。なお、参加料金の払い戻しはいたしかねます。

■公演に参加できなかった場合、お土産は後日発送してもらえますか(お土産付きプランの場合)
公演当日に各会場(店舗)にてご自身で受け取るお土産の場合は、後日商品の発送はできません。なお、参加料金の払い戻しはいたしかねます。

■万が一、公演が中止になった場合の確認方法を教えてください
公演に開催中止・開催時間などの変更が生じた場合は「東京体験・エンタメ予約」トップページ上部にお知らせ枠を表示します。

そのほか東京体験・エンタメ予約に関するFAQはこちら

  • LINEで送る
※記事は2022年2月14日(月)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP