【メンズにおすすめの人気脱毛器9選】家庭でできるムダ毛ケアで、印象をよくしよう!

毎朝のヒゲ剃りが手間。この手間がなくなるなら脱毛したいと考えている人も多いのでは。でも忙しくて脱毛サロンに通うのは難しいなんて声も。そんな人は、自宅で簡単にムダ毛ケアができる光脱毛器がおすすめ。そこで今回は、オズモールがおすすめするメンズ向けの人気の光脱毛器9選をピックアップしてご紹介。自分に合った最適な光脱毛器を選ぼう。

更新日:2022/05/09

今回お話を聞いたのは、虎ノ門中村クリニック院長 中村康宏先生

関西医科大学卒業後、国家公務員共済組合連合会 虎の門病院に入職。その後、米国医師免許試験を突破しアメリカ・ニューヨークへ留学。帰国後、「中村康宏内科クリニック」を京都で開業する。その後、日本初のアメリカ抗加齢学会施設認定を受けた「虎の門中村康宏クリニック」を東京で開業し、予防に特化した医療サービスを提供している。2020年の12月より「虎ノ門中村クリニック」に移転。また、専門家タレントとして、WEBメディアを中心に医療、予防医療についての啓蒙活動も行う。

1.家庭用脱毛機に期待できる効果

一般的なフラッシュ式の家庭用脱毛器に期待できる効果は、「減毛」「抑毛」。完全な「脱毛」は医療行為でしか受けられないが、使い続けることで毛を細く、生えてくるスピードを遅らせることができる。

メリットは、自分のペースでケアできて、人に肌を見せる必要がなく、リーズナブルにケアできること。外出しにくいときも、自宅で気軽に使える。

ピックアップアイテム

トリア・ビューティ・ジャパン

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

48000円

おすすめポイント

・唯一*のレーザー脱毛器 (*米国FDA認可として唯一)
・出力は最高レベルで22J/㎠のハイパワー
・30日返金保証つき

トリアは、ダイオードレーザー技術を開発したレーザーの専門家によって創立されました。
家庭用レーザーに関する特許を数多く申請・取得しており、脱毛器の中でも珍しい「レーザー式」を採用。
22J/㎠のハイパワーを実現。

レーザー式なのでサングラスの装着は不要。更に、操作はボタン一つ、コードレス式なので、快適に脱毛ができます。
使用回数は充放電500回が目安。満足いくまで脱毛が可能です。

【公式サイトの限定特典】

メーカー保証1年⇒2年
30日返金保証付き
選べるプレゼントキャンペーン

2.【編集部おすすめ】メンズに人気の家庭用脱毛器9選

メンズ向け脱毛器の中から、オズモール編集部が厳選した男性の太い毛にも使いやすい9アイテムをご紹介。愛用している人のコメントも参考に、自分にぴったりの脱毛器を見つけよう。

エムロック

ケノン

69800円

【よかった点】
・自分の好きなタイミングで、空き時間を使って手軽に脱毛できるのがいいと思う。(30代 男性)
・最大の照射レベルで使い続けても、まだまだ照射回数が残っている。数十年はもちそう。(30代 男性)
・皮膚に接触しないと光が照射されないようになっているので、誤って光が目に入ることがなく、安心して使える。また、眉毛用の脱毛器も付属しているので、コストパフォーマンスはかなり高いと思う。(20代 男性)

【改善してほしい点】
・使うたびに冷やしたり、充電時間があるため、スムーズにいかず時間がかかる。(30代 男性)
・使用時に肌を保冷剤で冷やさないといけない。もう少し熱さを抑えられるとありがたい。(30代 男性)
・サイズが大きく、持ち運びには不便なので、もう少しコンパクトにしてもらえると助かる。(20代 男性)
・カートリッジを交換するのに値段が高すぎるのでもう少し安くしてほしい。(50代 男性)

おすすめポイント

・照射間隔が最速0.4秒
・静電式タッチセンサー搭載で誤照射防止
・10段階で出力レベルが調整可能

コンパクトなボディに充実した機能が詰まった光美容器。最速0.4秒で次の照射が可能なので、素早く手入れが終わる。

静電式タッチセンサーが肌に触れていないときには照射を制御するので、誤照射の不安も少なく済むのが嬉しい。

強い光を1回照射するシングルモードに加え、6回に分けて照射することで肌の負担を軽くする6連射機能なども搭載しているので、肌の状態に合わせて使用したい人におすすめ。

最大300万発という照射回数の多さと、カートリッジ交換して長く使える点も魅力。

脱毛方式フラッシュ式
使用可能部位顔、髭、脇、腕、足、手指、足指、腰、お腹、お尻、背中、へそ下、VIO ※粘膜部位への利用は不可
強弱調整10段階
カートリッジの交換可能
照射面積35mm×20mm
照射回数300万回
サイズ215mm×290mm×90mm
男性使用可能
【ケノンの特徴】

・フラッシュ間隔が最短0.4秒
・照射面積が7cm2だから広範囲ケアが可能
・レベル1の照射した場合、300万回照射できる
・4色あるから好みのデザインを選べる
・顔・VIOを含む全身脱毛が可能

【公式サイトの限定特典】

・購入日から2年間の保証付き

脱毛ラボ

男女兼用 ホームエディション

71478円

【よかった点】
・初心者でも簡単に使いやすく機能性もよい。微妙な剃り残しもないから爽やかさがある。(20代 男性)
・コンパクトで軽いし楽に作業できた。使い方も難しくなく、すぐに使用できた。(40代 男性)
・手軽に使え、軽くて持ち運びもできる。さらに値段もリーズナブルで気に入っている。(30代 男性)
・男性でも女性でも気軽に使える。また、携帯しやすくて使いやすい。(20代 男性)

【改善してほしい点】
・もう少し初期費用が安く抑えられたらもっと使いやすいと思う。(20代 男性)
・強いていえば、剛毛な私には物足りなく、一度で脱毛したい。(30代 男性)
・使いやすいが、値段が少し自分には高かった。値下げしてくれたら嬉しい。(10代 男性)
・もっと強力に照射して脱毛してもいいと思った。それ以外は、よいと思う。(40代 男性)
・毛深いと時間がかかること。これを短い時間で脱毛できると大変ありがたい。(40代 男性)

おすすめポイント

・冷却クーリング機能搭載
・業務用レベルのハイパワー約2.9J(ジュール)/cm2
・1秒毎に照射できて、全身の所要時間約15分

脱毛サロンが開発した光美容器。高性能タッチセンサー搭載なので、肌の凸凹した部分まで反応してくれる。

またサロン並みのハイパワーなのに、痛みを感じにくい仕様にこだわっている。冷却クーリング機能を搭載しているので、使用後の手間が減るのも嬉しい。

おでこやほおなどの顔にも使用できるので、全身ケアしたい男性におすすめ。どのモードで使用しても同時に美肌ケアできるので、カップルや家族でのシェアにも適している。

脱毛方式フラッシュ式(IPL)
使用可能部位脇, 腕, ビキニライン, 足, 顔
強弱調整5段階
カートリッジの交換不可
照射面積4.8cm2
照射回数30万回
サイズ-
男性使用可能
【脱毛ラボホームエディションの特徴】

・ 顔・VIOを含む全身脱毛が可能
・冷却機能で快適ケア
・全身脱毛が約300回分も可能
・連続照射で全身脱毛が15分
・月々2770円で全身脱毛ができる
・脱毛サロンで使われている業務用と同じパワー

【公式サイトの限定特典】

・キャッシュレス決済で5000円OFF
・14270円分の脱毛グッズ無料プレゼント
・不具合があっても安心の1年間の保証付き

ヤーマン

レイボーテ メンズフラッシュZERO

49500円

【よかった点】
・値段が安い割には使い勝手がよいので重宝している。(40代 男性)
・使いやすく、フォルムがシンプルでかっこいい。値段がそこまで高価ではないところがよい。(20代 男性)
・男性用のため握る部分が男性の手のサイズにちょうどいい。とても扱いやすいと感じた。(20代 男性)
・軽量でバッテリーも長持ちで気軽にいつでも使える。洗えて衛生面でも安心。(20代 男性)

【改善してほしい点】
・使える機能が思いのほかシンプルだったので、もう少し機能を増やしてもらえるとありがたい。(20代 男性)
・機能が多すぎて使いこなすのが難しい。値段も少し高いのでもう少し安くしてほしい。(20代 男性)
・やはり値段が高いのはなんとかしてほしいと思う。(30代 男性)

おすすめポイント

・日本人の肌に合わせて開発した光を採用
・最大出力レベルを制限する肌色センサーモード搭載
・3つのモードを切り替えることでストレスフリーにケア

日本のメーカーが、日本人の肌に合うように独自開発。通常のシングルモードに加えて、ローラーを転がすことでフラッシュが連続照射されるモードを搭載しているので、ストレスフリーに素早く広範囲を手入れできる。

また、肌色に合わせて最大出力レベルを制限する肌色センサーモードがあるので、脱毛器を使用したことのない人でも使いやすい。

ムダ毛ケアと同時に美肌をめざせるので、ヒゲ剃りなどで肌の状態が気になっている人にもおすすめ。

脱毛方式フラッシュ式
使用可能部位腕、脚、脇、胸、手・指、顔、ヒゲ
強弱調整5段階
カートリッジの交換-
照射面積-
照射回数35万回
サイズ70mm×208mm×103mm
男性使用可能
【レイボーテ メンズフラッシュZEROの特徴】

・ローラーモード、シングルモードで効率よくケアできる
・「肌色センサーモード」搭載
・ヒゲや腕、胸などの気になるムダ毛ケアに

ブラウン

シルクエキスパートPro5 PL5117

48000(Amazon)円

【よかった点】
・連射でスムーズに行える。充電式じゃないからずっと使える。(30代 女性)
・値段も手頃で、操作も簡単。わかりやすい説明書がついているからすぐ使えた。(30代 女性)
・家電量販店でも販売しているので使いやすい。(30代 女性)

【改善してほしい点】
・説明書がわかりにくいと思った。(30代 女性)
・余計な付属品が少し多い気がする。シンプルにして付属品がほしい人はオプションで付ける感じにしてほしい。(30代 女性)
・光の当たる面が狭いので、細かい部分はいいが広い面は何回も当てなくてはいけないので少し面倒に感じる。(20代 女性)
・日焼けした肌には使えないので、もうちょっとがんばってほしい。(40代 女性)

おすすめポイント

・最短0.5秒の照射間隔
・フラッシュパワーを自動調整
・3つのモードの切り替えで、部位に合わせて使用できる

より効率的にケアできるよう、最大6J(ジュール)/cm2を実現した家庭用光美容器。照射間隔が最短0.5秒なので、効率よくスピーディーにムダ毛をケアできる。

また、センサーが肌の色を1秒間に80回自動で読み込んで、出力レベルを10段階で自動調節するシステムを搭載。

さらに、顔やデリケートゾーンといった細かい部位に最適なコンパクトヘッド付属なので、ヒゲを含む全身のムダ毛が気になる人におすすめ。

通常モードのほか、初めてでも使いやすい、やわらかモードと超やわらかモードがあるのも魅力。

脱毛方式フラッシュ式(IPL)
使用可能部位脇, 腕, ビキニライン, 足, 顔, 背中, 胸
強弱調整10段階
カートリッジの交換-
照射面積-
照射回数40万回
サイズ181mm×70mm×50mm
男性使用可能
【シルクエキスパートPro5 PL5117の特徴】

・400000回フラッシュ回数&10段階の照射レベル
・連続モードと単発モードで調整可能
・照射口横のセンサーが肌の色を自動で読みとり、光量を自動調節
・フラッシュの照射間隔も0.5秒

ヤーマン

レイボーテRフラッシュ ダブル

75900円

【よかった点】
・脱毛した感じがしなく、違和感がないのがおすすめ。剃り心地もよい。(20代 男性)

【改善してほしい点】
・もう少し手頃な価格だと嬉しい。(20代 男性)
・値段が高いのとメンテナンスが必要なのでケアを大事にしたい。(20代 男性)

おすすめポイント

・ワイドな照射口でスピーディーにケア
・ランプ2本搭載でハイパワー
・5段階で出力レベルを自動調整するオートモード付き

従来モデルの約1.5倍広い照射口により、シリーズ内最速でムダ毛ケアできる光美容器。1回で広い面積の肌に照射できるので、全身のムダ毛ケアが最短約3分で完了する。

また、フラッシュを発するランプを2本搭載しているので、より効果的にケアできる。

さらに、センサーによって肌の色を自動で読み取り、5段階で出力レベルを自動調整するオートモード付き。付属のスポットヘッドで、細かいパーツも快適にケアできる。

脱毛方式フラッシュ式
使用可能部位脇, 腕, 足, へそ下, 手指, 足指
強弱調整5段階
カートリッジの交換可能
照射面積9.24cm2
照射回数60万回
サイズ228mm×78mm×63mm
男性使用可能
【レイボーテRフラッシュ ダブルの特徴】

・全身ケアが約3分で完了
・長寿命だからファミリーでシェアして使える
・適正な出力レベルに自動で調整する肌色センサーを搭載
・9.24㎠のワイドな照射口により、1照射あたりの処理面積が広い

【公式サイトの限定特典】

・90日間返金保証付き

パナソニック

光エステ <ボディ&フェイス用> ES-WP82

52800(Amazon)円

【よかった点】
・フェイスとボディも使えたのでコストパフォーマンスはよかった。(40代 男性)
・使用方法が簡単。また、長い時間をかけなくてもよいので、手軽に使える。(30代 男性)
・シンプルで使いやすくて、誰でも間違えることなく使うことができると思う。(30代 男性)

【改善してほしい点】
・初めは見よう見まねで、若干恐怖心さえあったので、使用方法の動画などが豊富にあると助かる。(40代 男性)
・背中など後ろの毛を脱毛するときにヘッドが可動式だと嬉しい。(50代 男性)
・金額的にはわりと高めな印象。また自分で行うのに背中などがやりづらい。(10代 男性)
・使用感はよいので、値段がもう少し安いと迷わず手に取ろうと思う。(30代 男性)
・もっとバッテリーを増やしてくれると、使いやすい。(30代 男性)

おすすめポイント

・美肌ケアも同時にできる
・広い照射口とアタッチメントを採用
・一台で全身ケアができる

ムダ毛ケアして美しい肌をめざせる光美容器。肌のことを考え、2回に分けて連続発光するWランプ連続発光機能と、刺激になりやすい波長を調整するフィルターが付属している。

また、約8.3cm2という照射口の広さも魅力。さらに、ボディ用、フェイス用、ビキニ用の3つの専用アタッチメント付きなので、これ一台で全身のムダ毛をケアできる。

5段階で出力レベルを調節できるうえ、肌の色に合った出力レベルを確認できる肌検知センサー搭載なので、初心者におすすめ。

脱毛方式フラッシュ式
使用可能部位脇, 腕, 足, 顔, 胸, 手, vゾーン
強弱調整5段階
カートリッジの交換不可
照射面積8.3cm2
照射回数30万回
サイズ253mm×79mm×56mm
男性使用可能
【光エステ <ボディ&フェイス用> ES-WP82の特徴】

・「スピード照射モード」を搭載
・Wランプの連続発光でハイパワー
・男性のヒゲにも対応可能

アイリスオーヤマ

家庭用光脱毛器 エピレタ EP-0115-P

17380円

【よかった点】
・片手で無理なく持って使用できるサイズ。体のどの部分でも照射しやすい。5段階の照射レベルになっていて、使用回数や脱毛部位によって調整できる。使用前後のスキンケアをきちんと行うことで、肌をケアしながら使える。(40代 男性)
・顧客の立場に向き合った、使い勝手がとてもよい商品。みんなにすすめている。(20代 男性)

【改善してほしい点】
・照射センサー範囲が比較的広いので細かい部分の脱毛することが難しい。説明書はわかりやすいが、個々の肌の状態や脱毛状態に合わせた照射レベルや使用間隔などがわかりにくい。(40代 男性)
・細かい部分の脱毛が難しいのと、指は使いにくい。自分はなかったが、電源が入らないケースもあるので、品質にバラつきがあるみたい。(50代 男性)
・あらゆる角度でも脱毛できるようになれば、さらにいい。角度によっては脱毛できてなかったりするので、改善を希望。(30代 男性)

おすすめポイント

・2種類の安全センサーを搭載
・照射回数15万回
・軽量コンパクトボディ

手頃な価格で購入できる「エピレタ」。照射間隔が1秒とスピーディで、ワキなら10秒、片脚のように広範囲であれば15分でケアできるため、ストレスが少なく快適に使える。

タッチセンサーが誤照射を防ぎ、肌センサーが照射できない肌の色を感知して照射を制限。さらに出力レベルを5段階調節でき、部位に合わせて使い分けができる。コストを抑えつつ質に妥協したくない人におすすめ。

さらに、約220gと軽く、片手サイズのコンパクトボディなので、操作しやすい。収納にも困らないのも嬉しい。

脱毛方式フラッシュ式(HPL)
使用可能部位腕、足、脇、ビキニライン、顔
強弱調整5段階
カートリッジの交換-
照射面積30mm×9mm
照射回数15万回
サイズ130mm×80mm×50mm
男性使用可能
【家庭用光脱毛器 エピレタ EP-0115-Pの特徴】

・カートリッジ交換不要
・5段階の照射レベル調整
・操作しやすい軽量モデル

【公式サイトの限定特典】

・最長2年間サポート保証付き

フィリップス

光脱毛器 ルメア アドバンス SC1997/70

46256(Amazon)円

【よかった点】
・パッと見てすぐに脱毛器だとわからない。使ったことない人からすればなにかわからないので、恥ずかしいことがない。(20代 男性)

【改善してほしい点】
・持ちにくいから、形状を工夫してほしい。(30代 男性)

おすすめポイント

・穏やかな光でデリケートな箇所にも使いやすい
・約15分で両ひざ下の手入れが可能
・照射回数約25万回

フィリップスの光美容器は、皮膚科医との共同開発によって誕生。穏やかな光なので、初めて使う人にも使いやすい。肌の色を読み取って、出力レベルが強過ぎると照射を止める肌色センサーも搭載している。

片手で簡単に使えて、両ひざ下であれば約15分でお手入れ完了。さらに、身体用に加えて顔用のアタッチメントも付いているので、効率的にムダ毛をケアできる。

また、肌に密着していないと照射できない安全リングも採用。2週間に一度のケアを、4~5回続けるのがおすすめ。

脱毛方式フラッシュ式(IPL)
使用可能部位顔、脚、ワキ、ビキニエリア、腹部、腕
強弱調整5段階
カートリッジの交換-
照射面積-
照射回数25万回
サイズ79mm×47mm×129mm
男性使用可能
【光脱毛器 ルメア アドバンス SC1997/70の特徴】

・皮膚科医と共同開発
・約15分で両ひざ下のお手入れ完了
・照射回数約25万回

3.脱毛器の選び方

3-1.脱毛方式で選ぶ

◆フラッシュ式脱毛器
「光脱毛」とも呼ばれ、現在流通している家庭用脱毛器のほとんどがこのタイプ。毛のメラニン色素に光を当て、毛根にダメージを与えて脱毛していく。

厳密に言うと「減毛」で、毛が細くなったり、生えてくるスピードが遅くなったりといった結果を期待できる。広範囲を照射できるものが多い。

◆レーザー式脱毛器
毛の元になる毛乳頭にダメージを与えることで脱毛するタイプ。本来はクリニックで提供されるものなので、家庭用として販売されているものはかなり少ない。

広範囲よりも、ピンポイントのケア向き。フラッシュ式よりもパワーがあり、部位や肌の状態によってストレスを感じやすい。

◆ローラー式、サーミコン式
数はかなり少ないが、いずれも物理的に毛を抜くタイプ。
ローラー式:脱毛器のヘッド部分についたローラーで、毛を挟み込んで抜き取る
サーミコン式:内蔵された熱線が、毛に接触すると抜ける

3-2.使用できる部位で選ぶ

脱毛器は、全身、顔(ひげ)、VIOといった使用部位が定められていることがほとんど。1台ですべての部位に使用できるものもあるが、なかにはカートリッジ(脱毛器の先端部分)の交換が必要なタイプもある。

ケアしたい部位を明確にしたうえで、最適なものを選ぼう。とくに男性は、ひげ(顔)に使えるかをしっかりチェックしておきたい。

3-3.照射面積の広さで選ぶ

処理したい部位に合わせて、照射面積を確認しよう。ひとつの脱毛器で、面積の異なるカートリッジを付け替えることができるものも多い。

腕や脚、腹部など広範囲に使うなら、広い面積を選んで。時短にもつながり、カートリッジの交換頻度が少ないので低コストで済む。一方で、レーザー式を含む照射面積の狭いタイプは、細かい部位のスポットケアに適している。

3-4.照射パワーを調節できるものがベスト

肌や毛の色、状態によって、ストレスの感じ方や結果の出方は異なる。状況に合わせて照射レベルを調節できるものが望ましい。もっとも弱いレベルから初めて、徐々に調整していくのがおすすめ。

4.脱毛器を使うときの注意

4-1.前日までにカミソリなどで処理

毛根に光をあてるフラッシュ式、レーザー式の場合は、あらかじめムダ毛を処理しておく。毛で毛根が隠れてしまうと、光が届きにくく満足感が減少する可能性がある。カミソリを使う場合は、肌への負担を考慮して前日までに済ませておこう。

4-2.使用前にはパッチテストを行う

肌トラブルを避けるため、事前のパッチテストは必須。しばらく使っていないと肌の状態が変わることもあるので、初めて使う機器でなくても実施したほうがよい。

剃毛を済ませてから、もっとも弱い出力で肌に1回照射し、2~3日後の状態を確認しよう。肌に異常が見られたら使用を中止し、様子を見ながら専門機関に相談して。

4-3.照射時間、出力、期間は機器ごとの説明に従う

ほとんどの家庭用脱毛器に、推奨の照射時間や出力、空けるべき期間について説明がある。安全かつ効率よく使うための指標なので、しっかり確認して守るようにしよう。

とくに出力に関しては、強過ぎるとやけどにつながってしまうことも。全体に赤くなったり、使用後の肌全体にポップアップ(照射した箇所の毛がポロポロと抜け落ちる現象)が見られる場合は強過ぎる可能性がある。メーカーの指示に従いつつ、まずはもっとも弱い出力から試そう。

4-4.使用後はクールダウン&保湿!刺激や日焼けにも注意

トラブルを防ぐために、脱毛機を使った後は入念な保湿、UVケア、摩擦を避けることを徹底しよう。

脱毛器を使った後の肌は熱を帯び、潤いが奪われやすい状態。まず保冷材などで肌を冷やし、しっかり保湿することを心がけて。紫外線でやけど状態に拍車をかけるのも控えたいので、UVケアを徹底しよう。スキンケアやお風呂の際、摩擦を与えないようにするのも大切。

脱毛器にまつわるQ&A

女性向けの家庭用脱毛器を、男性が使っても問題ない?

基本の仕組みは同じなので、問題ありません。

ひげ脱毛をするときに注意すべきことは?

肌荒れ、ニキビ、カミソリ負けが起きているときは、使用を控えましょう。また、顔は身体のなかでもとくに敏感なので、やけどや毛嚢炎などが起きる可能性もゼロではありません。使用前後の冷却と保湿ケアを徹底してください。

今回お話を聞いたのは、虎ノ門中村クリニック院長 中村康宏先生

関西医科大学卒業後、国家公務員共済組合連合会 虎の門病院に入職。その後、米国医師免許試験を突破しアメリカ・ニューヨークへ留学。帰国後、「中村康宏内科クリニック」を京都で開業する。その後、日本初のアメリカ抗加齢学会施設認定を受けた「虎の門中村康宏クリニック」を東京で開業し、予防に特化した医療サービスを提供している。2020年の12月より「虎ノ門中村クリニック」に移転。また、専門家タレントとして、WEBメディアを中心に医療、予防医療についての啓蒙活動も行う。

  • LINEで送る
※記事は2022年5月9日(月)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP