オズモール 女性・OLのための情報サイト


  1. オズモールTOP >
  2. オトナ女子のおしゃべり掲示板 >
  3. なんと謝ればいいでしょうか

クチコミ掲示板

知りたい&教えたいクチコミ・悩み相談


  • すべて
  • フリートーク
  • LOVE&H
  • ビューティ
  • グルメ
  • おでかけ
  • キャリア
  • エンタメ
  • ウエディング

LOVE&H|投稿記事

なんと謝ればいいでしょうか

nanako02
2007/05/30(水) 09:57

彼を怒らせてしまいました。

私と彼は遠距離恋愛中です。
昨年までは、彼のいる地方へ私が出張することが多く、月2回
ほど会っていました。
けれども、今年に入ってから、彼の仕事がとても忙しくなった
こと、私の仕事の担当が変わって出張がなくなったこともあ
り、ほとんどあえなくなりました。
また、彼から毎日あった電話はなくなってメールだけになり、
さらに仕事は加速度的に忙しくなって、最近ではメールと電話
あわせて月に1-2回になっていました。

おまけに、ここ数ヶ月、彼の別れた奥さんが勝手に家に戻って
きた、ということで、こちらから電話するのもはばかられる、
電話しても状況が悪く電話を切られる、という状態でした。
私にはあまり奥さんのことは話したくないようで、状況はくわ
しく話してくれません。
彼のほうから夜遅く、家路の途中で電話があり、家の中に入っ
てもそのまま普通に電話をつづけることもあり、奥さんがずっ
と家にいるわけでもないようで、その訳のわからなさ(奥さん
が戻ってきて、絶対家では連絡が取れない、というのなら、そ
れはそれで理解できる)が、余計に不安でした。

4月はじめに、一度だけ出張で彼と会ったのですが、それまで
なら彼の家に泊まっていたけど今回は奥さんのことがあったの
でホテルに泊まりました。
そのときも、仕事が大変で疲れてるにもかかわらず、朝4時頃
ホテルを出て一度家にわざわざ帰っていきました。
まるで不倫のようで、ものすごく悲しく感じました。

前置きが長くなりましたが、彼が先週海外出張に行っており、
ずっと前から、その海外出張が終われば一息つく、出張準備は
大変だけど行ってしまえば少しは楽、と聞いていたので、いつ
ものように成田空港からの電話や、現地からのメールを待って
いたのですが、それもありませんでした。
出張の後は少しは楽になる、と言ってたのに、週末も月・火と
たっても連絡がありません。
私と彼専用の携帯に電話してもoff中。
とうとう昨夜、彼の一般の携帯に電話したら出たのですが、
「家にいて、奥さんがいるから」ということで、またすぐにき
られました。

その後、私はひとりでどんどん妄想がひろがってしまいまし
た。
実は奥さんが戻ってきたなんていうのはうそで、他の新しい女
性ができたのでは、しばらくは二股かけてたけど、ついに私の
ほうを切る覚悟ができたために、一切連絡を絶ったのではない
か(最後の連絡があったのは2週間以上前です)、そう考えた
ら不安で不安でしかたなくなってしまいました。
それで、ついに、彼に「休みをとってあなたの家に行きます。
困るようならすべて話してください。なんでこんなにも連絡で
きないの。あんまり馬鹿にしないでよ」ときついメールを打っ
てしまいました。
ここまできつく書いたのは、出張のあと「連絡ちょうだい~」
って何回かメールしてもまったく返事がなくて、このくらい言
えばいくらなんでも返信してくれるだろう、という計算があっ
たからです。

でも、それが彼を怒らせてしまいました。
「馬鹿にしてると思うなら、会わないほうがいい。午前様じゃ
なく帰ってきたのは1ヶ月半ぶりなんだけど。今日だって~で
やっと帰ってきたところ。少し休ませてくれ」とありました。
私の妄想は、本当にただの妄想だったようです。

彼を信じられず、不安に負けて、感情にまかせて彼を攻撃して
しまったことが恥ずかしくて、申し訳なくて、仕方ありませ
ん。
彼にどうやって謝ったらいいでしょう。

電話もほとんどできないので、メールで謝るしかない(手紙も
奥さんがいるかもしれないので送れない)と思うのですが、自
分がこういう理由で不安だった、その不安におしつぶされて失
礼なことを言ってしまった、申し訳ない、と話すべきでしょう
か。
それとも言い訳がましいので、まずはごめんなさい、とだけ言
うべきでしょうか。
ごめんなさい、とメールをするだけでは、普段のちょっとした
言い合いや遅刻してごめんね、メールと同じようで、軽々しい
かなあとも思います。

どうか、上手な謝り方、相手の怒りや悲しみ(信じてもらえな
かった)を収め方をおしえてください。

彼からの返信をうけとったばかりで、まだパニクっていて、で
も誰かに話さずにいられなくて、長くて乱文で、申し訳ありま
せんが、どうぞよろしくお願いします。

  よく分らない

キャンティC
2007/05/30(水) 12:44

彼は奥さんと離婚しているんですよね?
それなのに、元奥さんが勝手に戻って来たと?
一緒に今暮らしているという事は彼は元妻を受け入れている
って事でしょうか?
何の理由があったにせよ、彼はどうして別れた元妻と1つ屋根の下
で過ごしているのかなぁ。いくら頼って来ても一緒の所で寝食共に
する事はないのでは。
彼の言っている事って、何処かおかしくないですか?
どうやら一方的に彼が言っている事を信じているようですが、
nanako02さんが「もしかして?」って疑っている事に近い状態じ
ゃないかと思いますよ。
勝手に押し掛けて来て困っているのなら、元妻に彼がハッキリ
来ないで欲しい事と自分には大事な人がいる事を言えばいいと思う
し、元妻がいる所で電話でも掛けて「大事な人がいる。彼女も不安
に思っている」っていうのが普通じゃないかと。
nanako02さんが、怒るのを実はじっと待って別れるきっかけを掴
もうとしたようにしか思えませんけど。あわよくば・・・・的な。
それだけ会う時間がなければ、女性が不安になる気持ち位分りそう
な気がしますよ。
不安を更にあおるようで申し訳ないけど、一度彼を訪ねてみたらど
うですか?
多分、今のままでは真相は分らないんじゃないかな。
自分ばかりを責めないで。先ずは真実を知る事が大事ですよ。

スタッフへ連絡

  なんかおかしい

あずたん☆
2007/05/30(水) 13:34

不安なところをさらに不安にさせてしまって
申し訳ないですが、
彼の言っていることはなんかおかしい。。。
nanako02さんがむげに謝る必要はないかと思います。

私の気になる点は、
①どうして別れた元妻に気を使わなくてはならないのか
②なぜ詳細を教えてくれないのか
③「馬鹿にしていると思うなら会わない方がいい」の意味が
わからない
というところですが、以上のことから
元妻は正式に元妻なの?
あるいは新しい女がいる?
と、私ならそんなふうに考えちゃいます。

ちゃんと彼に会って説明してもらった方がいいかと。。
なんならいきなり家に押しかけるのもアリだと思いますよ。

スタッフへ連絡

  謝るべきは

mut-n
2007/05/30(水) 17:27

前提となる話はおいておいて、
単に、不安で相手を信じきれなくて疑うようなことを言って
怒らせてしまったというだけなら、
経緯を追って正直に伝えればいいだけだと思いますよ。
ごめんなさい、私が弱かったって。

でも、今回の場合はどうなのかな。

相手は疑われても仕方のないことをしてますよね。
早朝にホテルを出たり、メールちょうだいというメールは無
視。専用携帯の電源はOFF。
うーん・・・・。
謝るべきは彼なんじゃないですかねぇ、「不安にさせてゴメ
ン」「ついカッとしちゃってゴメン」と。

つらいでしょうけど、今はしばらく彼からのごめんメールを
待ってみましょう。

それがこないようなら、疑いは本当だったんですよ。
元妻か新しい女かは分からないけど、誰かできて、nanako02
さんとは立ち消え、あるいは都合のいいときだけ会える関係
にしようとしてるんじゃないかなと。

nanako02さんから謝ることは泥沼への始まりになりそうな気
がします。

今は彼がどう出るのか、待ちましょう。
それから次の手を考えましょう。

スタッフへ連絡

  途中報告

nanako02
2007/05/30(水) 19:33

彼から電話がありました。
当然まだ会社だったけど。

まさか彼から連絡があるとは思わなかったので、「ごめんなさ
い」と言いました。
彼の声はすごく疲れていて、もうなんかすべてがどうでもよく
て、悪いけどこんな精神状態だから、しばらくほおっておいて
ほしい、ということでした。
あまりの彼の声の沈みように、わかった、としか言えませんで
した。

彼の奥さんはかなりきついというか感情的な人でした。
鬼嫁日記じゃないけど、人間関係って一度強弱の関係ができる
とどっちの理屈があってるかあってないか、ではなく、理不尽
でもそっちの言い分がとおるってことがあるじゃないですか。
彼と元妻もそんな感じです。
(私の両親も、父親の性格に問題があり、理屈なんてまったく
通らないし、すぐに感情的になって怒り出すと手はつけられな
いし、結局は父親の理不尽な要求のとおりになることがよくあ
ります。なので、それと同じかなーと想像しています)

いきなり、彼のところに、元奥さんの荷物が送りつけられてき
て、ごたごたしたけど結局そのままいすわられてる感じのよう
です。ごね得、みたいな感じ?
以前電話で話したときは、毎日深夜に帰宅、週末も出社してる
状態なので、その後事態の改善もままならないと言っていまし
た。

毎日の激務、家に帰っても異常な状態、で、精神的にやられて
しまってるのかなあ?
彼と知り合ってから10年以上たち、以前も一度数ヶ月タコ部屋
状態で休みなしで深夜まで働く状況のことがありましたが、こ
んなに疲れた声を聞いたのは初めてのことです。
うつ、というようなことは簡単に言いたくありませんが(親し
い人でそういう人がいないので、私も詳しく知りませんし)、
投げやりな状態がとても気になりました。

今年の2月まではそれでも普通でしたが、彼の元奥さんが戻っ
てきたのが3月、週末出勤や午前様があたりまえになってきた
のが3月終わりからで、連絡ががくっと減ったのも3月からで
す。

そういえば、昨日まずつながったときに、ずっと連絡がなくて
ごめん、て最初に言ったなあと思い出したりして。。
とりあえずは、ほおっておくのがいいのかなというか、それし
かできません。

みなさんならどうされますか?

スタッフへ連絡

  う~む

あずたん☆
2007/05/30(水) 21:19

ほうっておくしか仕方ないですよね。
仕事と元妻のことで(精神的に)やられてるなら
彼の問題だし、助けてあげられないですもんね。

私だったら、メールで
「グチを聞いてあげることならできるから、
いつでも言ってきてね」的なことを言って
連絡がなければほっときます。

何もしてあげられないのはツライね。
でも、、、
その状態なら、ややこしいことに巻き込まれること必至
のように見受けられるので、
いい機会だと思って、これからの彼との関係を
じっくり考えてみては?

スタッフへ連絡

  我慢のしどころ

mut-n
2007/05/31(木) 10:40

よかった。彼のほうから連絡があったのですね。
nanako02さんは驚いてますけど、向こうが関係を壊そうと思
ってるのでなければ当然のことですよ!


今後については、あずたん☆さんの書かれていることに賛成
です。
いつでも力になるよとの姿勢は示したうえで離れて静かに見
守る、というスタンスを取るのがいいんじゃないかなと。

さらに言うなら、
そうやって離れてる間に、nanako02さんは彼ナシの人生を前
向きに考えたほうがいいと思います。
ナシといわなくても、彼は人生のメインではなくスパイスく
らいに考えるように。

今のような遠距離のまま(最悪、むこうには元妻がいるま
ま)たまに会う関係の恋人でい続けることで満足できるなら
そういうい形もありでしょうが、そういう関係を選ぶには、
今のnanako02さんはちょっと精神的に弱いと思うのです。
だって、知り合って10年にもなる間柄だったとは、はじめ
の投稿からは察することができませんでしたよ。
そんなに長い付き合いならもうちょっと信じてもよかったん
じゃないかな、て。

いずれにしても今は我慢のしどころですね。彼もつらいんだ
と思って我慢しましょう。

この先のことはまた事態が動いたときに考えることにして。
今は静観。
nanako02さんも強くなりましょう!

スタッフへ連絡

  ありがとうございました

nanako02
2007/06/03(日) 23:12

あずたんさん、mut-nさん、二度も書き込み、ありがとうござ
いました。

おふたりのおすすめどおり、先ほど、いつもと変わらないよう
な軽いのりで、もういちどごめん!ということと、
つらいということを言える相手でいたいと思ってる、と
メールしました。

今年に入って忙しくなり始めたときに、他の女性が彼にアプロ
ーチをかけてきたことを友達と話してたら、その人に、
「彼の行動はおかしい。もしかしたら、彼女なりほかの女な
り、nanakoが離れてる間に同棲始めてるかもよ」
「そばにいるんならいいけど、遠距離なんだから、もっと厳し
く監視しないと」
「そんなに性善説というか、彼のこと信じてるばかりで、向こ
うからしたらこれ幸い、だますのも簡単、て感じで後から泣き
みるかもよ」
などと、いろいろ言われたことがありました。
そのことを思い出して急に不安になってしまって。
そのときも不安になったけど、やっぱり他の女がこようが元妻
がこようが、私と彼の関係を強固にすることが一番の防衛策に
もなるんだ、と思って、横やりに対してどうこうするのはやめ
よう、彼とだけ向き合っていよう、と思ったのに、
とうとう不安に負けてしまいました。

今回、あらためて自分が強くならないといけないと思いまし
た。

キャンティCさんもレス、ありがとうございます。
結局彼のところに行ってはいませんが、近いうち、彼のいる地
方へ転職するつもりで活動を続けています。
(もともと私の故郷だし、今年中には戻りたいと計画していた
ので)
そのときには、一定の答えがだせると思っています。

みなさま、ありがとうございました。

スタッフへ連絡




PR