オズモール 女性・OLのための情報サイト


  1. オズモールTOP >
  2. オトナ女子のおしゃべり掲示板 >
  3. 今更になって

クチコミ掲示板

知りたい&教えたいクチコミ・悩み相談


  • すべて
  • フリートーク
  • LOVE&H
  • ビューティ
  • グルメ
  • おでかけ
  • キャリア
  • エンタメ
  • ウエディング

LOVE&H|投稿記事

今更になって

ぷくりん329
2006/05/14(日) 01:41

初めて投稿します。よろしければ聞いてください。

つきあって丸四年になる彼がいるのですが、その彼との結婚につい
て悩んでいます。
付き合って四年が経ちましたが、一つ年上の彼はとても優しく、私
のことを非常に大切にしてくれています。私は、現在28歳ですが、
ちゃんとお付き合いしたのは今の彼がはじめてで、自分のことを好
きだ、と言ってくれる人にはじめて出会えた事が嬉しく、プロポー
ズしてくれた時も「はい」と答えました。

でも、いざ結婚準備をはじめるにあたり、彼との価値観の違いに気
付き始め、彼との将来の生活がとても不安になってきたのです。
具体的にどういうところが不安かと言うと、
・金銭感覚の違い
彼は洋服など身につけるものには一切お金を掛けたくないタイプ
(服はほとんどユ○クロ)で、私は自分へのご褒美に、とボーナス
では好きなブランド物(鞄や財布など小物)を買うタイプですがブ
ランド物で派手に着飾るタイプでは全くないです(私も時々ユ○ク
ロは着ます)
 →結婚後に何か買いたいものがあっても、値段の高い安いでもめ
るのでは?と言う心配(実際に今でも一緒に彼の服を買いには行き
ますが、必ずまず値段を見て、私から見るとありえない安っぽい服
でも平気で買います)

・仕事に対するモチベーションの違い
私は新卒入社で流通業界の大手に入社し、総合職で五年間男性と対
等の仕事をしてきたせいか(性格的にも社交的なほうです)、仕事
に対してある程度の上昇志向、目標を持たずに仕事をしている男性
を見るととってもだらしなく見えてしまいます。彼は現在公務員
(郵便局員)で(付き合って二年目に転職しています)、話を聞く
限りではとても目標を持って仕事をしている様子は見えないので
す。
一般企業にいた彼が「公務員に転職する」と言った時、私は公務員
としての安定に魅力を感じたのだろうと思い込んでいて、私もそれ
自身は疑問も感じず否定もしなかったのですが最近なぜ転職しよう
と思ったのか、という話をしたときに「だって、五時半には仕事終
わるし、休みもかっちりしてるし、何より郵便物配ってりゃいいし
楽だから」という答えが返ってきて、ある程度のやりがいをもって
仕事をしていたと思い込んでいただけに彼をひとりの働く男性と見
た時にとても尊敬できなくなってしまったのです。
一年程前から、郵便配達から保険課に異動になりましたが「ノルマ
のある仕事は嫌、上司からの評価の方法が気に入らない(これには
話を深く聞いて私も納得しました)」ということで介護関係への転
職を考えているようです。(仕事へのスタンスは変わっていない)

ダラダラと書きましたが、金銭感覚、仕事に対するモチベーション
の違いに彼との価値観の違いを感じています。
この二つを除けば、彼の事は大好きです。でも、これから一緒にや
っていくのに、ここの価値観の違いを妥協してしまっていいのか、
悩んでいます。もてるタイプではないので年齢的にも正直私自身結
婚に焦っている部分もあります。最近は会うたびに将来的な話ばか
りしていて、デートらしいデートもしていない状態です。気のやさ
しい彼は、私が一人で暗くなっている事を察してご機嫌を伺ってい
るような状態で、申し訳ないと思っていますが、やっぱり不安なん
です。

価値観の違いは、多かれ少なかれどこのカップルにもあると思いま
すが、皆さんはどうやって乗り越えられているのでしょうか。とく
に結婚されている方、結婚を考えている方から、アドバイスいただ
きたいです。男性の方の意見も是非頂きたいです。長文になりまし
たが、どうぞよろしくお願いいたします。

  価値観の違いの許容範囲

weiss
2006/05/14(日) 12:19

人の価値観はそれぞれです。
結婚の障害になるような価値観の違いも、そうでない違いも
あるでしょう。
それを決定するのは貴女ご自身でしかありません。

また「価値観」は確かに変わりにくいものであるかも知れま
せんが、環境により「優先順位」は変化していくものです。

例えば服装などの価値観も、貴女の現在の価値観は、貴女の
現在の状況の優先順位によるものであるのだと思います。
結婚して、家を買いローンを抱えたら、将来の経済設計を考
えたら、あるいは子供が出来て育児や教育にお金がかかるよ
うになれば、価値観は変わらずとも優先順位は変えざるを得
なくなるでしょう。

「仕事への価値観の違い」は、時に許容範囲を超える場合も
ある重要なことかも知れませんネ。
しかし生活の「安定志向」は、非難されるばかりでは無い時
代ですし、言い換えれば「堅実」との評価もあるわけです。
いわゆる「仕事人間」にはならないであろう彼の、仕事以外
のエネルギーが「家庭」に向くのであれば、むしろ喜ぶべき
事である時代なのかも知れません。

仕事での上昇志向を人生の価値観の優先順位に置く生き方の
男性は、確かに未婚の女性にとって魅力的に映るのかも知れ
ません。
しかし、常に足下をすくわれたり、敵を多く持つなどのリス
ク、失敗したときのダメージ、家庭を顧みる時間が持てな
い、などが有ったとき、結婚生活自体への影響も大きいでし
ょう。
そういうことも、結婚後の生活を想定して考えてみる機会を
持ってみると良いと思います。

郵便局員といえど、民営化で「上昇志向」無しに現状維持が
出来なくなるかも知れないわけで、そうなれば彼自身価値観
の優先順位を変えざるを得ない状況も起きるかも知れませ
ん。
さらなる転職も選択の一つですが、年齢と、能力、条件を考
えれば、その時の優先順位も価値観通りの選択は難しくなる
かも知れません。

その時結婚していれば、彼の選択には貴女の意見も反映され
なければならないわけです。
結婚すれば価値観(の優先順位)も変わり、二人で少しずつ
すりあわせが出来てくる、それが結婚生活というものだと思
います。

スタッフへ連絡

  weissさんへ☆

ぷくりん329
2006/05/17(水) 00:20

早速のお返事ありがとうございました。

考えてみれば、結婚という物って、二人で作るものなのに、
彼の収入が低い、金銭感覚が合わない、など全部彼のせいに
していた部分があるなって、反省しました。

weissさんが最後におっしゃっていたように、結婚は
二人の意見のすりあわせが大事ですもんね。
今までは私の価値観を押し付けすぎていたような気がします。
今回の事、彼ともう一度話してみようと思います。
相談に乗っていただき、ありがとうございました。
今後も何度もここで相談させていただくと思いますが、
これからもよろしくお願いいたします。

スタッフへ連絡

  気になるポイント

momo2000
2006/05/14(日) 14:55

どんな仕事でもノルマはありますよね。
介護業界でも大手ですと、組織を維持する為の集客力や、
利益を出すための効率向上が求められる様ですし、
小規模なところでは、慢性的に人手が足りなくて体力的な
キツさがあるようです。
ただ、この業界は男性が少ないので、喜ばれるでしょうし、
もしかしたら彼氏さんは本当に介護業界に適正があるのかも
しれないですから、一概には言えない様に思います。

金銭感覚については「高額な買い物」をする訳ではないから
まぁ、許容範囲かなぁと思います。
私の夫も衣類などに執着がなく、ユニクロでOKです。
私の方は流行りの服も着たいし結構高いものを買ってます
し、美容院代だって化粧品代だってある訳ですし、
携帯もほぼ毎年買い替えています(汗)。
でも、共働きの間は良いかな?と思っています。
夫には「また、高いの買って~」と言われますが、
「高いの買ってこれくらいの見栄えなんだから、これ以上
 安いもの買ったら、老け込むと思うんだよね~」とか
言って誤魔化していますよ。
値札なんてすぐ外しちゃいます(笑)。

長く一緒に暮らす相手ですから、ほんとーーーに良く見極め
た方が良いです。
両親の介護の問題とか、浮気した時の罰則(死ぬまでバラさ
ない事、もし別れる時は子供がいたら浮気した方が引き取る
事など)など、私にはそっちの方が重要でした。

スタッフへ連絡

  momo2000さんへ☆

ぷくりん329
2006/05/17(水) 00:26

早速のお返事、ありがとうございました。

仕事の部分については、私のものの見方だけで決めつめずに、
彼の仕事に対する考え方を、もう少し掘り下げて聞いてみようと
思いました。

また、金銭感覚については友達にも「無駄な買い物しまくる
訳じゃないし、よっぽどいいよね!」とよく言われていました。
けど、大好きな彼に、もっとかっこよくなってほしくて、
「もっとおしゃれして!!!」と言い続けていました。
けど、weissさんへのレスでも書きましたが、自分の価値観を
相手に押し付けすぎだったのかも・・・と私もすこし反省
しました。彼には、押し付けない程度に、私好み(?)の服装の
彼に今後変えていきたいと思います。

相談に乗っていただき、ありがとうございました。
何度も今後はここにきますので、また相談があった際には、
よろしくお願いたします。

スタッフへ連絡




PR