オズモール 女性・OLのための情報サイト


  1. オズモールTOP >
  2. オトナ女子のおしゃべり掲示板 >
  3. このような状況でいつまで待てますか?

クチコミ掲示板

知りたい&教えたいクチコミ・悩み相談


  • すべて
  • フリートーク
  • LOVE&H
  • ビューティ
  • グルメ
  • おでかけ
  • キャリア
  • エンタメ
  • ウエディング

LOVE&H|投稿記事

このような状況でいつまで待てますか?

jepung
2009/10/01(木) 18:00

今付き合っている彼のことで相談です。
彼の仕事は大変不規則です。いわゆる芸術家さんです。休みなんて1年のうちほとんどありません。

9月頭に「今月は忙しいからたぶんあえないよ」
と連絡をもらいました。

寂しいけどそれはしょうがない事なので、メールだけはちょくちょくしていました。(一方通行ですが・・・)
実はシルバーウィークに大人数で出かける予定もあったので主催の彼にそのことについて
(お金のこととかを聞いていなかったので)聞いてたのですがその件についても連絡がなく
さすがにそれは友人も関っていたのでちゃんとしてほしいと訴えたところ、
彼は、「ごめん。携帯も持たせてもらえないくらい缶詰状態。今夜電話する」


そこから連絡が3日ほど連絡が来ませんでした。
友人にも誤り、詳しいことがわかれば連絡すると伝えておきました。


その後、彼の仕事関係者から突然メールをもらいました。
その方によると今は心身ともにストイックに追い詰めてすばらしい作品を作っているので
もう少し待っていてほしいという内容でした。

でもこれって、本人から言うべきことだと私は考えています。
なぜ私には関係ない第三者から言われなくてはならないのでしょう?
それも勝手に彼の携帯から私を調べ連絡してくる行為すら許せなかったのですが、
ここはぐっとこらえました。

でも1週間たっても彼から連絡が来ないのはさすがに気持ちもモヤモヤ続いたので
見られてもいいや!と思い切って彼にメールを入れたんです。
「この前は追い詰めること言ってごめん。(旅行のこと)仕事大変みたいだけど体に気をつけてね。
連絡がないのは忙しいということだと思ってるよ!がんばれ」って。


やっとその後彼から連絡が来ました。
「勝手な考えで勝手なこと言わせてもらう。黙ってまっててくれ。むかえにいくから。」

なぜもっと早くその言葉を言ってくれないのでしょう?
彼は私とどうしたいと思っているのでしょうか?
今の気持ちを聞けたことは良かったけど、このまま待ってて本当に連絡が来るのか?考えてしまいます。

私は第三者から連絡が来た後とっても悩みましたが、彼を信じようと決めました。
でもどっかもやもやしてしまって、もし他の方がこのような状況になったときどうしますか?

わかりにくい文章でスミマセン。

  彼に

tokuko28
2009/10/01(木) 19:06

自分の気持ちを話す。

今、この掲示板に書き込まれた「不安」「不満」「寂しさ」を彼に伝えましょう。彼がjepung
さんのその気持ちをどう受け止めるかによって、自分がどうしていきたいのか、を考えればいいのだと思います。

このような状況でいつまで待てばいいですか?-「人それぞれ」ですから。また、彼とあなたの培ってきた関係はあなたと彼にしかわからないので、第三者が「いついつまで待て」などと明確な時期は明示できません。

芸術家というストイックな職業の彼とは付き合ったことがないので、私にはうまく待つ時期などはアドバイスはできません。

ただ、私も多忙ゆえ、仕事に没頭していると1週間、2週間と連絡しないことがあります。彼に「寂しい」と言われてもあまり気にも止めませんでした。それほど、仕事にいっぱいいっぱいだったことがあります。
結局、「寂しすぎる」と振られてしまいましたが、、、でも、「仕事優先」は譲れません。

とにかくそういう彼の状況を信じ、あなたがこれからも彼と付き合いたいのなら、きちんと自分の気持ちを(感情的に彼を責めたりせずに)話し、彼との歩み寄りをしてみてはいかがですか?

スタッフへ連絡

  レスありがとうございます。

jepung
2009/10/02(金) 09:03

tokuko28さん
アドバイスありがとうございます。
おそらく、今の気持ちを伝えられないことが一番ネックなのだと思います。
ただ、今現状は会える状況ではないので、もう少し様子を見てみます。
これからも彼とはお付き合いしていきたいので、状況を見てきちんと話してみようと思います。
「歩み寄ること」大切ですよね。感情的にならないように頑張ります。

スタッフへ連絡

  根本的なことを考えて見ましょう。

すず音
2009/10/01(木) 23:24

そういう職業の方とお付き合いすることは
相当芯が強い性格でないと、自分が疲れてしまうかもしれませんね。

恐らく締め切りに追われているのだと思います。
仕事に没頭している彼に追い詰めるようなことを
言ったりメールをしてはかえって負担になってしまうんじゃないかな?

どれだけ待つか、を考えるよりも
大好きな彼を支えてあげるには
何が一番最適かを考えてみてはいかがでしょうか?

「黙って待っててくれ。むかえにいくから」
とても心に響く言葉ですよね。

彼はあなたを必要としているからこそ
そう連絡くれたんだと思いますよ。

会いたいときに会えなくて淋しい、辛い時だと思いますが
そう思っているのはあなただけではないことを
わかってあげてほしいですね。

お住まいが通える距離なら
差し入れを届けることは出来ませんか?
それも無理ならメールではなく手紙で
「連絡をくれるのを待っているから
良い作品が作れることを祈っています」と
送ってみるのもいいと思います。

もし、どうしても漠然と待っているだけなんて
耐えられないというならごめんなさいね。

スタッフへ連絡

  レスありがとうございます。

jepung
2009/10/02(金) 09:13

すず音さんレスありがとうございます。
確かにこうゆう職業の人と付き合うのはホント覚悟も必要です。
いざ覚悟はしていたとしても、状況におかれると不安もたくさん出てしまうのですよね。

会わなくなって1ヶ月、メールなどは、彼のメール以降2週間たちます。
やはり、最後の彼のメールの言葉とても響きました。
待ってよう!という気持ちにもなりました。

会いに行ったり、メールや電話も難しい状況で、「黙って待っててくれ」といわれては
ムリに動くことも難しいですが、お二人の方から親身にアドバイスをいただけることに感謝しています。

>彼はあなたを必要としているからこそそう連絡くれたんだと思いますよ。
この言葉にとても勇気をいただきました。

自分のことばかり考えてはいけませんね。
彼の言葉を信じて待つこと。会えたときは笑顔で迎えること。
私が彼に何ができるのかということを考えてみようと思います。

ありがとうございます。





スタッフへ連絡

  不安ですよね。

wasako
2009/10/02(金) 16:59

私の彼はSEでプロジェクトに入ると休みもまともになく、
当然、デートの約束も前日にキャンセル…ということも
しょっちゅうです。
プロジェクト中は平日もメールなどの返事もほとんどないです。


jepungのお気持ちもよくわかります。
でも、「待つ」って本当に辛いですよね。


私たちの場合はプロジェクトが終わると、それまでの時間を取り戻す
ように一緒の時間を沢山過ごします。
それがあるから、今までも何とかやってこれました。

ただ、そうなるには、相手の人の配慮(優しさ)も必要だと思うんです。
相手の状況は仕方ないにしても、最低限の思いやりは必要ですよね。
一言、メールがあるかないか、でこちらの気持ちも変わってきますからね。


jepungさんのお気持ちを一度彼にぶつけてみてはいかがでしょうか。
私自身、そうしたことで、彼が少しずつ変わってくれました。
jepungさんだけが気持ちを抑えているのは二人のためにも良くないと
思いますよ。

スタッフへ連絡

  ありがとうございます。

jepung
2009/10/05(月) 09:45

wasakoさん
レスありがとうございます。
今までこうゆう状況になかっただけに待つということがどれだけ大変かを実感しています。
彼とは今までも思ったことなどなんでも話せる関係でしたが、現状はちゃんと話すのは難しそうです。
周りの方曰く一世一代の大きな仕事が今後迫ってるとのこと。
それまでは彼も何かしらの覚悟を持っているのだと思います。

でも、皆さんのレスを読ませていただき勇気をもらいました。
彼に「黙って」といわれてもやはり私にも気持ちがあるし、受け入れたいと思う気持ちが大きい事。
今私にできることは何かを自分なりに考えて、受け入れているという意味も込めメールをしました。
「信じて待ってるから迎えにきて」
彼にどのように伝わったかはわかりませんが、今は私はこれくらいしか彼にしてあげられないと思うので
彼の気持ちに答えようと思います。

色々アドバイスいただきありがとうございます。

このメールを送った後、彼はメールなどはくれませんでしたが、
私が書いているブログで足跡をつけてくれました。
初めてのことです。正直とてもうれしかったです。
どうゆう気持ちでその行動になったかはわかりませんが、前向きに受けいれようと思いました。

こうやって色々親身になってレスしてくださった皆様に感謝しています。
ただ待っているのではなく、今度彼に会うときまで私なりに自分の時間を楽しもうと思います。

スタッフへ連絡




PR