オズモール 女性・OLのための情報サイト


  1. オズモールTOP >
  2. オトナ女子のおしゃべり掲示板 >
  3. ロードオブザリングの最後について ネタばれアリ

クチコミ掲示板

知りたい&教えたいクチコミ・悩み相談


  • すべて
  • フリートーク
  • LOVE&H
  • ビューティ
  • グルメ
  • おでかけ
  • キャリア
  • エンタメ
  • ウエディング

エンタメ|投稿記事

ロードオブザリングの最後について ネタばれアリ

yurie0901
2004/02/14(土) 21:57

先週先行で見てきたので、なかなか他人に聞けなかったのですが、
最後フロドと叔父さんはなぜ船にのってどこに行ってしまったので
すか? 叔父さんは1で死にそうなんで、フロドに指輪をあずけた
んでしたっけ?もしかして黄泉の国へ二人で旅立ったのでしょう
か?なんだかよく分からなかったのですが。。。ちなみにサムはかっ
こよかった。3の主人公は彼だ!と思ってしまいました。

テーマ:
タグ:  指輪

スタッフへ連絡

  そうですよね(同じくネタばれあり)。

いおきち
2004/02/14(土) 22:40

私も先行を先週見てきました。
原作「指輪物語」を何度も読んでいたんですが、
映画にもハマり、」DVDを買って夫と繰り返し見ていました。
そしてついに「王の帰還」の上映。
これで終わってしまったのかと思ったら、
少し寂しくもありました。

で、最後はやはり原作を読んだ人でないと、
少し意味がわからなかっただろうなと私も思いました。

原作でも抽象的に描かれているのですが、
「指輪保持者は行かなければならない」ということ、
行くのは「港から」であること、
そして原作では「サムもごく僅かな時間だったが指輪保持者で
あったから、いつかは行くときが来るだろう」とフロドが話し
ていました。
なので私は、エルフがみんな西方へ「港」から移動していると
いうエピソードがあったと思うのですが(「王の帰還」でも、ア
ルウェンがその港に向かう途中でアラゴルンとの子どもの映
像を見たシーンがありましたよね)、指輪保持者はそこへ行か
なければならないんだなぁと漠然と原作を読んで思っていま
した。

具体的に「どういうこと?」とか考えずにそのまま読んでいた
ので、なんとも説明が難しいですね~(^ ^;
ちなみに今までの2作も、映画館で上映されたのだけではなか
なか理解できないと思うんですが、DVDだとエピソードが追加
されていて、とてもわかりやすいです。
だから早く「王の帰還」もDVDにならないかな~と思っていま
す。
って上映始まったの今日からだから、
あと1年はまだですよね(^ ^;

スタッフへ連絡

  うんうん。

ちりまめ
2004/02/16(月) 19:50

私も先週先行オールナイト観てきました。
主人と2人で行ったのですが、
観終わってから
「フロドはどこに行ったか?」で話しました。
結局、いおきちさんのように、
きちんとした場所は求めないことにしました。2人とも
原作を読んでいなかったし・・。

私もそうとうハマッていたので、
早く結末を知りたいのと、終わってしまう寂しさと
複雑な気持ちでした。
DVDのエクステンデットエディションは
本当に買ってよかったなぁと思っています。(チョット高い
けど)
早く3のDVDが出ないかなぁ・・。
未公開シーンは結構おもしろいです。

スタッフへ連絡

  解釈が…(ネタバレ)

こまゆ
2004/02/16(月) 20:53

難しいですよね…。原作か解説本でも読まないと??と思う個所か
もしれません。でも読んじゃうと映画のスリル感が半減すと思う
し、難しいところです(^^;

私の説明でうまく伝わるか分かりませんが…、最後にフロド達が船
で旅立ったのはエルフ達が去っていった西方の「不死の国」だと思
います。ちょっと解釈が難しいのですが、黄泉の国や死者の国とい
うのとは違った意味合いがあるようです。「不死の国」はエルフ達
の故郷であり、エルロンドやガラドリエルといったエルフの王・女
王と、ガンダルフも一緒に旅立ったことになっています。また、原
作ではフロドは西方の不死の国でアルウェン(アラゴルンと結婚し
て残ったエルフのお姫様)の為の領地で暮らすことになったとあり
ます。

私の解釈ですが、指輪にまつわる魔の力は強すぎてこの世では癒す
ことのできないもので、そのまま残ったら魔に蝕まれてオークやナ
ズグルみたいになってしまうので不死の国に行かなくてはいけない
のかなと…。ちなみに指輪物語の元になっていると言われるケルト
神話にも西方に歓びの野(マーグ・メルト)という再生の為の土地
があって、神様や死んだ人が行くのですが、やっぱり黄泉の国とい
うのではないそうで、そこに行った人達は歌ったり踊ったり恋愛し
たりして生きていたときと同じように生活していくんだそうです。
死に対しての思想の違いみたいですが、面白いなあと思いました。


ところで、本当にサムはカッコよかったですね。あんな絶望的な状
況でもサムがいると希望が持てる気がしてきましたし、サムの語り
のシーンが凄く感動的で泣けました。あと、私的にはミナステリス
の摂政のところでピピンが歌を歌う場面が良かったです。あの歌の
歌詞はトールキンの創作だけど、曲はピピン役の人が作曲したとパ
ンフレットに書いてあって、なんて芸達者(笑)なんだと感心して
ました。

…見終わると長い夢から覚めたようでさみしい感じがします。もう
1回ぐらい映画館で見たいと思ってますが、前回・前々回と同じく
カットされてるシーンが多そうで(なんか展開が早すぎて飛ばされ
てる感じがした場面がいくつか…)、早くDVDのスペシャルエディ
ションが見たいです(またすごく気が早いですが…(^^;)。

スタッフへ連絡

日本で見たわけではないので、字幕もなく、
私は完璧に理解してはいないのですが、
原作も読んだ、旦那の話によると、こまゆさんの解釈の通り、
リングの力が強すぎて、元の世界で暮らすことは出来ないくらい
心身ともに蝕まれてしまったということらしいです。
詳しくは聞いていないんだけど「エルフはそれを癒せる」
んだそうです(笑)
フロドが本を書いているシーン、調子わるそうでしたもんね。
で、サムも一時的ながら、リングを所持していたので、
いずれフロド達と同じ所に行かなければならないとかなんとか。
最後の語りで、フロドが言ってたと旦那は言っていますが、
どうなんでしょう?(ちなみに旦那は英語が母国語です)
日本語の字幕が、どのようについていたのかもわかりませんし、
ディレクターズエディションは、日本で買いたいと思います(笑)

スタッフへ連絡

  なるほど

yurie0901
2004/02/17(火) 01:00

皆さんのお話を聞いてなんとなく分かってきました。
一緒に行った主人はDVDも見てるし原作も読んでるのですが、
質問しても教えてくれませんでした。(泣)
どうもありがとうございます。3のDVDがでたらも一回じっくり
見ようと思います。

スタッフへ連絡

  横ですが・・・

めがねっこ
2004/02/17(火) 15:52

私もフロドはどこに行ったの?って思っていたのでこれで
すっきりしました。

ちなみに、他の仲間はどうなったんでしょうか?
エルフ族はアルウェン以外船で旅立ったって事ですか?
アルウェンはアラゴルンと結婚して人間としての寿命をまっとう
した。って友達に言われたんですけど、アラゴルンは確か
人間よりちょっと長寿で確か映画の時は80歳ちょっとではなかっ
たでしょうか?
というか、どうやって人間の寿命になるんでしょう?
あのペンダントが原因?!(あのペンダントは何か凄い意味がある
んですか?)
ギムリも他のドワーフはすべてオーク達によって殺されて
しまったのでしょうか??だけど洞窟に戻った??
DVDの特典映像付きを買ってかなりはまっている私ですが、
最後皆がどうなったのか全然理解出来なくて一人悶々としていま
す。

スタッフへ連絡

  他の旅の仲間(ネタバレ)

Azurite
2004/02/18(水) 15:56

先日、映画を見てきて、原作引っ張り出して読み直してます。
仲間のその後は追補編に記されています。
アラゴルン サウロン滅亡後アルウェンと結婚してゴンドールを
治めます。それから120年ほどして時が来て、アルウェンを
残し亡くなります。 
サウロン滅亡の頃に87歳ですから200歳は過ぎていたようです。

アルウェン アラゴルンの死後、哀しみにくれ、ロリエンへと
移り住みその地で寂しくこの世を去ったようです。
それがいつ頃なのかとかは記されていません。
しかし、追補編では、そう伝えられているというあいまいな記述
なので違う本を読むともっと詳しい事わかるかも。

メリー・ピピン それぞれの村で偉い人になって村を治め、年を
取った後は2人でゴントールへ行って余生を過ごす。
(メリーはその前にエドラスのエオメルの元に行き、彼が亡くな
るまで傍にいたとありました。)
アラゴルンはこの2人より少し後に亡くなるのですが、アラゴル
ンの棺の傍に2人の棺も置かれたらしいです。

サム フロドの家や財産を受け継ぎ、ホビット庄で奥さんと
幸せに暮らします。子供にもいっぱい恵まれています。
奥さんが亡くなった後、灰色港から海を渡っていったそうです。

レゴラスとギムリ アラゴルンの死後、船を作り、海を渡って
西方へと去ったそうです。
ギムリはその前に、ドワーフ族の一部を南へ連れてきて、そこに
住んだとありますので、ドワーフ族自体はまだ滅んでいなかった
ようです。ただ、モリアのドワーフはオーク達に殺されてしまっ
たのでしょうね。

メリー、ピピン、サム、レゴ、ギムリのその後は、年表で書かれ
ているだけなので、ちと寂しい。
ついでに、旧版の追補編なので、情報が少なくあいまいなので、
もしかすると違っている部分もあるかもしれません。
そしたらすみません。
文庫版新訳の追補編だけでも買おうかなぁ……。

スタッフへ連絡

  ありがとうございます!!

めがねっこ
2004/02/18(水) 16:39

Azuruiteさん、こんなに細かく教えて頂いて
有難うございます!!
昨日、指輪物語の最後だけ少し立ち読みしたのですが
どうなったか載ってなくて気になってしょうがなかったんです!!
それにしても、皆さん長寿ですね~。
サウロンを倒してから少なくとも100年は全員生きてたなん
て。。
アルウェンは結局人間としての寿命というか、長寿の人間の寿命?
(アラゴルンと同じ系統)の寿命で亡くなったとみるべきなんでし
ょうか。この場合。
私は本はまったく読んでおらず、映画のみなのですが、
映画ではフロドは指輪を葬るという事に力を注ぎ、
アラゴルンは(勿論他の仲もですが)色々と葛藤をしながらも
フロドや他の仲間・色々な種族の為に率先して戦っていて、
フロドが西に旅立ったら、なんとなくアラゴルンが頼りの
綱なのかなぁ。なんて漠然と考えていましたが、
アラゴルン亡き後、ギムリやレゴラスが船で西方に旅発つ。
という文章を読んで、これで本当に解散だったんだなぁ~。
なんてしみじみ思ってしまいました。

大げさに言ってしまうと、Azuruiteさんの投稿を読んで、
私のロードオブザリングのロールエンドが流れたような感じで、
そっか、そうなのか。。そうなのか。。。
と何度も読み返してしまいました(笑)

それにしても追補編なんてあるんですね。
追補編だけ読んでも映画を見ていたら、理解できるのでしょうか?
というか本かなり沢山出ていませんか?
映画の解説本とかもありますよね。
最初から読み始めるとしたら何を買えば良いのか
分からないくらいです。。
もし、本を買うならこの順番が良いよ。
というのがありましたら、教えて頂けるとうれしいです。

スタッフへ連絡

  めがねっこさんへ(ネタバレ&長文)

Azurite
2004/02/19(木) 16:28

いえいえ、私も映画を見終わってからとても気になっていたので
昔買った原作を引っ張り出して読んでいたところだったのです。
拙い説明だったと思うのですが、お力になれたようで幸いです。

アルウェンは人間としての寿命というより、「エルフは殺されるか
哀しみのあまりに死んでしまうかのどちらか以外では死なない不死
の存在」といわれているので「哀しみのあまりの死」によって
亡くなってしまったのかなーと、私は解釈しました。
他の人はどんな風に解釈して呼んでいるのかなー?
とても興味深いです。

>フロドが西に旅立ったら、なんとなくアラゴルンが頼りの
 綱なのかなぁ。なんて漠然と考えていましたが

原作の中でも、「サウロンを倒し、戴冠式をした後もフロド達や
レゴラス・ギムリはミナスティリスにしばらく留まっていました。
旅の仲間が解散することをアラゴルンが嫌がったからです。」
とありまして、この文章を読んだ瞬間、あの頼もしいアラゴルンが
なんだか可愛らしく思えて、嬉しくなってしまいました。
アラゴルンも出来ることならいつまでも、みんなと一緒にいたかっ
たのかなぁ、としみじみ思ってしまいました。

追補編は文庫版には収録されていなかったのですが、先日第10巻
として発行されたようです。
(豪華本では第7巻として発行してありましたが…)
映画の中のエピソードも追補編からチョイスしてきたものもある
らしいので、読んでみると楽しいかも。
でも、小説のようには書かれていないので、少し読みづらいかも
しれません。
映画を見ていたら追補編だけを読んでも理解できるか?という
ご質問ですが、うーん、どうなんでしょう……、私は理解できる
んじゃないかなー?と思っていますが、映画には出てこなかった
キャラクターなどもいますので、混乱する部分もあるかも。

読む順序としては 
(1)追補編→もっと深く読みたくなったら『指輪物語』本編
(2)ゴラムやビルボのこと、以前の冒険について気になったら
   『ホビットの冒険』
(3)エルフのことがもっと知りたくなったら
   『シルマリルの物語』
(4)全部読んでもまだまだ知りたい!と思ったら
   『終わらざりし物語』
と、お勧めするのはこんな感じでしょうか。
映画等の解説本は、著者の解釈によるところが大きいので、
実際に本屋でちょっと読んでみて気に入るかどうか考えた方が
良いと思います。
とかナントか言っている私は、今まで原作の指輪物語以外は映画の
パンフレットとDVD(コレクターズ+エクステンデットの両方)
からしか情報得ていません(笑)
知りすぎちゃうと映画が楽しめなくなっちゃうんじゃないかなー
と思って、押さえていたんです。
これから『シルマリル』や『終わらざりし物語』を買って読もう
かなと意気込んでます。
指輪物語も完全に読んではいないので、これから発見もあるかも
しれないし、いろいろ読むのが楽しみです。
めがねっこさんも、是非、いろいろ読んで『指輪物語』の深みに
ハマっていって下さい。

スタッフへ連絡

  購入を決意!

めがねっこ
2004/02/20(金) 10:05

こんなに詳しく有難うございます!!

アルウェンの永遠の命を捨て人間として生きる。
というのは、エルフから人間になってしまう訳じゃなくって、
人間と共に生きていく。という意味だったんですね。
でも、それだったら尚更アラゴルンと一緒に生きる!
と決めるには、勇気が要りますよね。
またそれを受け入れるアラゴルンもしかり。。

それにしてもアラゴルンが旅の仲間と解散する事を嫌がった。
なんて可愛らしい&微笑ましいです。
映画ではそんな感じはしなかったので、新たな一面を見た。
という感じです。

これはもう、本を買う以外ありません!!
Azuruiteさんのアドバイス通り、追補編が気になるので
それを購入。それと同時に指輪物語第一巻も買っておきます。
そしたら追補編が理解出来なくても直ぐに
本編スタートが可能(笑)
とりあえずこれで攻めてみますね。
『シルマリルの物語』、『終わらざりし物語』も凄く気になるので
ロードオブザリングのDVD(エクステンデット)が出たとしても尚、
私の熱は冷めない勢いです。(本読むの遅いんです~)
Azuruiteさんの言う通り、
映画を見る前に本を読んでしまったら
結末が解ってしまって面白く無い。と思い我慢してましたが、
(何を読んで良いのか分からなかったという部分が大ですが(笑))
早速本屋に今日行ってみます。
本当にありがとうございました!

スタッフへ連絡



クチコミ掲示板に参加!

この掲示板は、OZmallでつながる340万人の女友達と楽しくおしゃべりする場です。参加の際は必ず「クチコミ掲示板のルール」をよくお読みください。

新規投稿する


PR