オズモール 女性・OLのための情報サイト


  1. オズモールTOP >
  2. オトナ女子のおしゃべり掲示板 >
  3. 謝られたら許さなきゃいけないの?

クチコミ掲示板

知りたい&教えたいクチコミ・悩み相談


  • すべて
  • フリートーク
  • LOVE&H
  • ビューティ
  • グルメ
  • おでかけ
  • キャリア
  • エンタメ
  • ウエディング

フリートーク|投稿記事

謝られたら許さなきゃいけないの?

シャロン [ID:0022804]
2019/09/21(土) 17:03

謝られたら許さなきゃいけないのか
同じクラスの友人は友達は多いけど言葉遣いが酷いんです
人に対して死ねばいいのにとか悪すぎて酷いと思ったので私はロッカーにパソコンで打って名前は書かずに手紙を入れました
でも友人はこんな言葉を投げかけるなんてひどいと周りの取り巻きに喋って取り巻きはその友人を慰めたんです
中には匿名でそんなことを言うのはずるいという子もいたのであとから私はまたその庇った友達のロッカーにこうして名乗り出たから文句あれば手紙でいいから言ってほしいと手紙を入れました
とりあえずみんな謝罪の手紙はくれましたが反省していないのなんて見え見えでした
教室で普通に楽しく会話してるんだから私の手紙のことなんて気にとめてないんです
だからLINEのタイムラインでどうせ反省していないんだろうね謝って許されるなら警察なんかいらないし私はずっと見張ってるからと言いました
私は手紙に実名は書きませんでしたが文章の書き方なんかから私とわかったのか別に仲良くはなかったけど私や私の味方をした子のLINEをブロックしたんです
何で私が責められなきゃならないのと兄や姉に言っても許さなきゃいけないわけじゃないけど本当に平穏に学校生活を送りたいなら体面だけでも許したふりをすればよかったのにと言われました
謝って許されるならこの世に警察はいらないと私は思ってます
私が悪いのですか?

  はじめまして

ポム[ID:0019016]
2019/09/21(土) 18:53

内容は全く違うのですがら26歳の妊婦です。

私は妊娠中で、つわりのピークを迎えていたのもあるし、自分の両親につわりは病気じゃないんだから、ご飯だって作らなきゃ駄目だろって言われて、全員優しく心配されたことなどありません。あと旦那も結構カリカしていた時期もあって、私が高熱を出した時、どうしたらいいか聴くと、知らないよ俺だって疲れてるんだよって言ったんです
旦那は家事とか全く手伝ってくれる人ではなかったし、両親にも冷たくされていたので、両方でイライラしてました。


当時、友人との飲み会も3ヶ月くらい参加出来ておらず、友人に彼が出来て予定合いにくく、優先してるように見えました。



それで、つい予定ばかり入れてるから、みんなの予定も合わないんじゃないかって言ってしまって、そこから中からこじれて

最初は心配してくれていたけれど、だんだんアピールしてんじゃねぇとも言われて、悲劇のヒロイン演じるとも言われ、同じく口が悪いんですね


それに結構傷ついて、その子は自分の恋愛の過去を掘り出してきて、自分も傷ついてきて、触れたくないことまで触れられたといってました。


それから、てめぇだの、お前だの言い方が変わってきて、だんだんイライラしてきました。

そこで、私の旦那から出てきて、質問と回答が違うように見えます。友人なら体調を気遣うのと、言い方がもっとあるんじゃないかと、正論を言ってました。

それでまたいけなかったみたいで嫁を思う気持ちはわかりますが、何も知らないくせに、部外者は出てくるなと言われて


そこからは、旦那は出てきていません。


それで、私が妊娠中、ヒートアップして当たってきたことに、エスカレートしてイライラしたみたいで、定規なので自殺未遂したお前のせいだぞって写メを送ってきたんです。

スタッフへ連絡

  続きです

ポム[ID:0019016]
2019/09/21(土) 18:59

その子は精神異常を最近起こしていて、会話が成り立たない感じでした。

謝りつづけても、もうほっといてくれ。今受け入れられるほど余裕ないと言われて、こっちは真剣に謝っていました。でも、旦那の謝罪がないじゃないかって

すぐ、謝れば良かったですが、旦那はあまり謝る気なかったんですね。


3ヶ月しか経ってないのに、板挟みしてる子から連絡きて、向こうから蹴りを付けたいから、謝罪をしてくれと言ってきました。旦那の謝罪は動画でお願いしてると言われて

今のずっと動画と言い張っています。記録を目的に持っていたいから、動画と言い張って聞いてくれません。

明日実は会うのです。

正直私の方が怖くて、こういう時どしたらいいのかわかりません。

話し分かりづらくてごめんなさい。

スタッフへ連絡




PR