オズモール 女性・OLのための情報サイト


  1. オズモールTOP >
  2. オトナ女子のおしゃべり掲示板 >
  3. 彼氏との今後。

クチコミ掲示板

知りたい&教えたいクチコミ・悩み相談


  • すべて
  • フリートーク
  • LOVE&H
  • ビューティ
  • グルメ
  • おでかけ
  • キャリア
  • エンタメ
  • ウエディング

フリートーク|投稿記事

彼氏との今後。

まな[ID:0020375]
2019/05/26(日) 11:43

付き合って4ヶ月の彼氏がいます。
3週間前から急に連絡がとれなくなったので、
会社に行ってメモを渡してもらうように伝えました。
その後すぐ連絡が来て、事情を聞かされました。

私は看護師、彼は介護職なのですが、
もともと看護師になりたかったこともあり、
お兄さんが学費を出してくれるため看護学校に行きたい。だからいまから受験、学生になるし4年も結婚を待たす形になるから、別れ話をするのになかなか切り出せなかった。という話でした。

看護学校を受験すること、学生に戻ることは彼の中では決定事項で、私がなにを言っても、考えたけど4年間は長いからと話を聞こうとしません。

私にすれば、将来を考えてくれてるのは嬉しいですが、相談もなし、決定事項で話してくる、別れる一択、職場にも看護学校に行くから退職すると伝え話を進めている、というのが納得できません。
話し合いは電話ばっかで会ってもくれません。会って喋りたいと伝えても休みが合わないから6月にしよ。と言われました。
休みはほとんど合わず、付き合って4ヶ月で3回のみです。

彼のことは好きですし、このことで別れるのはなあーと思っています。

このまま別れた方がいいでしょうか。

  、、、

もんもん[ID:0020059]
2019/05/27(月) 01:42

別れる別れないはお二人で話し合うことだと思いますが、、
わたしの知る限り、
現状だと介護職を続けるよりは、看護師免許を取った方が
男性からしたら、将来的に家族を養っていくことを考えると安定だと思います。

彼もきっと一大決心だったんだと思います。
お付き合いもまだ浅いですし、
まなさんが今すぐ結婚したい!子供が欲しい!
という状況でなければ
長い目で見て彼とお付き合いしたらいいんじゃないかなと思います。

ただ、彼が学生になることで、
今まで以上に会う時間が限られることや
もちろん収入も減るだろうし
看護師さんと学生での収入の格差で
デートやプレゼントなどで彼のストレスになることもあります。
今まで以上に我慢しなければならないことがたくさん出てくることも考えられます。

それでも彼を応援して、支えていく思いがあるのなら、伝えてみてはどうですか?
彼もきっと悩んでるはずです。。

スタッフへ連絡

  彼の気持ちを尊重したうえで妥協策は?

どわちゃん[ID:0019923]
2019/05/31(金) 10:36

今は彼にどんなことを言っても伝わらないでしょう。
まず、彼が無事に会社を辞めて入学できる事です。
あなたが思っている事と、彼が思っていることがイコールではありません。

「私の事をそこまで思ってくれてありがとう。私も看護師だから大変なのは分かるよ。
4年待っても良いから別れたくない、大好きだから勉強で分からないことがあったら応援したい」と言っては いかがでしょう。

うらやましいですが、彼女を振る決断は大変悩んだと思います。
「こんなことで別れるとは」
「たいしたことじゃない」
のようなことは不愉快にさせてしまうので避けて下さい。

それでも別れる!と言ったらあっさり次を探してはいかがでしょう。

スタッフへ連絡

  自分勝手のようですが

マサトサマ[ID:0019946]
2019/05/31(金) 12:19

彼女に何の相談もないというのは自分勝手だと思われるかもしれませんが、反対されても自分の意思を貫く覚悟だったのでしょう。そこまで腹を決めている場合、何を言っても無駄だと思われます。

学生であってもお付き合いはできると思いますが、学生になる事自体はもう止められない状況なのでしょう。

従って、学生になる事を諦めさせようと思われるなら話し合いは平行線となり、お別れしか選択肢はないものと思われます。

学生になったとしても自分の夢に向かって背水の陣でしょうからお付き合いに重点はおけないであろうことは想像できます。

つまり、あまり構ってもらえない状況が続くものと思われます。

そこまで考えて彼はお別れを切り出している(尤も昨日今日で決めた夢ではないなら、最初からお付き合いはすべきでなかったとも言えるかと思います)のではないでしょうか?


現時点ではお気の毒ですが、タイミングが悪かったのではと思います。

彼を待ち続ける覚悟があるならば話は違ってくるでしょうが、そうでないなら新しい一歩を踏み出す方が建設的なのかもしれません。

スタッフへ連絡




PR