オズモール 女性・OLのための情報サイト


  1. オズモールTOP >
  2. オトナ女子のおしゃべり掲示板 >
  3. 義実家、義親戚との付き合い方

クチコミ掲示板

知りたい&教えたいクチコミ・悩み相談


  • すべて
  • フリートーク
  • LOVE&H
  • ビューティ
  • グルメ
  • おでかけ
  • キャリア
  • エンタメ
  • ウエディング

フリートーク|投稿記事

義実家、義親戚との付き合い方

るるるっぽ[ID:0009129]
2014/07/13(日) 22:51

結婚して4年。3歳と1歳の子供がいます。私は元々人付き合いが苦手です。主人は母子家庭で、義実家には主人の祖父母もいた為小さい頃から祖父母に育てられ、義おば夫妻には子供がいない為、主人と義姉は義おば夫妻にも我が子の様に育てられてきました。なので、母子家庭でも全くお金に困ることもなくとても恵まれた家庭で育ってたそうです。でも、昔から祖母や義母、義姉が喧嘩をよくしていたそうで、あまり実家が好きではないとのことです。主人が言うには義母は子供よりも世間体が一番大事な人。主人は長男ですが、義実家には同居しておらず車で1時間弱の所に住んでいます。義おば夫妻は私たちの家から車で10分以内の所に住んでいます。義姉夫妻は県外に住んで居ます。私が悩んでいるのは、義実家へ暗黙のルールで月1の土日に泊まりで行く事、田舎の付き合い(草刈り、祭りなど)は主人が出る為、その時も泊まりで行く。祖父母の兄弟の家族などが来る時も義実家へ行く。義姉が来る時は、義おばの家から我が家へ寄り義実家へ行きます(義姉の子供とうちの子供をあわせる為)。大型連休などは義母、義おば夫妻、義姉家族とうちとで1泊2日ですが旅行へ出掛け、何かと行動が一緒です。
主人は基本断らない人で比較的何でもはいはいと聞く人なので。私たちが大変だと思ってやってくれているのは分かるのですが、正直人付き合いが苦手な私にとっては苦痛でありがた迷惑に感じてしまいます。主人は田舎の付き合いとか嫌だと言いつつ毎回やってます。そして何か昔からのトラウマ?があるらしく主人は義姉と話すときは怖いし緊張すると言います。絶対に逆らうことはしません。必ず義姉が上から目線で会話しています。義おじと話す時もとても緊張している様子で敬語で話しています。主人は私からみたら努力する人間なので、苦手な義姉夫婦にも積極的に話すようにしています。盆暮れ正月会う時と子供に誕生日プレゼントを送ってくれた時以外は一切メール連絡も電話もしません。この先ずっとこうだと思うと普段からその事ばかり考えてしまいます。やはり私も主人のように努力して義一家との付き合いをしていくべきなのでしょうか?私の実家の方は基本ラフな付き合いだったので正直カルチャーショックが続いています。長文申し訳ありませんがアドバイス、よろしくお願いします。

  出来る範囲

ひらみれもん[ID:0008744]
2014/07/14(月) 15:37

旦那さんが恵まれた家庭で育ったと聞いているということは、
なんだかんだ言っても、旦那さんはご家族に感謝をしていると思います。

家族ですので自分ができる範囲でやれることはやろうと思っているのではないでしょうか?
でも、るるるっぽさんの味方をして、話を合わせてくれているのは旦那さんの優しさでもあると思います。

結婚をするということは旦那さんだけとの話ではなく、その家の家族になるので、
その家族のある程度のルールは受け入れないと思います。

あまりにも過剰だったり非常識なものだとしたら考え物ですが。
他人でしかも生活してきた環境が違えば、自分の常識とずれていることが気になることは
多々あると思います。

私は、人付き合いが苦手だから。と全てを突っぱねるのならば、旦那さんにそのことを正直に言うしかないと思います。
でもそうすると、旦那さんはどう思うでしょうか?
そして、それが夫婦になり、家族としてこれから先もやっていく態度として正解なのかをよく考えたほうがいいと思います。

「ここまではできるけど、ここまではちょっと辛い」という部分を旦那さんに相談して
少し回数を減らしてもらったり、だんなさんだけが行くようにしてもらったりできないでしょうか?

現実問題、子供がもう少し大きくなり習い事やスポーツなどを始めると休みの日も子供の予定を優先させないといけないことがあります。毎回、一緒に草刈と言うわけにもいかなくなるかもしれません。

全てを合わせる必要はないと思いますが、多少の努力は仕方がないのかもと感じました。
そのことばかりを考えずに、気持ちが少しでも楽になる方法が見つかりますように。

スタッフへ連絡

  頑張ってみます

るるるっぽ[ID:0009129]
2014/07/15(火) 08:44

ありがとうございました。

スタッフへ連絡




PR