オズモール 女性・OLのための情報サイト


  1. オズモールTOP >
  2. オトナ女子のおしゃべり掲示板 >
  3. がん 手術はすぐできないのでしょうか

クチコミ掲示板

知りたい&教えたいクチコミ・悩み相談


  • すべて
  • フリートーク
  • LOVE&H
  • ビューティ
  • グルメ
  • おでかけ
  • キャリア
  • エンタメ
  • ウエディング

フリートーク|投稿記事

がん 手術はすぐできないのでしょうか

ばぶ732
2006/07/06(木) 22:39

親が大腸がんと診断されました。
本人症状がなく、突然の診断だったのであせって信じられな
い気持ちです。
現在、さまざまな検査をしているところです。
手術は1ヵ月後になるようですが、癌は進行するものだと素人
ながら思っているので、できるだけ早く手術をして欲しいと
思っています。
順番があることはわかりますが、手術まで1ヶ月も待たなけれ
ばならないのでしょうか。
医療関係者の方で、ご存知の方がいましたら教えてくださ
い。
他の病院でも見てもらって、手術日が早い方を選択したほう
が良いのでしょうか。それとも他に良い手があるのでしょう
か。
PETの検査を受けたので大きさは分かっています。5センチと
大きいようです。
リンパに入っているかは手術をしないと分からないようです
が、こんなに大きいならば転移している可能性は高いのでし
ょうか。お知り合いで情報をお持ちの方がいましたら教えて
ください。(大きさ=進行の度合なのでしょうか)
支離滅裂の文章で申し訳ありませんが、何でも良いのでアド
バイスがある方、教えてください。

テーマ:
タグ:  リンパ病院診断関係

スタッフへ連絡

  まずは落ち着きましょう

yoskiko
2006/07/06(木) 23:02

投稿を拝見しました。
お辛い状況ですね。
これからはご家族の支えがとても大事になってくると思いま
す。
まずはばぶ732さんが落ち着いて、親御さんを精神的に支えて
てください。

手術の前には、全身状態の検査や転移の有無など色々検査が必
要です。
手術が1ヵ月後というのは遅くはないと思います。
もし今の病院に少しでも不信感があるようでしたら、他の病院
でセカンドオピニオンを求めるのもいいかもしれません。
色々なお医者さんの意見を聞くのは納得して治療を始められる
ことに繋がります。

大きさ=進行具合ではありません。
腸壁への浸潤度合い、リンパ節への浸潤があるか、他の臓器
への転移があるかを総合的に判断します。
術後、リンパ節への浸潤があった場合は、化学療法(いわゆる
抗がん剤や放射線療法などをすることが多いです。

がんばってください。
完治されることをお祈りしています。

スタッフへ連絡

  落ち着きましょう2

ぱらりら999
2006/07/07(金) 02:07

ばぶ732さんこんばんは

親御さんががんと分かり、今非常にお辛い状況ですね。
私も母親ががんと分かった時はとても辛く、苦しく、
全身が本当に凍りつきました。

落ち着いて・・・と言っても難しいでしょうが、できる限り
落ち着いてください。
手術までには何かと時間がかかります。
私も一刻も早く手術して!!という気持ちでしたので・・・
医療に関してはずぶの素人なので、何のアドバイスにも
なってなくて申し訳ないのですが、レスせずにはいられませ
んでした。

これから手術したり入院生活が始まると、親御さん自身も勿
論大変ですが周りの支えるほうも本当に大変な日々です。
無理をせざるを得ない状況が続くと思いますが、ばぶ732さん
が倒れるわけにはいきません。
ですから頑張り過ぎないことも大切です。

手術の成功と完治をお祈りいたします。

スタッフへ連絡

  落ち着こう3

ともきち☆
2006/07/07(金) 10:26

私の父も5年前大腸がんで手術をしました。

父は病院の方が言うにはステージ3のところだったそうで
す。

本人に自覚症状はなく、血便が出てはじめて病院にいき検査
を受けて入院となりました。

父の場合も手術まで、検査など色々したため3週間ほど間が開
きましたよ。
でも、病院に入院しているのだからと、あまり心配はしてい
ませんでした(ちょっと薄情かもしれませんが)

幸い手術をしてリンパまでは届いてなかったのですが、あと
数センチというところまできていたので、リンパも切除しま
した。

家の父の場合、糖尿病とぜんそくという病気を持っていたた
め手術に対するリスクが他のがん患者より大きいと脅かされ
たりしたので、ちょっとびびってましたね。

病院で、検査等で手術の日取りを決めるので、そんな数日で
進行はしないと思います。
…と思う。
ごめんなさい、医者じゃないので言い切れませんが。

まずは、ばぶ732さんをはじめご家族全員落ち着かれて、お医
者様にゆだねる感じにしたほうがいいと思いますよ。

スタッフへ連絡

  落ち着きましょう4

友佳
2006/07/07(金) 15:35

こんにちは。

突然の診断で驚かれたと思います。

私は医療関係者ではないですが、父親は現在食道ガンで、
ステージ4と診断されました。

私の父親は手術をせずに、抗がん剤と放射線で治療をしています。
ガン=必ず手術とは限らないようです。
進行度や、患者さんの年齢や、腫瘍のできている部分など、
さまざまな面から見て、判断して手術するか、放射線や抗がん剤で
治療をしていくか等決めていくようです。

私も、父がガンと診断された時に病院の先生に「今すぐ手術してほ
しい」と言いました。
(手術すればある程度は治ると思っていたため)
しかし、先生は「切っても、お父さんの体力が落ちるだけ、今は抗
がん剤と放射線治療を優先したほうがいい」と言われました。

なので、必ずしも”手術をする”とは限らないようです。
まずは検査の結果を待ったほうがいいと思います。

これからつらいことがたくさん起こると思いますが、お互い、
がんばりましょう。


スタッフへ連絡

  心配なら自分で調べた方が・・・・

はまっち001
2006/07/07(金) 16:22

私(50前)の父は大腸ガン(その他転移あり)、兄も肺ガン
で亡くなり、妻も乳ガンです。もうガンとは付き合いたくな
いです。
辛口かもしれませんが、こんなところで曖昧な情報を得たと
しても何にもなりませんよ!皆さんそれぞれ状況が違うので
す。
一般論や慰めの言葉が欲しいならいいのですが、そうでない
なら自分で担当の先生に聞きに行くべきです。
それが嫌なら、お父様を連れて有名な先生を訪ねてみたらい
いと思います(フィルムなどの検査結果を持って)。少しは
安心できますよ。
手術するかどうかの判断にもいろいろあります。手術しなく
てもいいケースと逆に手遅れのケース・・・・。
要はあなたの問題ではなく、お父様の問題であるということ
を良く考えて、見守ることが大事です。お父様はあなたより
ずっと深く考えておられると思います。

スタッフへ連絡

  うちの親もです。

kita218
2006/07/07(金) 19:35

うちの父も健康診断で大腸がんと診断されました。
5月・6月といろいろな検査を受けました。
そこで、内視鏡による切除はできなかったため
結局手術をすることになりましたが
主治医の先生いわく
「ほっといてもそれほどすぐに症状が変わることはない。
極端にいえば、今から2年くらいほっといても
多少はがんが大きくなるけれども、たいした変化はない。」
とのことでした。
ですので、手術はそれほど急がなくてもいいので
仕事などの休みやすい時期でいいですよ・・・という話でし
た。
年齢やがんの進行状態にもよるのだろうと思いますが
癌だからといって一刻を争うような病状ではないこともある
ようです。

私も、父のがんを知った時には
ショックでしたが、今は前向きに考えていますし
父も病院の説明を聞いて安心したようです。
お互いに大変ですが、がんばりましょう。

ちなみに、うちの場合は
初めに診てもらった病院の診断に納得がいかず、一度病院を
うつりました。
また、がんは中期の初めくらいの状態で、
リンパや周辺の臓器(肝臓など)への転移はありませんでし
た。(検査でわかりました)

スタッフへ連絡

ばぶ732さんの気持ち、痛いほどわかります。でも、
どうか落ち着いて下さい、お父様もきっとご家族に心配をか
けている事を悲しく思っているはずです。
突然の事で、とても辛いと思いますが、落ち着いて、先の準
備をしてください。

私も1ヶ月前、ちょうど同じ状況でした。ばぶ732さんの
お父様と同じように、自覚症状が無く、むしろ仕事で動いて
いる事で体調がよかった位でした。
CTの画像である程度、病状はわかっていたようですが、手
術前にさらにたくさんの検査を受け、結局手術したのは異常
がわかってから1ヶ月後でした。
それでもかなり急いだようです。(腸閉塞の恐れがあると言
われてました)
ばぶ732さんのお父様も、今、さらに精密な検査を受けて
いるとの事ですので、1ヶ月といってもそうのんびりしてい
るのではなく、詳細を分析するのに必要な期間なのかもしれ
ません。
手術日の早さよりも、正確な診断と、手術計画を立ててもら
うことが大事と思います。
病巣の詳しい状況、手術の方法、人工肛門の可能性、術後の
治療方針など、思いつく限り、先生に質問をぶつけて、説明
を納得いくまでしてもらってください。

私の父の場合は直腸がんはステージⅣ、肝臓にかなりの大き
さの転移が1つあり、直腸の切除と肝臓の切除を一度にす
る、という手術でした。
手術前、一時退院できたのですが、これからの入院生活のた
めに体力をつけようと、父はよく食べよく動いてました(日
曜大工とか。本人的にも気分転換にもなったらしい。)母
は、検査入院で3kg以上痩せてしまった父を、食事・おや
つで工夫して、再入院までの1週間で元の体重に戻しまし
た。
その間、私はがんについて、気になることを自分なりに調べ
ました。術後の抗がん剤の事、腫瘍がとりきれなかった場合
のほかの治療方法の事、、調べているうちに、先生に聞きた
いことも整理されてきましたよ。
幸い手術ですべて悪い部分を取り除けました。術後は翌日か
ら歩くように言われており、自力でトイレにも行かされてい
ました。
術後まもなく、こうやって歩いて力をつけることが、傷の
(縫合した腸、肝臓の再生、おなかの傷)回復を早めるとの
事で、父の場合は、手術前から、「痛いけど頑張って歩いて
ね」と先生に言われていました。
ばぶ732さんのお父様も、どうか、今のうちに体力と栄養
をたくさんつけて、手術に臨んで下さい。
ここは心配な気持ちを表さずに、できるだけ、お父様がリラ
ックスできるように、もし可能なら、食事の間一緒に居てお
話をしたり、励ましてあげてくださいね。

私の場合は、できるだけ父が自分の力で(気持ちや体力的
に)良くなろうという力が出せるように励ましていくつもり
です。
新聞も、インターネットも本も、病院の先生からも、知りた
いことは何でも調べられるので、ちょっとでも関係のある事
は知っておけば得になります。
これから、ばぶ732さんも、一緒に頑張りましょうよ!お
父様も、ご家族の支えを心強く思って、元気になる力がわい
てくると思います。
長々書いてしまってすみませんでした、、とても他人事には
思えなかったので色々と自分の経験を書いてしまいました。
お父様、ご家族みなさんの事、応援しています。

スタッフへ連絡

  自分はがんでした

The sky
2006/07/08(土) 00:43

自分は子宮がんで1年前に子宮をとる手術をしました。
手術すると決めてから1ヶ月くらいはかかりました。
検査、体調を整える準備(血液の濃度とか)、手術中、血が必
要になったら自分の血を使う自己血の準備(これが一番時間が
かかりました)等やることいっぱいです。
2日に1回は病院にいっていました。
先生も、良くたびに診察してくれてがんの様子、体調も見てく
れていたので自分は安心して手術をむかえることができまし
た。
そもそも、手術を決めるまでに半年時間がかかりました。まだ
子供産んだことなかったので、子宮はとりたくなかったから、
精神的に参りまして。先生はずっとみててくれて、自分が落ち
着くまでまってくれました。その間診察には通いましたし、納
得するまで病院をまわりました。結果、4つの病院をまわり3
番目に行った病院で治療、手術しました。
病院を回っている間、患者としては体力と精神力が必要です。
だって同じこと先生に言われるのですからショックですよ。
でも、患者が納得した先生に手術、治療してもらわないと、後
悔だけが残ります。許された時間と、患者の意思があるのでし
たら、他の病院にセカンドオピニオンに行くこともおすすめし
ます。やはり先生が言っていることあっているんだという、納
得間も得られます。
でも大切なのは患者の気持ちです。先生との信頼感です。
がんばって。
おちついて、おちついて。

スタッフへ連絡

  落ち着く、そしてあわてない

添乗員777
2006/07/09(日) 17:35

手術は、する必要性と時期があります。
体力や免疫力にも左右されますが、切る=転移(切った際に
ガン細胞が飛んで行く)の可能性があるそうです。
医者に良く説明を聞きましょう。
問題は大きさではないと思います。

スタッフへ連絡




PR